ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.04.02 Sunday

Potential backfire against Obama; Michael Flynn's testimony

The former US National Security Adviser Michael Flynn is now considered to be the one who has a decisive impact on Obama's coup against Trump administration. This is the political fierce war between the established neocon symbolized by Kagan and Nuland for democratic interventionism and new and more business oriented neocon primarily to represent the fossile fuel energy industry.

The war centers on alleged Trump's connection with Russia which is taken as the most formidable adversary of the US in their perspective of democratic interventionists including Hillary Rodham Clinton, John McCain and Lindsey Graham. 

TASS reports how Russia takes this political turmoil in the US including the possible congressional testimony of Michael Flynn as saying;  "The intention by former US National Security Adviser Michael Flynn to testify before federal and congressional investigators in a probe into US President Donald Trump’s alleged contacts with Russia has caused no Kremlin response, Russian presidential spokesman Dmitry Peskov said on Friday".

 

 

Michael Flynn's Russian connection is summarized by TASS quoting the past articles of Wall Street Journal:  

 

"The Wall Street Journal reported in March that before his appointment as Trump’s national security adviser, Flynn had interacted with some Russian companies, receiving a total of over $50,000 from them. The newspaper also asserted in its article that in December 2015 the Russian international news TV Channel RT had allegedly paid Flynn about $34,000 for his participation in a conference organized by RT. As the newspaper reported, Flynn spoke at the conference on the US foreign policy and intelligence issues.

According to the newspaper, the contacts between Flynn and Russian companies were held in the summer and in the autumn of 2015, i.e. after he quit the post of the Defense Intelligence Agency director a year earlier. However, Flynn still had access at the time to top secret information, the newspaper’s article said."

Flynn’s readiness to testify on Russia contacts evokes no Kremlin response」(March 31,2017)
http://tass.com/politics/938663

 

These allegations remind me of David Plouffe, the campaign manager and close ally of Obama administration. There were at least two well known facts which are substantially the same as Michael Flynn's cases.    


Case 1: Azerbaijan


President Barack Obama's former campaign manager intends to give away the fee he received from a paid private speech he made Monday in the oil-rich but authoritarian nation of Azerbaijan.

 

The speech was arranged by lobbyists working with a group that has ties to the Azerbaijan government, according to people familiar with the matter. But a close associate of David Plouffe said he only learned of their involvement after he had already embarked for the Caspian Sea nation.

 

Mr. Plouffe now intends to donate his speaking fee, which the associate said is in the range of $50,000, to groups that advocate democratization in the turbulent post-Soviet states of the region around the Caspian and Caucasus mountain range. Mr. Plouffe also plans to share the contents of the speech with opposition groups.

 

U.S. officials said Mr. Plouffe coordinated his talks with American officials in the region and that his message about the uses of the Internet for democratic organizing advances longstanding U.S. policy. But they added that the Azerbaijan government has long sought to legitimize itself by hosting prominent Americans, often with the help of Washington lobbyists.

Plouffe to Donate Speaking Fee to Pro-Democracy Groups」(By GLENN R. SIMPSON Updated Feb. 10, 2009)

https://www.wsj.com/articles/SB123421448248665029

 

Case 2: Iran

 

David Plouffe, a senior White House adviser who was President Obama’s 2008 campaign manager, accepted a $100,000 speaking fee in 2010 from an affiliate of a company doing business with Iran’s government.

 

A subsidiary of MTN Group, a South Africa-based telecommunications company, paid Plouffe for two speeches he made in Nigeria in December 2010, about a month before he joined the White House staff.

 

Since Plouffe’s speeches, MTN Group has come under intensified scrutiny from U.S. authorities because of its activities in Iran and Syria, which are under international sanctions intended to limit the countries’ access to sensitive technology. At the time of Plouffe’s speeches, MTN had been in a widely reported partnership for five years with a state-

owned Iranian telecommunications firm.

 

There were no legal or ethical restrictions on Plouffe being paid to speak to the MTN subsidiary as a private citizen. But for a close Obama aide to have accepted payment from a company involved in Iran could prove troublesome for the president as the White House toughens its stance toward the Islamic republic. In recent weeks, Republican presidential contender Mitt Romney has accused the administration of being soft on Iran.

Obama associate got $100,000 fee from affiliate of firm doing business with Iran」(August 5, 2012)

https://www.washingtonpost.com/politics/obama-associate-got-100000-fee-from-affiliate-of-firm-doing-business-with-iran/2012/08/05/5e6888a2-dda2-11e1-8e43-4a3c4375504a_story.html?utm_term=.0b451d2f5720

 

2016.10.31 Monday

2020 Tokyo Olympic Games has to be boycotted

However, two immediate questions arise from the IAEA Report; 
1) It is ovbious that there was radiation release from SFP of Unit 4 due to the high water temperature even if there were water. Why is the core inventory information of Unit 4 not available in the Report?
2) If there were no radiation release from SFP, what was the source of extremely high radiation level inside Unit 4? 
These two questions are derived from contradictions anyone can find in the Report. 
There must be some reasons to hide the radiation release from Unit 4, either to trivialize the Fukushima radiation disaster or not to disclose something incovenient for IAEA and Japanese government.   
Until when a thorough answer to these questions is provided by the authorities, Tokyo should not host the 2020 Olympic games and I hope this analysis could be used to make "the protest at Japanese Embassy in Paris" more effective.   

 

・・・・・

 

I agree with their claim that ongoing nuclear catastrophe at Tepco’s Fukushima Daiichi nuclear plant, a catastrophe yet neither under control nor resolved,  the 2020 Olympics should be relocated somewhere else.

This particular blog provides two solid reasons why Tokyo should not host the 2010 Olympic games.  

 

 

 

 

1. Radiation rellease form Unit 4 is catastrophically larger 

 

Both IAEA and Japanese government say that there was no radiation release from spent fuel pool(SFP) of Reactor building(RB) Unit 4 but IAEA Report published in August, 2015 shows the serious contadiction to deny their insistence. 

The image is linked to the full report.

   
IAEA's self denial is in this page.

The same thing happened in Chernobyl where the more sophisicated counter to measure higher dose level was buried and broken in the rubble and they came to know later that the actual radiation level was 500 times the upper limit of 1000 mSv/hour. We don't know how bad the radiation level was inside Unit 4 but it is ovbious the radition was released into the air from the structural damage of the Unit 4 RB. 
The image is linked to the YouTube Video taken using drone after the explosion at Unit 4.  

Another contradiction of IAEA report is about the water temperature of SFP of Unit 4. 
Take a look at the right hand column of this chart and you can find the tenperature before the Earth Quake was 27℃ and it went to 84℃ on March 14, three days after the Quake and one day before the explosion of Unit 4 of March 15.  
There was neither water cooling due to power failure nor water injection during March 16 and March 19.

   
Even if there was sufficient water in SFP as IAEA insists, it is most likely that the temperature exceeded the boiling point of 100℃ in the next two ro three days due to the decay heat.
Again, there was no power to cool the water until March 26 and no water injection until March 20. There was no statement on temeperature measurement during March 15 and March 29 in the Report. 
I don't discuss the official notification of IAEA below of March 15, 2011 because the 2015 IAEA Report says that there was no radiation release from SFP of Unit 4 but the Report admits by itself there was high level radiation inside Unit 4 and the tempearture records of SFP of Unit 4 and cooling inability strongly indicates that there was radiation release from the SFP of Unit 4. 

This is the description of IAEA Report about Unit 4;
"Unit 4 had been shut down for the planned refuelling outage since 30 November 2010. The reactor was disassembled, with the head removed at the time of the earthquake. The cavity gates were installed, isolating the SFP from the upper refuelling pools. All fuel assemblies had been transferred from the core to the SFP. In total, 1331 spent fuel assemblies and 204 new fuel assemblies were stored inside the SFP, having an estimated decay heat of 2.26 MW by 11 March. The SFP temperature was 27°C at the time of the earthquake. "
If there were radiation release from Unit 4, the total picture of Fukushima radiation problem will be significantly differnt from what both IAEA and Japanese government are saying.  
2. The possibility of weapon grade plutonium release makes the disaster much worse
Although the IAEA Report underastimates the significance radiation contamination of plutonium, there was an early study published in Nature in 2012 which indicates massive weapon grade plutonium contamination.
Image is linked to the original paper.
(Weapon grade plutonium contains more than 93% of 239Pu which decays via unstable 238Pu to 241Pu which has 14 years of half life and then to 241Am of 433 years of half life.)  

This research implies that plutonum fall out from Fukushima is 100 times Nagasaki and 10 times the global fall out and the peak will come in 2042.

  
However, the same authors published another environmental study in 2013 and they made an assetion that there was no plutonium radiation release from SFP of Unit 4 and said that the investigation of 241Pu was not considered. 

 

 

 

 

Their assertion of no radiation release from SFP of Unit 4 and no consideration of 241Pu investigation are in acordance with the statement of page 135 of 2015 IAEA Report as shown below.

  

 

Thus, almost all environmental studies after Fukushima disaster are based on the atom ratio of core inventory of Unit 1, Unit 2 and Unit 3, from which the release of 239+240Pu and 241Pu is alledged much lower than Chernobyl.
In summary,
1. IAEA Report suggests that there was heigh level of radiation inside Unit 4 but there is no statement about what kind of nucleids are involved.
2. IAEA Report concludes that the release of plutonium is very limited based on core inventroy of Unit 1, 2 and 3.
3. IAEA Report implies that there was water in SFP of Unit 4 and Jian Zheng et al asserts there was no plutoium
release from SFP of Unit 4.
However, two immediate questions arise from the IAEA Report; 
1) It is ovbious that there was radiation release from SFP of Unit 4 due to the high water temperature even if there were water. Why is the core inventory information of Unit 4 not available in the Report?
2) If there were no radiation release from SFP, what was the source of extremely high radiation level inside Unit 4? 
These two questions are derived from contradictions anyone can find in the Report. 
There must be some reasons to hide the radiation release from Unit 4, either to trivialize the Fukushima radiation disaster or not to disclose something incovenient for IAEA and Japanese government.   
Until when a thorough answer to these questions is provided by the authorities, Tokyo should not host the 2020 Olympic games and I hope this analysis could be used to make "the protest at Japanese Embassy in Paris" more effective.
  
There is another leverage to be able use;

(The image above is linked to the full statement of SRS watch)
The US lent Japan 331Kg of weapon grade plutonium some 50 years ago for research purposes and Mr. Obama asked Japan for its return in January, 2014. 
A ship carrying 331kg left the port in Ibaraki Prefecture in Japan for the US in March, 2015.
続きを読む >>
2016.09.09 Friday

Don't worry! :No one read this because you blocked browsers again on Sep 2nd

I have no connection with NGOs what so ever and I didn’t ask anyone because this is quite sensitive issue. I am sure that you would understand my interest if you take a look at attached but let me explain briefly before reading slides.

 

I am a strategy architect for innovation projects and in order to avoid surprise after invenstment any strategy architect trys to make an inference what strategy his compeitor would take.

I have been teaching how to make inference real time through blog for more than eight years to my blog readers.

 

On July 20, 2014 I wrote a blog after two month hesitation that 331Kg of Plutonium was somehow in Unit 4 of Fuksima Daiichi Nuclear Power Plant and melted down.

It was May this year that I found the title and URL of this particular blog was not hit by Google search and three major browsers , Internaet Explorer, chrome and Firefox were blocked for my blog. I was confident with the conclusion of my deductive inference but I actually could do nothing because I have no solid evidence. Then, a friend of mine living in the US informed me of your statement.

 

I don’t know whether 238Kg ( 331-93Kg of US origin) was melted down but it has dissapeared anyway.

The attached will be a good base for a question where it has gone because my analysis of IAEA Report should bore its contradiction and can make another question possible to ask for quantitative analysis of 241Am which is decay material of weapon grade Plutinium of 239Pu.

 

However, I have another hesitancy how to use this analysis.

 

238Kg is worth 40 A-bombs and I don’t want to make people in panic again even five years have passed. And I have no intention to blame anyone for the initial cover up of Unit 4 bacause if I were either Mr. Obama or Mr. Kan, then PM of Japan, I was most likely to do the same. But at the same time I can’t stand for the way our cirrent administration has been doing to Fukshima victims.

 

If I can make a deal with some one, in return to keep this analysis confidential, who is powerful enough to persuade not only Japanese government but the US to take care of those vicims including potential ones of the US.

 

It is out of question to host Tokyo Olympic games and resume nuclear power plants by leaving aside the increasing number of kids of thyroid cancer and other sickness and radiation contamination of drinking water and food chain of marine animals which are serious problems.

 

I am thinking of Mrs. Agneta Rising, Director General of World Nuclear Association. which I think is the most powerful organization. It would be useless to negotiate with IAEA officials or government officials.

If they give up Japan market only, the deal might be possible which is probably my wishful thinking though but how they would see if this deal could protect the reputation of the US government.

Also, I have a proposal for them to start scientific reaserch to use microbes to clean up the nuclear waste and I thibk it is time to do something like this to mitigate nuclear overload on the earth.

 

This is all that I can say to you now.

If you have any idea to use this information for realistic and viable further activity, please let me know. I don’t mind that you share my analysis with people you can trust taking into concideration my thought I mentioned above.

 

Best regards,

 

Slide begins

 

 

 

 

The following table is a list made from IAEA Report on events, levels of radiation recorded and water level and temperature of Spent Fuel Pool(SFP) of Unit 4. 

 

 

 

the next slide is to show details stated in the Report to make sure the summary of the table. 

 

続きを読む >>
2016.09.02 Friday

What and How wrong the cover up strategy of Unit 4?

よく読んでいただけますか?

 

 

 

いきなり、これから行きます。Natureの報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このどきっとするような結論。長崎の100倍、全世界の核実験の10倍の降下量というやつ。

 

 

 

 

しかし、すぐ水を注すんですよね。

 

 

 

 

水を注すのは誰か?

 

IAEAが、2015年8月にフクシマの総括報告書を発刊した。238ページからなる第一巻である。

THE FUKUSHIMA DAIICHI ACCIDENT TECHNICAL VOLUME 1

DESCRIPTION AND CONTEXT OF THE ACCIDENT 

 

 

この報告書が、フクシマからのプルトニウム放出をどう結論づけたかが以下である。何の愛想もない。

 

 

 

すごいですよね。あっさりバサッですからね。

 

報告書自体は大作ですね。迫力あるドキュメンタリーにそのまま使えるような緊迫感もあります。すばらしいと思いました。

読み進むと、ここまでやられたらこっちに勝ち目はないかなとかなり落ち込みました。

世界各国を束ねる最強の組織ですものね。 怖いですしね。

最近の私の三つのブログは、タイトルもURLもグーグル検索で引っ掛かりますが、ほとんど読まれていません。ブラウザの穴は開いているようですが、一体、どうやるのでしょうね?
それでも、IAEAさん、報告書の矛盾と弱点は大体つかみました。
ただ、この報告書は著作権が厳しそうですね。ノン・コマーシャルと云っても断るでしょうね。
最後のキャプチャーは報告書からですので、お金請求されますか?
反論材料に、後7つ程キャプチャー使いたいのですが、黙って使うのは、いくら何でも喧嘩売っているようなものですから、紳士の私としてはやりたくない。と云っても、いちいち、参照ページ書きながら文章でやるのもかったるいですし。
どうしたらいいかな〜と考えちゃいます。
しかし、IAEAさん、知恵の勝負でいいんじゃないですか?
そっちは世界の頭脳があるんですから、こんなポスティングじじいの云うことなど気にする必要もないし、踏みつぶすのも簡単でしょう。
ケチなこと云わずに無料で勝手に使わせて欲しいですよ。その上で堂々とやりたいんですけどね。
もう既に云いましたが、最後は、完全に中立の研究所に、241Amの環境調査をやって貰えばいんですよね。土壌、ごみ、河川、そして海底を含めた海洋汚染。
研究数が少ないと云っても、やらなきゃダメなんじゃないでしょうか?
2014年の研究で、Nature報告と同じことを云っている研究者もいますから。

あの2014年の海洋汚染調査は、1〜3号機の炉心インベントリーの核種比によるものだから話になりませんです。
高江と辺野古ですけど、砂川判決に米国の介入がわかったのが2008年ですから、1995年の普天間移設合意と現在進行中の基地新設の係る工事は凍結するよりしようがないのじゃないですか?
隠蔽工作内容についてはこっちも相談に応じる用意はありますから、安倍政権に圧力掛けていただいてあんな乱暴な弾圧をさせないようにしてください。恥ずかしいですよ。世界中に映像もニュースも流れていますから。陛下の身にもなって考えてください。
2016.08.25 Thursday

日本人の魂、どこに置いてきた?:Where did you leave your Japanese spirit?

前2回のブログのタイトルとURLがまたグーグルサーチに引っ掛からないようにされたので、何となく気が楽になりました。

そういう性格というだけのこと。

そんなに大事なこと書いてあるなら、私、どうして生きていられるのでしょうか?不思議なんです。

 

2014年7月20日のブログが探せなくなったことに気付いたのは恥ずかしながら今年5月です。ブログも書かなくなったのでアクセスなど全く気にしていませんでしたから。

2016.05.10 「何が気に障ったのだろう?:やっぱり、福島4号機かな

 

 

実は、昨年(2015年)の3月頃から、着信ないのに携帯電話に振動(バイブ)がありました。埼玉県の日高市とか毛呂山とか田舎でポスティングやっている時。

何回かあったので、勘で、GPSの所在確認と思いました。

その後ずいぶん経ってからネット調べると振動するのがわかりました。念のために、他の人に、着信なくてもバイブあるかと尋ねたら、「何、それ?そんな経験ない」と。

昨年暮れだったか、今年初めだったか良く憶えていないのですが、ある人のFBで「GPS着信メッセージが表示された」というのを読んだので、バイブの経験を尋ねました。その方も、やはり、「何、それ?」でした。

 

その直後から、今度はバイブじゃなくて、5秒置きの点滅になりました。

それで、FBの書き込み読まれているのだな、バイブは点々の確認でGPSにスイッチ入れた時、点滅は24時間監視だなと思いました。

それがなくなったのは、ブログのブロックがわかった5月でした。同時に、ある変なことがありましたが、それは確信がないので書きません。

 

いずれにしても、ず〜っと監視されていたということです。そこで、不思議なのは、私が生きているということ。

危害を加えられるようなこともなかったです。車が突っ込んでくるかなと注意はしていました。

 

そこで、削除した問題のブログを再掲載します。読んでごらんなさい。どうってことないものですから。当時は4号機でなく、4号炉と呼んでいました。途中の映像などは再現しません。面倒ですから。

 

2014.07.20 Sunday 印象操作第3次テスト:フクシマ4号炉の謎

 

1)いよいよ最終テスト。これが通れば面接(?)になります。世紀の印象操作超大作。

論文「イノベーションのメンタル・モデル」の目玉の一つ、演繹的予測のために必要な仮説のセット(目次を開いて”因果関係の予測”を参照)の演習が主目的のテストです。

 

2)安倍さんとオバマさんの関係を見ていると、こういう関係を思い浮かべるのです。

何かの秘密を共有してしまった。それも、大変な秘密をと。 勿論、女性のことなどではありません。 ず〜っと心に引っ掛かっています。 フクシマ4号炉に関することが。

「行動様式学」的には、あまり執着するとバイアスになるので注意しなければなりませんが、安倍さんのアメリカというよりオバマ政権に対する”傍若無人(ぼうじゃくぶじん)”ぶりに驚いていたからです。 人間として見れば、二人は合うはずがありません。安倍さんの中韓挑発は、勿論、相手にも非はあるにせよ異常です。 私は、オバマ政権が何らかの形で強くたしなめるようなことがあるに違いない。場合によっては、鳩山さんを外したような手を打ってくるかもしれないと半分期待(?)していましたが、結果としてみると何もありませんでした。

 

安倍さんの傍若無人ぶりに対する私の疑問は、(1/2)と併せてお読みいただければ(省略)おわかりいただけると思います。

ここまでくると、若しかするとアメリカ側にも何かの弱みがあるに違いないと思うようになりました。

安倍さんを強くたしなめられない何らかの理由がアメリカにあるのではないかという疑問です。

 

私にはバイアスがありました。 ”オバマさん、好い人、安部さん良くない人”という。 このバイアスを捨てるには、裏返しに見ることが必要です。”安倍さん、いい人、オバマさん悪い人”と。これは、結構難しいのです。心理的に。

しかし、それをやると似たような情報の受け取り方が変わります。

 

3)プルトニウム300kgキャンペーン 

私は、中国が騒いだのでこのような呼び方をしていますが、キャンペーンの元はこの記事です。この記事は、2014年1月27日で、共同からJapan Timesです。 これも、変だな〜と思いました。

これは、アメリカと日本の間の話で、日本が返すのを拒んだようなことがあったにしても、あくまで二国間内部のことです。 どうしてメディアが揉めたみたいなことを書くのでしょう? 半世紀後に返還されたと書くだけでしょう、普通は。 アメリカからのリークですね。揉めたことを書かせるための。 常識から考えてそうなります。

 

さらに、あんな大げさな決着の付け方も不自然です。 たかが、貸していたものを同盟国から返却させただけで、核不拡散の大きな成果って、いくら何でも大げさと思います。

それでは、何故、リークして物事を大きくしたのか? これが、問題。ものすごく大事な疑問です。 あっさり、推測。免罪符にしたかったのでしょう。アメリカは。

 

私は、そう思いますが、リークの証拠も掴んでいませんし、免罪符というのも私の勝手な憶測です。 この二段階の想像(これが、ある事象から生じる新しい仮説のセットです。そこから免罪符という演繹予測が生まれる例です。

これが正しいとして、次の憶測が生まれます。 つまり、4号炉で何が起ったにせよ、”アメリカが貸したプルトニウムは関係ない”という。

アメリカが貸したプルトニウムは東海村にあった。それがフクシマ4号炉に移されていたというのか?と質問されても私にはわかりません。(こんな正直者では”印象操作官”失格?) しかし、移されなかったという証拠はあるのでしょうかね? アメリカの刻印が押されたプルトニウムが東海村で保管されているのが証明されれば、ここで、私の印象操作三次テストはお終い。落第。

 

そうなんです。中国が300kgキャンペーンした時のIAEA天野理事の返答も政府の対応も、私には、”あの300kgは無くなったから返せない”と言っているように聞こえました。 しかし、返却で決着しました。

 

私は、”オバマさんの300kg返せリーク”は、印象操作としては失敗と思います。 そのお陰で、帰納的な予測の新しい仮説のセットが生まれることになったからです。

 

4)演繹的予測のための仮説のセット(復習)

秘密保護法が怖かったので、口には出しませんでしたが、演繹的に4号炉で核兵器を開発していたのではないかと述べたのがこのブログでした。 そこでの仮説のセットは以下の通りでした。

 

 “隠さなければならなかったもの”は、あくまでも東電の責任で処理しなければならなかったもの。国が早くに関与して、それが見つかったり、内部告発があったりすれば、政権が吹っ飛んでしまう性質のもの。“であったという解釈もできます。(脳の勝手な反応:仮説)

 

◆〜輙大臣就任から半年以上たって福島の処理は国が行うという安部宣言は、その時点で、その心配はなくなったと考えることもできます。(脳の勝手な反応:仮説)

 

 人が考えることはそれほど特別のものではありません。(事実)

 

ぁ,海海泙任蓮解釈、解釈、つまり仮説と云っていますが、流れ(ストーリー)として極く自然です。自然に流れるものは事実であることが多いのです。 この演繹的に生まれた疑問(核兵器を開発していたのではないか?)と、今回の帰納的推論(予測)がクロスするものかどうかを検証するのが、次の段階です。私は、これを検算と呼ぶこともあります。

 

5)帰納的推論の前提:これが怖い もし、”プルトニウムでありさえすれば、何でもいい”ということで、決着したのなら、ここから先が、「行動様式学序論」の著者として腕の見せどころになるのですが・・・ 怖さを捨て去りましょう、思い切りましょう。(自分を鼓舞しているんです。)

 

”何でもいい”で決着したという話で帰納的推論を進めます。 推論の前提を、”4号炉にあったアメリカが日本に貸した300kgのプルトニウムが完全にメルトスルーした”とします。

この前提が正しいとすれば、アメリカ大統領であるあなたがその事実を知った後、何をどのようにしますか?

 

そうです。あなたは、絶対に事実を隠します。何があっても隠します。私もそうするだろうと思います。

そうでしょう? 誰の責任でもない予期しなかった地震と津波の所為です。 いずれ、落下放射能どころでない量のプルトニウムが海洋に流れ出す。その結果何が起るか正確には誰もわかりません。 止める手立てもなければ、回収することもできません。 はっきりしているのは、アメリカばかりじゃなく、どこの国であっても大統領や首相の立場にいる者は窮地に立たされます。 正直にメルトスルーを認めたらどうなりますか?

自国民ばかりじゃない。全世界の人々が恐怖と不安に陥る。それを防ぐ手立てもありません。 しかも、それが、アメリカが日本に貸した核兵器に直ぐ使えるレベルのプルトニウムとしたら、アメリカの立場は一体どうなるでしょうか?

 

いくら、日本に貸したのが研究のためであり、オバマさんが生まれるか生まれないかの時期に発生した過去のこととはいえ、自由世界をリードする最強国の現職の大統領としての立場、さらにアメリカそのものの信用失墜という問題に立ち向かう術はありません。

 

・・・・・なかったことにする以外の方法がありますか? あるなら、誰か教えていただけますか?

 

これが、前提から生じる必然です。隠す。なかったことにする。

演繹予測ブログで疑問を呈したように、菅総理は、特に4号炉に関しては何も知らされていなかったという推測で安倍以後の大雑把なタイムラインを整理します。

 

1)安倍就任:2012年12月

 

2)国の責任でフクシマを収束させる宣言:2013年5〜6月

 

3)IOCで”under control”宣言:2013年9月(画像は、こう云った時の神々しいお姿です。ご確認をどうぞ)

 

4)プルトニウム300kg返せ:2014年1月

 

5)フクシマ収束国連報告書:2014年4月

原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)は、“一回目の(甲状腺の)小節、シスト、がん発生の増加が観察されたが、検査精度の向上から予期された程度であった。福島事故の影響のない地域における同様の検査データから見て、福島県の子供たちに見られる甲状腺がんの発現率は高いが、それは放射線被爆と無関係である。 野生生物と近辺のエコシステムの影響は、人間の健康に対して予見したものと同程度のものであった。

委員会は、高度汚染水が放出された区域、原発工場の隣接環境を超える地帯への影響はないと思われる。さらに、その隣接地帯であっても影響は一時的なものである。広大な太平洋にの生物相対する“影響はあっても、大したものではない”と報告した。

 

ホント、これバカにしていますよね

 

6)ミューオン検査決定:2014年6月

 

この1)〜6)の時期をよ〜く反芻してください。

この流れを基にして、日米間の交渉、IAEA(国連)との内輪の合意、世界原発協会の役割、東京オリンピック決定までを一つのストーリーにまとめてください。

 

”隠す。なかったことにする。”という目標を達成するスケールの大きい見事な戦略になっていませんか?

 

戦略実行には順序があるとこれまで何度も述べてきましたが、順序も見事です。(これが、逆に、相手に戦略があれば読めるという理由です。)

この一連の戦略の中心は2020年東京オリンピックです。

 

安倍さんは、偉いです。 この壮大な戦略の一端を引き受けました。そして、アメリカに対する貸しを作りました。 アメリカを屁とも思わない安倍さんの好き放題の理由がやっとわかったという次第です。 薄々感づいているいくつかの国の首脳に対しても大きな顔で自信満々になれるというのもこれがあるからでしょうね。 世界原子力協会とコネを持たない政治指導者はいない筈ですから、恩も売れるという訳。

 

1)4号炉問題を世界の目から隠す。その責任者は日本国総理大臣

2)アメリカは日本が4号炉で進めていた核弾頭開発に何の関与もなかった。その証人は日本国総理大臣

3)2020年東京オリンピックは世界原子力協会の反転攻勢の目玉。その推進役は日本国総理大臣

 

う〜ん、大したもんだ。 ただ、安倍さんにとって、これまでは、これで良かったにしてもミューオン検査で180度不利になります。 ミューオンの検査結果は、恐らく、”炉心はすべてメルトダウン最終段階にあって、最悪の事態は過ぎた”という結論になるのでしょう。

1)〜6)の流れとしてはそうなる筈です。そうでなければ、全体のストーリーが崩れます。これは、今後の検証のポイントです。 それと同時に安倍さんのアメリカに対する貸しは帳消しになります。

ミューオンは1〜3号炉対象ですから、今後4号炉の問題が仮に出たとしてもすべては安倍さんの責任ということになります。 私に疑問を持たせたので失敗操作と云った”300kg返せリーク”は、日本から蒸し返す機会を奪ったアメリカの立派な戦略です。4号炉が何かの弾みで問題になった時点で安倍さんは、国際的に四面楚歌ということになります。みんな、”オレ、知〜らない”でしょうね。深刻な顔で悩んだ振りはしても、現実には何もできない。せいぜい、魚の汚染状況をチェックするぐらい。費用どうするのですかね?

 

そして、そうなれば、東京オリンピック自体が今度は重荷になります。 でも、何が何でもやらなければならない。

 

アメリカからの”300kgのプルトニウムがメルトスルーした”というのは、あくまでも、事実と思われる情報を基にした演繹的推測と帰納的推測の帰結で、物証は何一つありません。すべて、行動様式と心理の解釈によるものです。

今回のブログは、「イノベーションのメンタル・モデル」からタイトルを「行動様式学序論」として発刊を紹介した6月26日から、Intermissionに用いるために企画していました。演繹的予測の”仮説のセット”の演習事例にするためです。 しかし、問題があまりに大きいので物証もないのに無責任過ぎるかもしれないと公開を躊躇していました。 躊躇は、300kgものプルトニウムが海洋汚染した場合、一体どうなるかについて皆目見当がつかないことです。何度も何度も躊躇して今日に到った訳ですが、私の推論が間違いであってくれればいいという気持ちはあります。 しかし、私の推論が違うなら、具体的に反論して貰うことの方が余程大事だと思うようになったのが公開の理由です。

 

さらに、海洋汚染ですが、降下物による汚染と若干異なることになるのかもしれないと祈るような期待もあって、逆に、多くの人が心配しなくてもいいような科学的な説明も求めたいという願いもあります。 プルトニウムの比重はおよそ20ですから、300kgのプルトニウムというのは、500mlのビール6缶ケース5個にしかなりません。降下物(fall out)ではないので、地下水からいずれ海洋に流れ出る可能性がありますが、重いですから海底に沈殿します。そこから徐々に海洋汚染が拡大すると思いますが、海表面の汚染シミュレーションとは若干異なる形になるのかなとは思います。しかし、詳しいことはわかりません。

 

世界の過去の研究報告をまとめたこんな研究報告はあります。 出所は、ここです。省略)

この報告にはフクシマは含まれていませんが、フクシマ以後の報告もあります。

ありますが、報告している側も自信なげのものです。だから、国連報告に腹が立っています。

 

ジャーナリストの質が今、問題になっていますが、何でもかんでも取材したからジャーナリストということにはならないと思います。優れたジャーナリストは、今回のようなホームワーク分析をしてから狙いを定めた取材ばかりでなく、傍証をもっともっと積み重ねる筈です。 調査・分析ジャーナリスト(Investigative Journalist)になろうとする人たちが増えて、読者もそのような目で記事を読むのが当たり前になる。そんな状況が日本を変えることになると信じています。

 

フクシマで絶望してはならないと思います。 原発反対ブログを読むとこっちまで気が重くなります。 ”何をやっても駄目さ”と大衆をあきらめさせる印象操作じゃないのかとまで疑いたくなることもしばしばです。

 

人類は、核で滅亡しません。 生物は、そんな柔ではありません。時間は掛かっても、顔つきも変わるかもしれませんが、適応すると思います。 これが、実は、書こうか書くまいか躊躇に躊躇したところです。 しかし、何度、躊躇しても生物としての人類の強さに立ち戻ってしまい、それが公開の三つ目の理由です。 ただ、これは原発を許容するためでなく、日本が先頭に立って核のゴミを作るのは限界を超えたと思います。そんなところで世界一になってどうするの?やることは逆じゃないのかと思います。

 

もう、いいよ、安倍さん。次は川内でしたっけ? もう、止めよう。

そして、金持ちはますます金持ちになり、貧乏人はますます貧乏にするのも、もう、止めよう。

1:99を作る仕組みを動かす人たちが別に偉い訳でもありません。

 

このビデオは、150年後の人類を描いたもの。 金持ちになって宇宙に作った人工の自然で暮らしたい?そんなに。

原子力を最大限に使っても地球の環境はめちゃくちゃになるでしょう?

富の分離の原因もわかっていますよね。そうさせない方法もありますよね。

 

私は、戦います。 安倍さん、一年半、楽しんだでしょう? 今度は一緒に戦おうよ、ね。

 

 

どうってことないブログですね。

4号機が爆発したというブログなんか腐るほどありますし、4号機で核弾頭を作っていたのではないかというブログもたくさんあります。他のブログにないのは三つだけ。
1)米国から借りた兵器クラスのプルトニウム331Kgが4号機にあってメルトダウンした
2)東京オリンピックは隠蔽のための主役である
3)背後に、世界原発協会がいる
どうってことないブログですが、この三点を書いたブログは世界広しといえども私のものだけ。
そしたら、丸二年後にこんなものが出てきたという訳です。米国オリジン93Kg、英国オリジン236Kg、フランスオリジン3Kg。

”プルトニウムでありさえすれば、何でもいい”ということで、決着したのなら・・・と書いたのが、その通りになってしまったという次第。
さらに、ミューオンの検査結果は、恐らく、”炉心はすべてメルトダウン最終段階にあって、最悪の事態は過ぎた”という結論になるのでしょうと書きました。その通りになったのはご存知ですね。

この問題のブログは2014年7月20日に書いたものですが、2014年4月から5月に亘って「プルトニウム・スペシャル」という7回シリーズのブログを書きました。これは、大変でした。技術も知りませんし、原発ど素人ですから。
しかし、その作業を通じて、原子力産業の構造、IAEA、WHO、さらに国連との力関係などの全体像や放射能被爆研究状況の問題点など極めて定性的につかむことができるようになりました。これが、イノベーションで云うところの背景と市場、競合の分析にあたります。
お蔭様で、感情だけのいい加減なブログや情報の氾濫実態も知ることができました。
何故、プルトニウムだったのかってですか?
健康被害データが少ないからです。
セシウムみたいなものは研究が多いですから、素人が付け焼刃で相手と渡り合うことなんかできません。
研究実績のないところだったら、専門家も素人も関係ないです。論理の勝負になります。戦うための戦略を立案する者の本能みたいなものです。
どうってことないブログですが、今は、隠蔽戦略がどのように進められたか、どんな反論にも答えられる準備があります。
原発擁護プロパガンダのマニュアル回答にも実地でやり合ったので、彼らのどこを突けばいいかもわかります。
一番の難敵は、安全だと政府が云う環境試験のからくりを見抜くことでした。大変だったです・・・そうでもなかったかな?
また読めなくされるかもしれませんが、チョットカッコいいこと書きましょうかね。
続きを読む >>
2016.08.24 Wednesday

フクシマ”4号機”隠蔽工作の矛盾

前回を読まないとこれだけではわからないと思いますので、是非前回を先にお読みください

私は、フクシマ4号機の使用済み燃料プールに米国から50数年前に借りた兵器クラスのプルトニウムがあった。プールの水がなくなったので、メルトダウンしてプルトニウムが放出された。東京オリンピックは、汚染のひどさを隠すために決定されたと推測したブログを書きました。 2014年7月20日の「印象操作第3次テスト:フクシマ4号炉の謎」です。このブログのタイトルもURLもグーグル検索で探せなくされ、三大ブラウザもブロックされました。削除するから沖縄の暴力を止めてくれとメッセージを送りました

 

 

しかし、いつの間にか4号機のプールに水はあったということになりました
東電の管理責任者も水があると云ってます。これは、ドイツで放映された事故からほぼ一年後の2012年3月に公開されたものからのスクリーンショットです。

ドイツZDF フクシマのうそ2012年3月8日公開
ドイツZDF フクシマのうそ 投稿者 sievert311

 

 

 しかし、事故直後の2011年3月15〜16日の記録文書では、こうなっています。
これは、カナダのブロガー、ハトリック・ペンリー(Hatrick Penry)が、米国の秘密開示法によって調べたものです。彼も引き続き調査しています。今年1月に公開した彼の最新YouTubeをご覧ください。恐ろしくなると思います。下記の資料を収めたブログは現在もあります

 

しかし、彼と私の本問題に対するアプローチは若干違います。彼には、隠蔽工作がどのように行われたかの分析はありません。米国からのプルトニウムがあったという推察もありません。

私のアプローチは、”プルトニウムがあったという推測をどのようにしたか”、そして、具体的にどのようにして隠蔽工作が行われたかを解き明かすものです。

 

 

 

 

これらの資料は日本で目にしたことはありません。

さらに、4号機からも放出されたという気象庁が作成した放射能大気拡散マップも目にしたことがないと思います。
  

アラスカもカリフォルニアも近いです。シベリアも北極にも手が届くという。
    

 

 

オバマ大統領が在日アメリカ人に対して80Km圏外退避を発表したのが、3月17日。水がなくなったという報告の二日後

ペンリーの調べたメールには、”President runs it”という文言が出てきます。
大変な決断だったと思います。ですから、隠蔽そのものを責める気持ちはないと何度も云ってきたではありませんか?
それはそれとして、このメールや手紙が正しいなら、ドイツの映像取材がその10か月後ですから、その間も水の注入はなされていた筈ですから、水はあったと云い張るのも不思議ではないかもしれません。
しかし、資料だけを基に隠蔽工作があった云っても戦えないです。
いや〜、混乱時で水がなくなったと報告してしまったが、実際はあった。オバマさんも心配する必要はなかったんですよ。」となります。そういう言い訳得意ですからね。こっちに勝ち目はありません。
じゃあ、どうするんだ?
続きを読む >>
2016.08.22 Monday

兵器クラス”プルトニウム238Kg”は何処へ:もう後戻りできない。どうにでも・・・

フクシマ4号機に米国から借りた兵器に使えるプルトニウムがあって、それがメルトダウンして隠蔽工作が行われたと確信を持っていました。

それを、何時使ってやろうか考えてきました。しかし、怖いというのもありました。ばらして汚染のひどいことを改めてみんなが知ることになるのがいいかどうかも含めて。
しかし、沖縄、高江のあの機動隊の暴力弾圧。官僚の無責任さ。差別。
一方、やけくそみたいに金を使いまくる安倍。マンガみたいな大臣の顔ぶれ。そして、挙句の果てに稲田の防衛大臣。
殺されようが牢屋にぶち込まれようが、もうどうでもいい。
原子力産業が絵を描いたにせよ、主役はオバマ大統領だから、日本の政治家も官僚も一緒くたにしてやっつけることのできるテーマだ。
ばらしたらどうなるか?

オバマ大統領。自然災害だからしようがなかったとなりますか?どうでしょうかね?

東京オリンピックでごまかそうとしたのは責められますね。汚染はたっぷりなんですよ。どこの国だって選手送り込めますか?私が、「オレ生きているから大丈夫だよ、来いよ」と云って来ますか?

原発持っている国のトップはどこも脛に傷もっていますから大っぴらには責めないでしょうけど、持たない国からは責められますね。
広島でのしゃれたスピーチと核兵器近代化を同時に進めるオバマの頭はおかしいと軽蔑されるでしょうね。
ホルメシスでやったことで、米国EPAの原発カーボーイは一掃され、反原発運動は勢いを持ちますね。
アメリカの権威は失墜ですね。

次が、ヒラリーだろうがトランプだろうが、フクシマ隠蔽工作の米国の大統領ということになってでかい顔できなくなりますね。
 

日本は?

アンダーコントロールとやった本人ですからね、アウトでしょう。アホ云った高市も丸川も、その他一同のマンガ大臣もアウトですね。

原子力規制委員会どころか、官僚の信用失墜ですね。同じ穴のムジナですから。

IOCが世界原子力協会に買われて東京に決まったこと知らずに喜んだオリンピック招致関係者もみんなバカ呼ばわりされますね。何云っても相手にされなくなりますね。

 

一体、どうなるんでしょうかね。

 

11月で、人生終えると云ってきました。

刺し違えなんか怖くも何ともないんですけど。でも、迷いました。被爆のひどさをバラしていいのかと。

隠蔽戦略作った世界原子力協会と裏取引して、メルトダウンを隠して安倍に圧力掛けさせようかとも考えました。
しかし、これだけ勝手に税金使われて、武器買って、根性もないくせにネオコンの手先になって戦争の種をまく。一番頭にきたのは、沖縄高江のやり方かな、やっぱり。

この野郎となるんですよね。
 

迷いに迷いましたが、もう手遅れです。

中国のグローバルタイムズ(GT)が、「日韓中の戦争は避けられないかもしれない。米国はけしかけるし、みんなやったら大変なことになっているのは知っているが、止める意志力が誰にもない」というので、「あるよ。私の云うようにやったらいい。フクシマ4号機のメルトダウンが流言飛語という人がいれば、GTが特別のコラムを作ってそこで討論すればいい。私が間違っていたら、どこの国からでも罰せられるのは覚悟の上だ」と。そこに投稿しました。一線を越えました。度肝抜かれたみたいで、し〜んだ。後は知らん。なるようにしかならん。  

 

If none of them have the willpower to break it, I will make them to have the willpower by making the situation at the same time that the US can’t instigate a fight.
During the last few days I brought up the issue of turn over of 331 Kg of weapon grade Plutonium from Japan to the US and there is only 93 Kg of US origin according to Savanah River Site Watch. This means the rest of 238 Kg has gone somewhere.

1) If Japan used them for A-bombs, you just ask Japan, the US and the world whether my country keeps them or not. If it does, it is the serious violation of nonproliferation which the rest of the world can't overlook. It will help stop even temporarily the quick build up of the tension.

2) I have a complete ground enough to suspect that 238 Kg was melted down in the spent fuel pool of Unit 4 of Fukushima to have released massive radiation both in the air and in the Pacific ocean. 
The weapon grade Plutonium has 92 to 93% of 239Pu which takes decay process to unstable 240Pu to turn to 241Pu of 14.4 years of half life and to 241Am which has 433 years of half life. There are no environmental data for contamination of 241Am even among a lot of studies available .
I would explain to any one how the cover up strategy was developed including scientific papers of environmental studies.

I have no intention to blame the cover up itself because there were no other ways for top leaders to avoid panic in March, 2011 but five and half years have already passed 
How can the world leaders ignore lingering contamination in air, soil and plants and food chain accumulation of sea animals? 
All the money for possible conflicts must be used to mitigate the radiation mess now. Think about that you only need six Kg for a bomb.

If there is any one who says what I am saying is a false rumor about the melt down, let’s ask GT to provide a special column for argument and I am prepared to be punished either by my country or by any body else if I were wrong.

米国から借りた兵器用プルトニウム331Kgの返還に米国オリジンは93Kgしかなかった。サバンナ・リバー・サイトウォッチの情報だ。残り238Kg(原爆40個分)はどこかに消えたということだ。

1)もし、日本が原爆を製造したなら、持っているかどうか聞けばいい。あれば、核不拡散違反で大問題になるから一時的にせよ緊張は緩和される。
2)フクシマ4号機の使用済み燃料プールでメルトダウンしたと疑うに十分な根拠を持っている。兵器用プルトニウムは239Puが92〜93%で、中性子によって不安定なPu240になり、さらに半減期14年のPu241になって、それから241アメリシウム(Am)になる。半減期433年。環境汚染研究に241Amを調べたものはない。

どのように隠蔽工作が行われたかも知っている。隠蔽工作自体は責めない。パニック状態を起こさないためにそれしかないからだ。しかし、既に5年半経った。世界のリーダーがどうしてこのまま放置できるのかわからない。大気、土壌、植物汚染、そして海洋汚染による海洋動物の食物連鎖だ。戦争に使う金があったら汚染削減に使うべきだろう。
メルトダウンを流言飛語と云う人がいるならGT議論できる場を作って欲しい。
私が間違っているなら、日本でもどこからでも罪人にされても構わない。

次回、環境汚染研究報告書のからくりを書きますが、そのための予備知識です。

 

 

 

いくら4号機のメルトダウンに確信はあっても、この情報を目にするまでは、躊躇していました。これはネットの公開情報ですが、私はまったく知りませんでした。喜びました。感謝感激です。

オリジンが何かを知るために上の表を載せた次第。英国やフランスの同位体比は異なるようです。スクリーンショットがガタついていますが、出所にリンクしています。

 

 

 

そして、環境汚染研究がたくさんあるから安全は保障されていると政府が云う”からくり”を知るために必要な知識です。ここでは説明しません。

 

 

2016.07.03 Sunday

I feel uncomfortable with these research reports:プルトニウム環境汚染は無視していいのか?

最新とも云える”2014年の研究報告書”がある。フクシマ原発事故にによる30Km圏外のプルトニウム海洋汚染は、過去の水爆実験による汚染を著しく上回るものではないので無視して良いというものだ。

一概に信じられない結果だが、私は放射能の専門知識を有している訳ではないので、的外れかもしれないとの恐れを持ちながら敢えて本報告に疑問を呈する。また、正しい知識を持っていない人の引用はお断り申し上げるが、専門的に私の疑問にお応えいただけるものには感謝申し上げる。
報告書にリンクするが、タイトルである。
          
端的に疑問を述べる。この報告書にある二つの英文である。

1)However, the 241Pu activity in the marine sediments is currently very low (<5 mBq g−1) due to its short half-life (14.4 years), which makes it difficult to measure.

Thanks to our established sensitive analytical methods based on anion-exchange chromatography and sector field ICP-MS, 241Pu in the marine sediments can be accurately analyzed with sample amounts over 10 g.

1)プルトニウム241は、半減期が14.4年と短いために1グラム当たり5ミリベクレル以下(5ベクレル/Kg以下)なので測定が難しいが、私たちが開発した陰イオン置換クロマトグラフィで10グラム程度のサンプルで正確に測定できるようになった。
この記述を読んで直ぐ思い出したのがこのグラフである。
         
研究は2011年3月の事故からほぼ3年後である。半減期が短いというのは原子核の崩壊が起きていることなので、ここから直ぐ、どうしてAm(アメリシウム)の分析をしなかったのだろうかとの疑問である。
私が研究者なら必ず行う。”無視して良い”を二重に確認するために必ず行う。(この分析は極端に難しいのはわかる。しかし、これを検討せずに”無視して良い”とは思わない。これが第一の疑問である。
出所にリンクしておく。
        
2)二つ目は、下記の記述に関するものである。
2)−1
The direct discharge of radioactive liquid waste should be the main way for possible Pu contamination from the FDNPP accident to the marine environment. However, very limited information is available regarding Pu concentration in the directly discharged radioactive liquid waste from the accident.
海洋に対する汚染は原発からの放射能汚染水放出によると考えられると云いながら、汚染水の放射能濃度情報はあまりない。
In our previous study,19 we investigated the Pu distribution in seawater samples (collected from May 2011 to January 2013) in the western North Pacific after the FDNPP accident and found that both the 239+240Pu activities and 240Pu/239Pu atom ratios were in the range of the background values before the accident.
この研究は、これから来ていると思われるが、30Km圏外の調査の筈である。汚染水の放射能物質は、重力があるために沈殿するはずであり、それが海流などの影響で拡散するが、汚染水の濃度もわからず、海流による移動速度と方角についての情報もないままに事故前の汚染レベルと同じという結論に意味があるかどうかという疑問が残る。

 

2)−2

さらに、もう一点は、以下の記述にあるparticle reactiveに関するものである。 

As the Pu isotopes are particle reactive and they can be easily incorporated by sinking particles, Pu distribution in the near coastal marine sediments can give direct information about Pu contamination in the marine environment. As no detectable Pu isotopes from the FDNPP accident could be identified in the marine sediments within the 30 km zone in this study, we concluded that the release of Pu isotopes from the FDNPP accident to the marine environment was negligible compared with the background levels. Global fallout and the PPG close-in fallout are the two main sources for Pu contamination in the marine environment before and after the FDNPP accident.
プルトニウムが土壌コロイドに吸着されやすい性質があると云っていると思うが、この抽出状態で吸着したプルトニウムが回収されたかどうか不明と私は思うが、この点は脇に置いても、排水された染排水の放射能濃度がわからず、移動・拡散情報も不十分で、アメリシウム(241 Am)の存在もわからず、沈殿層からの浮遊コロイドを魚類が摂取して食物連鎖の検討もまったくないまま、プルトニウムの環境に及ぼす影響はないという結論は、いくらなんでも無茶に過ぎると思われる。
繰り返すが、私の放射能に関する知識は不十分極まりない。しかし、農薬開発を業としてきた経験を基に、土壌と化学物質の吸着問題、生物に及ぼす化学物質の影響、及び、研究手法や得られたデータの解釈等々についてはそれなりの常識的知見はある。あくまでも素朴な疑問であるが、本研究報告書には不備な点があると考えざるを得ない。
最後に、Jiang ZHENGらの報告が、プルトニウム・アイソトープ種類のベースになっているが、あくまでも1号機と3号機のインベントリー・シミュレーションの結果である。4号機プール(使用済み燃料棒プール)からの汚染もあるとの前提に立っているかのような記述はあるが、使用済み燃料棒保管プールからの放出状況は不明としている。
4号機プールからの放出はあったのかなかったのか、放出があったとしたら、そのアイソトープは何かについては一切の検討がない。しかし、プルトニウムの放出は1号機と3号機によるという推測が結論の基になっているように読める。
素人ながら、極めて落ち着きの悪い二つの研究報告と思った次第。
追加:「Radiation levels in seabed off Fukushima ‘100s of times’ higher than prior to disaster – Greenpeace」(22 Jul, 2016)
続きを読む >>
2016.06.10 Friday

あり地獄法廷戦略:集団自衛権無効宣言(3/3)

昨晩布団に入ってから、山尾議員の執拗な質問にパニックに陥ってう〜ん?と首をかしげてぐしゃっとなった安倍さんの顔を思い出しておかしくなって笑いが止まりませんでした。みなさん、その場面ご覧になりました?

それまでは、質問に備えて官僚か誰かが準備した回答に自信満々で答弁していたのです。
山尾さんの”男尊女卑”に素早い身のこなしでスパッと立ち上がったのはご覧になりましたね。
それも含めて官僚の作ったシナリオで自信満々の答弁。

しかし、”ずかずか”か”きっとして”かはどっちでもいいですが、安倍さんの
自己防衛スキーマに入ってきた山尾さんに、これもパターンの一つですが、”誹謗中傷”で切り返したつもりだったのですが、「4万円はどうでもいいんですよ」の一言で、不安になったのでしょうね。そして、ぐしゃ。

          


多くのみなさんは、途中の回答を政治家ののらりくらりと解釈しますね。違います。あれは、官僚のシナリオに沿って(塩崎も同じです。)疑うことなく繰り返していただけで、山尾さんを物のわからない人だぐらいに思っていたのではないでしょうか。(これは、憶測に過ぎません。)
しかし、あの”首をかしげてぐしゃ”は、映像に関する限り真実です。真実は、それしかないのです。

その真実をどう解釈するかは人それぞれです。私は、質問の本質を理解できなかったと解釈しました。
それに対して、「お前の個人的解釈は信用に値しない」ときますね。それに対して、「信用に値しないと云うあなたの解釈を何でもいいから挙げてください」と答えます。
相手は、「こういう解釈もあるし、こういう解釈もできる」ときます。
こう答えます。「どの解釈が正しいか安倍さん本人に確認しますか?本人にもわからないでしょうけど。」と。

この”本人にもわからないでしょうけど”と付け加えるのが大事。

仮に、安倍さんが証人として出廷して、私以外の解釈が正しいと云うなら、三つの反論で襲い掛かります。

1)山尾さんの動画は、14分です。寺田さんが、国会の一日の費用が3億円と云っていました。知っていたのに知らない振りでその内10分浪費した訳です。国会質疑時間を多く見て8時間とすると、480分。10分間の費用は625万円。安倍さんの同じような知らない振りで一年間に浪費したのは100時間にもなるのじゃないか?こっちがしたような分析やって正確な浪費時間を計算してみろ。100時間は、6,000分。10分の600倍だ。37億5000万円だ。政権取ってから3年間だ。112.5億円だ。今すぐ、耳を揃えて返して貰おうじゃないか。

加えて、官僚が安倍さんに知らない振りさせる答弁シナリオを作ったろう?それに要した時間コストも計算して関係役人から返して貰おうじゃないか。全部、税金だ。

2)安倍さん、ウソ云っちゃいかん。あなたは、ちょっとだけ頭のいい役人(官僚)が作った回答シナリオを読んでいるだけに過ぎません。あなたに弁別能力(自分の行為の結果を予測する能力)はありませんから。
その証拠を見せるのは誠にお気の毒で可哀想に思いますが、どうしてもと云うなら・・・

これはIQ分布図です。
            


私は、あなたのIQは100前後と思っていました。
極最近、87と云っている人がいました。100なら、日本人の半分があなた以下です。しかし、87なら、最低レベルの25%の一人です。まぁ、ネトウヨのレベルですね。

IQが低いのと弁別能力は関係ないとおっしゃるのですか?
関係あるんです。

IQの低い人ほど自分の試験結果を高いと予測する”ということを調べた研究です。

このグラフは、論理理解力のテストの結果。右に行くほどIQの高い人。黒■は、テストの前に自分に能力があると思っているかを調べたもの。IQが低い人でも70%近くが、”自分は出来る”と思っている。黒▲は、テストをした後に、出来たと思うか?という質問に答えたもの。IQが低くとも60%が、出来たと思っています。そして、薄い線の黒●が、実際のテスト結果。

これ、すごいですよね。IQの低い人ほど、”自分は出来る。テストも出来た”と思っているのです。IQの高い人は、テスト結果の方が高いという結果。

            
    

下の画像は、ブログにリンク貼りました。そこから報告書へのリンクは変わりましたので、上のグラフにリンク貼りました。
4つのテストというのは、論理理解力が二つ、英文法とユーモア理解力です。 




手っ取り早く云えば、”バカほど自分は出来ると思い込む”ということは、これこそ、自分の行為(試験)の結果を予測できない、つまり、弁別能力がないという科学的根拠になりますね。

この研究ご存じなかったですか? 困りましたね〜。(知識もないのか〜と聞こえるか聞こえないぐらいにつぶやく。) 

成蹊でしたかね、学んだというか、通った学校は。小学から大学まで。T-スコア(偏差値試験と考えてください)とIQは相関があるようですから、学校に記録が残っていれば、それも調べられます。

まだ、やりますか?

3)IQが人によって異なる理由を解明した科学研究はないと思いますけど、こういうことに関係あるのかもしれないとなあという研究報告はあります。ちょっとこじつけかもしれませんが、大いに関係があります。


「マリファナを吸った人は全員側坐核の形状も密度も体積も異常であった。側坐核は、動機、快感と痛み、決断の中核の役割を果たす。同じような変化が、感情、記憶、恐怖反応の中枢である小脳偏桃体にも起る。 という研究。

       

私は、医者じゃないですからわかりませんが、一度調べて貰ったらいかがですか?
マリファナは吸わないでしょうが、側坐核や小脳扁桃を検査して貰えば?
決断の中核の役割果たすそうですから。 決断の中核ですよ、中核。
集団自衛権無効と私たちが訴える安部さん、あなたの決断の中核に関することです。

私はあなたをウソ付き呼ばわりしたことはありません。しかし、京都大学のグループがこういうことを云っている。マリファナ吸って体積が異常というのは働きが強くなったということなのかな。

         


ウソ付き呼ばわりする人たちにもまんざら根拠がない訳でもないということですかね。脳科学的には。

法廷論争に持ち込めれば、こういう論戦を展開します。

相手には、ここに用いた根拠に対抗する反論根拠はありません。科学の勝負なんです。
相手の反論を予測して、それに対する再反論まで用意する。これが、弁別能力です。 ですから、今回のシリーズ(1/3)から(3/3)まで、出来るだけ多くの人に拡散すればいいです。

 

集団自衛権を潰せると思えば、もっと勇気が湧くでしょう?
しらけて、”何やっても変わらん”と思っている”自己陶酔型知性派”の投票率アップにもつながるんじゃないですか?
”自己陶酔型知性派”は皮肉ですよ、皮肉。斜に構える奴が大嫌いなもので。
斜に構えてわかったような生意気なこというけど、何もしない。大した知性でもないくせに。

それでもう一つ。非常に重要なものです。

集団自衛権は憲法再解釈によると云われています。今回辻本清美さんのお蔭で発見できましたが、再解釈じゃないですね。
一官僚が憲法を破壊しちゃったのです。是非、続きを。
           

続きを読む >>
2016.06.09 Thursday

最後通牒・集団自衛権無効審判(2/3):安倍さんを救ってあげなさい

私の方も、準備があります。もっと精緻なものを作りますし、法律関係者も必要です。
そちらも十分準備してください。論文勝負みたいなものです。そちらは、Peer reviewするみたいなものでしょうが、出来る人がいますか?とお聞きしているのです。
勝てないと思ったらあきらめて集団自衛権無効にしてください。自動的に日米共同防衛ガイドラインも無効になります。法廷闘争になれば、英文版も作りますから安倍さんが世界にさらされます。可哀想じゃないですか。



、ウソ付き呼ばわりで集団自衛権の無効を訴えることはできませんと申しました。
最後通牒なしの真珠湾はしたくない(私の信念)ので、これは、事前通告です。
しかも、約束通り、どうやるつもりかという手の内を全部さらけ出します。

有志には協力もいただきたいので、できるだけ易しくその方法を述べます。(手はこれ以外にありませんから、少しは真剣に考えたらいかがですかね。)

まず、最初にこの動画をごらんいただきます。
これは、集団自衛権の約4か月前、2014年年3月12日に公開された参議院 予算委員会(NHK及び外交に関する集中審議)での小西洋之(民主党)議員の質疑です。 紛糾したのはNHKの経営委員に長谷川三千子さんの登用問題です。あくまでも安倍さんに閣内決議を行う資格あるのかを問うために必要な材料と思ってごらんください。

長谷川さんは、”東大文学部卒。埼玉大名誉教授で日本会議代表委員で、安倍晋三の首相再任を要望し、2012年には「2012年安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の代表幹事として名を連ねた。安倍の首相再任が実現した後も応援団を自認している”方とあります。 材料に使うのは、小西議員に代わって質問に立った小川議員のこのキャプチャの8分17秒以後です。(それ以前も面白いやり取りですが、この目的には使いません。) 

           



小川さんは、「長谷川さんは言論の自由に関して大日本帝国憲法と合衆国憲法は同じようなものだと云っているが、前者は、法律の範囲内で言論の自由がある。したがって、法律が変ればどうにでもできるものに対して後者は言論の自由を制限する法律を作ってはならないというもので、全く間違っている。そういう人を経営委員にしていいのかということだ。」という質問です。
それに対して新藤大臣は、いい質問と答え、検討すると云いながら、経営委員は、経営委員会外でどんな思想信条を持っても構わない。また、合議制だから中立性は保たれると答弁しました。

その後に答弁に立った安倍さんは、長谷川さんの幅広い見識を基に選任した訳で専門委員選任手続き上の問題はないとして、小川議員の”長谷川さんの間違い”には一切触れませんでした。 この質疑の最重要問題は、言論の自由に関する大日本帝国憲法と合衆国憲法の長谷川さんの理解が正しいか正しくないかです。

しかし、安倍さんの答弁から、次のことがわかると宣言します。(あなたの解釈は加えるような余計なことを考えてはなりません。)


1)安倍さんは、質疑の最重要ポイントを理解できない
2)安倍さんは、理解に誤りがあっても思想信条は成り立つと考えていると思っている

この宣言は、逃げ場を奪うもので、1)が違うと云うなら、何故答弁しなかったかを追求する。2)が違うと云うなら、何故、小川さんの質問に真っ向から答えなかったのか問い質す。 みなさんも往々にしてそう考えると思いますが、政治的なのらりくらりだと云うなら、ウソ付きで、不誠実だから、総理大臣の地位に相応しくない。したがって、安倍さんの決断には信が置けないと主張するためです。しかし、これだけで、集団自衛権閣内決議を無効にできません。
もう一工夫、二工夫が必要と云いましたが、一工夫するための前段階ですが、紛糾した時の安倍さんの反応を見る”ことです。紛糾すればするほど、安倍さんのスキーマとか、メンタル・モデルが直に表れるからです。今は、この言葉はわからなくていいです。流してください。
後三つの国会質疑と、従軍慰安婦問題の安倍さんの一貫性のなさを見ます。
次に、2016年5月15日の民進・山尾志桜里政調会長が、「男尊女卑政権だ!」と云った動画を見ます。

           

このキャプチャーは、山尾議員が執拗に食い下がった最後の場面ですが、「4万円というのが問題なのではない。問題の捉え方がおかしい」と云った時の安倍さんの表情です。
問い詰められ、男尊女卑政権となじられ、問題の捉え方が違うと云われた時、安倍さんはもう、何が何だかわからなくなっているのです。ここまでくると、な〜んだ、安倍さんは、最初から山尾さんの質問の意味がわからなかったのだと理解できます。
この質疑から、安倍さんの三つの特徴が見えてきます。
 
1)山尾さんの質問の根幹に流れる男女不平等問題指摘という本質がわからない。
2)直ぐ、民主党政権時代と比較して逆襲に転じる。
3)本質に答えない答弁にしびれを切らした山尾さんが、男尊女卑政権と云うと、間髪を入れずに立ち上がり、誹謗中傷だ。私はそんなことを言っていないと抗弁します。

2015年6月25日 【百田尚樹氏発言】午後 寺田学(民主)《安全保障関連法案》衆議院 平和安全特別委員会

           

このキャプチャーは、寺田さんが、都合によって総理と党総裁の立場を使い分けるのはケシカランと思うと述べた時の安倍さんの抗弁の冒頭です。
ものすごい顔つきで、「今、私にケシカランと云いましたね」から始まり、パラリンピックの看板掛けとか国内外の情勢の打ち合わせをして忙しいから百田発言に出席した議員に問い合わせる時間はないと尋ねてもいないことを話します。

寺田さんに続き、辻本さんの質疑。 

2015年6月25日 辻元清美(民主) vs 安倍総理《安全保障関連法案》衆議院 平和安全特別委員会

安倍さんが、百田さんが話をした会合は、非公開が前提だからと云ったのを受けて、秘密会なら何を話してもいいということかと質問する辻本さん。この6分7秒前後の受け答えをお聴きください。

        

まず、最初に、「私が云ったことを辻本さんの紹介になると、私が秘密の会だから何を言ってもいいと云った如くになる。違います。私は、非公開だと云っただけだ。従って、議事録もありません。自分が云ってもいないことで質問されても答えようがない。」と答えます。
また、辻本さんの質問にある”沖縄の人に対して失礼ではないかの失礼に拘り、「総理自身の言葉で何か言えないのですか?」という質問に対して、普天間移転や基地縮小の取り組みを長々と述べて、質問の核心はどこかに吹っ飛んでしまいます。

この僅か四つのビデオから、安倍さんに特有の行動様式パターンが見えます。パターンを見るのが工夫です。

1)質問者の発する本質問題が理解できない。(小西・小川質問、山尾質問)
2)質問者は、極めて短期間の質疑に安倍さんが発する言葉の言外の意味(implication)を指摘すると、自分は云っていないと反論する。(山尾質問、辻本質問)
3)特有の言葉に色をなして反応する。(寺田質問”ケシカラン”、辻本質問”失礼ではないか”、山尾質問”男尊女卑”)
4)質問に直接答えないで、自己の信じる主張に終始する。(百田問題に見られる一般論としての”言論の自由”に関する党是、保育園問題に関する一般論としての男女平等基本理念、百田発言と沖縄問題に関する自民党政策遂行の正しさ強調、民主党政権非難等々)

安倍さんをトップに置いた集団自衛権の閣内決議を無効にするには、まず、安倍さんの行動様式に見られるパターンを把握することが必要です。
パターン分析は、行政の総責任者である安倍さんに意思能力行為能力が欠けていることを示すためです。

意思能力と行為能力

意思能力とは、有効に意思表示をする能力のことをいい、具体的には自己の行為の結果を弁識するに足りる精神的な能力のことである。意思能力は行為能力とは異なり実定法上に具体化されているものではない。意思能力の存在は、私的自治の原則(意思自治の原則)を基本として構成される私法上の法律関係においては当然の前提とされる。民法その他の法令に、「有効な行為を為すためには意思能力が必要である」という旨の定めはない。しかし、私的自治の原則の前提から意思能力を欠く人(意思無能力者)の法律行為は無効とされる(判例として大判明治38年5月11日民録11輯706頁)。

行為能力とは、単独で有効に法律行為をなし得る地位または資格のことをいう。行為能力が制限される者のことを制限行為能力者という。行為能力の制度は法律行為時の判断能力が不十分であると考えられる者を保護するために設けられたものである。そもそも意思能力のない者による法律行為は無効とされるのであるが、法律行為の当事者が事後において行為時に意思能力が欠如していたことを証明することは容易でない。また、行為時の意思無能力が証明された場合には法律行為が無効となるので、その法律行為が無効となることを予期しなかった相手方にとっては不利益が大きい。

(この民法上の手続きについては法律に精通した方が必要です。私ではできません。)

閣内決議は2014年7月1日です。それが、法律行為に準じます。今日は、2016年6月です。つまり、2014年以前にも現在も意思能力が欠如していることを継続的に示すことで、当該時(2014年7月1日)もそうであったと証明します。これは、科学の方法です。
したがって、動画の最初に2014年のものを持ってきた訳です。
(みなさんに協力いただきたいのは、十分な数の動画を探していただくことですが、今回の例の如く、安倍さん個人の行動様式のパターンと捉えることができるものが必要です。

次に、従軍慰安婦問題に係る安倍さんの言動を見ます。(ウィキペディア)

1997年の国会でも、慰安婦の強制連行の根拠とされて来た吉田清治の証言が虚偽であることが判明したため、「河野談話」および教科書への「慰安婦」の記述を載せることは問題であると指摘している。
自民党幹事長代理時代の2005年3月27日の講演会でも、「従軍慰安婦は作られた話」と語っている。


総理就任後の2006年10月5日には、これまでの主張を封印し、「河野談話」を「私の内閣で変更するものではない」とし、政府としては引き継いでいくことを明言。

2007年3月1日、河野談話に関する記者の質問に「旧日本軍の強制性を裏付ける証言は存在していない」と語った。米下院に提出された慰安婦問題をめぐる対日非難決議案について、同年3月5日の参院予算委員会において「決議案は客観的事実に基づいていない。」「決議があっても謝罪することはない」との見解を述べた。

この2007年3月1日、3月5日という日付を心に留めてください。と言いますのは、アメリカ下院決議のウィキペディアには、次の記載があるからです。


2007年3月には、国内、国際世論の動向を見つつ、当初の強硬姿勢を修正し、国会答弁で慰安婦への「同情とおわび」に言及した。また4月には月末の訪米を控え、米誌ニューズウィーク等の取材に答えて、従軍慰安婦問題について「人間として心から同情する。首相として大変申し訳なく思っている」と改めて陳謝したうえで、「彼女たちが慰安婦として存在しなければならなかった状況につき、我々は責任がある」と述べ、日本側に責任があるとの認識を示した。
4月の訪米時にも、慰安婦問題について謝罪と釈明を繰り返すこととなった。これにより、米国政府からの謝罪圧力は沈静化したが、米国議会では日本政府の慰安婦問題に関する対応への不満がなお存在した。一方日本の保守派・右派の中には慰安婦動員の強制性、女性に対する性的搾取などは存在しないという主張から安倍政権の対応を『弱腰』として批判する意見も噴出し、後述する抗議活動を展開してゆくことになった。

ここにどんなパターンを見ますか?
 
政治状況に応じて見解を変えるが、安倍さんの根本の考え方に変化がないということです。

もう一つ、典型的なパターンを見ます。

1)2002年5月19日、民主党を「中国の拡声器」と批判して発言撤回

2)2002年10月19日土井たか子と菅直人に対し「マヌケ」発言、「官房副長官という立場を考えると、不適切な発言だったので、今後十分注意する」と述べたという。

3)2005年5月、ジェンダーフリー推進論者について、「カンボジアで大虐殺を行ったポルポトを思い出す」と発言した。(謝罪したか撤回したかは不明)

4)2015年衆議院予算委員会において「日教組どうするの!」と野次。後に、「私の記憶違いにより、正確性を欠く発言を行ったことは遺憾で訂正申し上げる。申し訳ない」と、それが誤りであることを認め撤回した。

5)2015年5月28日、安倍首相「早く質問しろよ」と辻元清美議員へヤジ、抗議受け謝罪
           
俗に云う”失言”と”撤回”のパターンです。 

過去から現在に至る安倍さんの行動様式のパターンを知る。それが、工夫です。

そして、もう一つの工夫が以下です。
続きを読む >>
Powered by
30days Album