ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.03.19 Monday

Bring it on: Fukushima cover up strategy (2/2)

This is the continuation of; 2018.03.14 「Bring it on: Fukushima cover up strategy (1/2)

  (Previous entry)

1) Reason of the cover up 

2)Who has made Fukushima radioative disaster look insignificant 

(This entry)

3)Hormesis campaign to raise annual permissible level of radiation exposure from 1 mSv to 20 mSv

4)Dire outlook of health hazards

3)Hormesis campaign to raise annual permissible level of radiation exposure from 1 mSv to 20 mSv

In the chronology chart, there is "Hiroshima Nagasaki survivors research: Linear No Threshold" early 2012. It is when the report was published: "Studies of the Mortality of Atomic Bomb Survivors, Report 14, 1950–2003: An Overview of Cancer and Noncancer Diseases" by researchers of Radiation Effects Research Foundation and Institute of Radiation Epidemiology, Radiation Effects Association.

This chart shows the relationship between radiation exposure levels(dose levels) and sideration of cancer which  concludes that there is no threshold. It means that there is no exposure levels to be distiguished safe and "cancer sideration is dose dependant" which is the meaning of "no thresold linear relationship between dose levels and cancer occurence.   

Horizontal axis is exposed radiation levels. Longitudinal axis shows the relative comparison between the possibility of sideration with and without radiation exposure. 

Higher than 0.0 in ERR means the possibility of sideration with radiation exposure is larger than that without exposure. 

Vertical line to cross the black dot(showing average) is the width of data spread. This means that since those who were exposed to the same level of radiation may show individual variation in sideration, such variation as low in ERR  is evaluated by statistic analysis whether or not there is significant diffrence compared with those who were not exposed to radiation.  

(Image is linked the report)

Horizental dotted line at 0.0. Dots and vertical line below 0.0 dotted line is the data of those who lived outside 2.5 Km from hypocenter or ceter of explosion. 

Survivors were on the research from 1950 to 1965 with the first evaluation and the reserch was continued from 1966 to 2003. This report is the re-evaluation of both studies combined. 

The first 15 years' evaluation seemed to suggest Hormesis curve but the re-evaluation of the longer term indicates that "Linear No Threshold (LNT)" is appropriate and rather shows upward curve at later stage.

Population parameter is more than 82,000 in Hiroshima and 38,000 in Nagasaki and the evaluation result of Nagasaki survivors with smaller population paremeter is different from that of Hiroshima survivors but the re-evaluation combied shows the clear LNT. 
However, if you take only lower dose levels, it won't be LNT but it shows a curve with two knobs, on which the report says that its causal relationship can't be explained but also says that as the curve won't go under zero, Hormesis can't be applied
This is not my opinon but the report says so.  . 
・   

Lets' confirm whether the US EPA presentation of May 19, 2012 is the sign to go with Hormesis or not.

Although the YouTube video below was uploaded on August 5, 2012, original DVD had been published in December in 2011 or early January 2012. 

The debate was between Honarary professor and medical doctor of Osaka University, Mr. Nakamura and Mr. Takeda, popular self-claimed radiation expert, professor of Chubu University.
Mr. Takeda won the extreme popularity after the Fukushima disaster because he was taken as a firm supporter of LNT. He participated in this debate to represent those who believe that 1 mSv anual permissible level must be kept while Mr. Nakamura is on the oppsite side to raise it to 20 mSv. 
However, if you watch the video you will know immediately that this is a disguised debate because Mr. Takeda is more enthusiastic to emphasize the safety of radiation rather than Mr. Nakamura by implying even 100 mSv should be permissible.  
In fact, there were lots of people who were disappointed in his brilliant transformation. Unfortunatey it is in Japanese language web site entitled "Dr. Takeda, I am so sad" dated on January 11, 2012 though, you can read the long thread of people which express their disappointment and ridicule against his sudden-change rhetoric .

It is quite easy to imagine that there must have been some friendly advise to him by someone but in this debate as there is nothing worth scientific discussion in Mr. Takeda's argument, I will focus on Mr. Nakamura's explanation how he thinks it appropriate to employ Hormesis theory. Let's move to the screen shots below. 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

This is the same gragh as discussed earlier on Hirosima Nagasaki Survivors Study.  

His interpretation of the report to take Hormesis denying "No Threshold Linear(LNT)" conclusion. 

Above 1.0 horizontal line, he says the data of those who lived within 3 Km from the hypocenter and even those who lived outside 3 Km have cancer with no radiation exposure. 

His saying 3 Km is just a small mistake of 2.5 Km in the official report but there are two fundamental distortions in his interpretation. 

1) He says that there are those who show 70 mSv radiation exposure near the 2.5 Km boader where radiation level is not high. Despite that the official report says that it is within the data spread as the result of the statistic analysis including ERR factor (vertical axis), he may ignore it or cherry pick the convenient data.
2)The second distortion is more serious but I am not sure whether he had the intension to distort or did not know how serious small particles are for internal exposure through inhalation. 
His radiation exposure concept may largely come from this chart which shows the relationship between the levels of radiation ionized in vertical axis and distance from hypocenter of Nagasaki A-bomb. 

Radiation ionized means underwent fission and radiation exposure deos not mean only exposure to radiation ray from nuclear fission. This is particularly important for Nagasaki A-bomb because it is 239-plutonium bomb and its inhalation toxicity is vary dangerous.     

This is the diagram of Fat Man, implosion type of plutonium-239 fission bomb, dropped on Nagasaki.

You can see H) Pu-239 hemisphers, which is the main nuclear material to fission.  

The explosive yield of "Fat Man" is said about 20 kirotons in TNT equivalent while Hiroshima's "Little Boy", uranium-235 fission bomb is said 15 kirotons.
Calculated from the yeald of 20 kirotons, fissioned quantity of 239-Pu is said about 1 Kg of 6 to 6.5 Kg packed inside.  
Then, where did the rest of 5 to 5.5 Kg go?  

That is, the left graph means the radiation ionized of 1 Kg of 239-Pu only.

5 to 5.5 Kg, which were not ionized, flew in all directions by air blast by explosion in the form of various size of particles to fall out.

10 〜30 Km witten in the fire work image is the guideline and suggestion the US Homeland Security published for sheltering in case of nuclear bomb attack by terrorism. 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

However, the guideline is not enough to prevent possible inhalation of small particles.

The chart shows that there are much more smaller particles than larger ones released from the same source although Fukushima was not A-bomb explosion.  More worrisome is the the length of time of this size of particles to float in air by Stokes' law.  
 It is an atom that emits radiation ray, alpha ray in case of 239-Pu and the number of atoms 1g of 239-Pu contains is 2.47X10 to the 21th power. 1Kg=2.47X10 to 24th power.  Compare with 1 billion=10 to 9th power and 1 trillion=10 to 12th power.
A particle is a coagulation of atoms and oxidised molecules and number of atoms contained in a particle depends on the particle size.    

Getting back to the discussion of Dr. Nakamura, radiation ionized reduces by distance but regardless the 2.5Km boaderline, survivors inhaled small particles to cause internal exposure.

Therefore, his logic to deduce and endorce Hormesis theory from the long term survivors' study is not valid and he is intrinsically wrong because he does not take the inhalation of the most dangerous alpha emitter, 239-Pu, into consideration at all. 
Dr. Nakamura uses other data to support Hormesis quoting epidemiological studies on hospital doctors of department of radiology in England and renovation workers of US atomic ships.  

Epidemiological studies are abundant on workers at nuclear bomb manufacturing facitilities. Normally, those studies are discussed but somehow he quotes rather moderate or minor studies. I can't help thinking that he uses them because  they show the convenient result for his purpose to endorce the adequacy of Hormesis.

There are many uncertainties on epidemiology studies and I think Dr. Nakamura is aware of them. Individual variation in pre-existing condition, immune system, life style including smoking and others make the charactor of population parameter unreliable for accurate statistic analysis. This is the reason of controversy no matter what result the studies come up with.

Let's jump on the third image below. 

 

 

This is a paper published September 2017 by scientists of Belgium who are proud of having made the charactor of population parameter in question much more reliable than ever.

This paper denies what both Dr. Nakamura and Mr Takeda talk about ICPR guideline overstrict. ICPR recommends alpha emitters as strong as five times the gamma and/or beta emitters to calculate dose equivalent but this study concludes that "five times" is not enough, meaning that alpha emitters are much more dangerous for internal exposure.

 

Both gentlemen in this debate acted as the instrument of the World Nuclear Association and the US government for hoax Hormesis campaign but were unwieldily downed six years later. 

Mr. Takeda pretended to show his adversarial quality but he is a kind of person who wrote on March 27, 2011 in his blog that plutonium does not pose any significant health hazard.

I learnt recently but I am amazed that there were so many Japanese scientists who said the same thing soon after the Fukushima. I doubt that they knew the massive release of weapon grade plutonium from Unit 4 but I can't deny that they were used as tools for the cover up. 

Those names are listed in this blog in Japanese language for the record.

2017.12.11 「武田邦彦さん、知ったか振りは拙いんじゃないですか?

・              (From album of Mr. Kaoru Hirasawa, painter of light and shading)

4)Dire outlook of health hazards

Thus far, it is understood that Hormesis theory is based on paper-thin evidence.
It is scary to think about how much 239-plutonium was released from Unit 4 and due to the cover up of Unit 4, overall radiation release from Fukushima has been hidden from public eye.  

The authorities insisted that there was no causal relationship between thyloid cancer increase in Fukushima and radiation but the research paper published December last year will not allow such a weasel word any longer.

49% of 295,000 children under 18 years old has thyloid aberration including cancer. 

This is a fresh reminder of dishonesty of the UN report discussed in the previous blog

The Hiroshima/Nagasaki Survivors' report concluded that the sideration of cancer increases with age and life time problem but also induces other diseases. 

Table 8 is from the report saying:
The risk of circulatory diseases was significantly higher. This is important because circulatory diseases are the leading cause of death in developed countries.
The risk of respiratory diseases was also significantly elevated due to the increased risk of pneumonia and influenza, which constituted 63% of the deaths from respiratory diseases.
However, characteristics of pneumonia and influenza appeared to be different between the periods of observation; namely, it was associated with acute epidemics in the early period but was more likely to be associated with terminal diseases among the elderly in the more recent period. Hence a problem in interpreting pneumonia and influenza deaths is that they may be associated with other concurrent or underlying diseases.
Although digestive diseases showed an association with radiation during 1966–2003, liver cirrhosis, which constituted 43% of digestive disease deaths during that period, did not show any increased radiation risk. Therefore, further detailed analyses of both respiratory and digestive diseases are planned. There was no association of radiation dose and death due to external causes or to infectious/parasitic diseases. 

There is a research for those who think radiation problem is something in remote areas to which would be shocked.

 

 

 

Dr. Ochiai earned his B.S., M.S., and Ph.D. from the University of Tokyo. He conducted postdoctoral research at Ohio State University, taught at the University of Tokyo and the University of British Columbia, and was a visiting scholar at the University of Maryland before coming to Juniata as an associate professor in 1981. He has since taught as a visiting professor at the university of Umea, Sweden and the University of Toronto, Canada.

Dr. Ochiai is a member of the American Chemical Society and the American Association of the Advancement of Science.

 

He published a research report on September 28, 2015; 

The Human Consequences of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant Accidents

 

 

The increase of myocardinal infarction across the country;

Nation wide increase of acute leukemia; Please refer to the report for other diseases. 

Honestly, I have nothing more to say.

It might be better; knows nothing doubts nothing.

"Trivialization of Fukushima and Unit 4 cover up" is such a deep scale conspiracy as "fact goes beyond fiction" for most people not to believe instantly.
A friend of mine sent me this video a couple days ago. Watch it and you will understand where the source of the third wave was. Watch at 5 minute.
Reactor 4, Cement Truck, Vapor Plume - 23 May 2011 TIMELAPSE
・  

  ・
 

Image linked to the following blogs;
No war in Asia

Some frustration
People don't know geiger counter can not detect alpha wave? 

People don't know weapon grade plutonium?

People don't know particles emitt radiation ray?
People don't know the internal exposure is caused by inhaled particles?
People don't know particles?
People think radiation ray is like laser beam? 
Or,
・ 

see no evil, hear no evil, say no evil ?

Open your eyes and do some thing for these kids.

2018.03.14 Wednesday

Bring it on: Fukushima cover up strategy (1/2)

He wll visit Japan to see Abe? For What?

Previous two blogs made three puzzles clear;

1)IAEA trick to make Fukushima radiation disaster look less significant

2)Massive release of 239-Pu from Unit 4

3)Experimental maufacturing of new type of MOX fuel in Unit 4

I did not talk about their entire strategy of Fukshima cover up because it would make the Class Action too complicated for the attorney to handle but this blog and the next entry will focus on it. 

The table was made from day to day record of IAEA Technical Report on Uni 4.

The cover up of the radiation release from Unit 4 was not the strategy but reactive decision.

・ 

The daily record of Mar 16 shows their alleged confirmation from heicopter that there was sufficient water in the Unit 4 spent fuel pool to cover the fuel assemblies is the only ground to claim of "no radiation release from Unit 4".

Even US NRC( nuclear reguraory committee) officials, according to the FOIA document, were skeptical about the confirmation from helicopter but let's take what IAEA report states  as it is.

However, even if there was water, more than 1000mSv radiation was recorded on March 15 and water temperature at 4 AM of March 14 was 84℃ and there was neither cooling nor water injection for the next five days. It was ovious that water was boiled to vapor to reduse the water level. And fuel assemblies to expose to air either burn the zilcon coating or plutonium inside, eight times larger than zilcon in thermal expansion rate, destroy the coating to make plutonium oxide by air contact. Thus, even if the confirmation from helicopter was true, radiation particles were released from SFP.          

Now let's discuss the entire cover up strategy in this order;

  (This entry)

1) Reason of the cover up  (this blog)

2)Who has made Fukushima radioative disaster look insignificant (this blog)

(Next entry)

3)Hormesis campaign to raise annual permissible level of radiation exposure from 1 mSv to 20 mSv

4)Dire outlook of health hazards

1) Reason of the cover up 
To make a long story short, read from Item 1) through 4) at first.  

1) 239Pu released from Fukushima is deemed that it was part of 331Kg of weapon grade plutonium the US lent Japan for the research and development purpose decades ago. It had been kept at Tokai Village in a different facility but was transfered to Unit 4.

2) IAEA says that Unit 4 was halted operation on November 30, 2010 to remove 1331 fuel rods of reactor core to spent fuel pool (SFP). It also says there were 204 new assemblies, components of which have never been disclosed. However, as discussed earlier(refer to the Part 2), there was heat signature in reactor core, equipment pool as well as SFP meaning that they were using Unit 4 to make the new type of MOX fuel.

2) 234U detected in Alaska is most likely from equipment pool which had stored fresh Depleted Uranium with higher concentration of 234-U achieved through the process of enrichment of used uranium.  

3) The US and Russia agreed to reduce the excessive weapon grade plutonium in 2000 but they changed the reduction method in 2010 called 2010 protocol.
I presume that the US government asked Japan to experimentally manufacture MOX fuel of 2010 protocol using 331Kg prior to the production at Savannah River Site.

4) It was January 2014 that I have a strong doubt that part or whole 331Kg had gone from Unit 4 when Mr. Obama pressured Japan through media for its return. Mr. Abe, PM of Japan promised in March to give it back, but it took two full years to ship it from Japan March 2016 arriving at Savannah River Site in June.

In order to understand the reasons, your full assessment of Item 1) and 4) is necessary. 

Take a look at the chronology of events and then read item 4) again.

2013 09 07  Tokyo Olympic award
2013 12 06  Security regulation act approved at the Diet
2014 03 26  Abe promised to give it back
       ・
   ・ 
       ・ How come did it take two full years?  
       ・
       ・
2016 03 23  Shipped from Japan            
2016 05 15  Arrived in Charleston 
2016 06 04  Depated Charleston 
2016 06 06  Arrived at Savannah River Site  
・       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

When Mr. Obama pressed Japan for its return through madia, I thought it was strange because it was just "(the US)give it back and (Japan) we will do by when" kind of thing.

Then, China put pressure on Japan to meet Obama's request as quickly as possibe, three times during the very short period of time through Global Times and Xinhua and the answer of Mr. Amano, Japanese Director General of IAEA on March 5 was more than strange. He said that the agency could ensure Japan's nuclear material is for peaceful use.

It was not the answer to the issue.  His comment assured my doubt of Item 4). 

You can read Chinese response, the same as mine, to Amano's comment here.

Are you sure now that the release of weapon grade plutonium from Unit 4?
You can't make a plausible explanation otherwise to satisfy all of these facts; 1) more than 10 times the global fall out of 239-Pu, 2) fall out of unnatural 234-U which is not a component of ordinary MOX fuel, which was allegedly storerd in SFP of Unit 3, because it does not use Depleted Uranium, 3) full two years blank period between Abe's promise to give it back and shipment from Japan and 4) shipping route from England to Japan and to Charleston in the US staying there for 19 days then to Svannah River Site. 
If  the whole 331Kg had gone, "the replacement of 236Kg UK origin and 2Kg French (3Kg in the memo is author's mistake) was shipped from England and 93 Kg US origin was loaded at Charleston" is a natural doubt any one may have for this unusual shipping route. 
As Charleston facility is used to make some nuclear wepons, it may not be illogical to think that 93 Kg was loaded there although I am not sure on this;
This is its function in 70's; 
Receipt of missiles from the fleet, disassembly, refurbishment and functional tests continued as required to support fleet needs. During its years of service, POMFLANT has cycled missiles through assemblyand test well over 4,000 times. It remains the only facility at which all five generations of FBM missiles have been processed. It has had all the FIRSTS and has always met fleet requirements. 
  

In addition to the release of huge amount of weapon grade plutnium and Depleted Uranium, covert manufacturing of MOX fuel at Unit 4 are clear violation against non-proliferation and it must be disgrace for the US if the world knows the truth. 

This is the motivation or reason to cover up Fukushima. 
Fukushima was not the accident of nuclear power plant only.  

The implementation of any strategy takes steps.
Chronological assessment of major events is a simple but powerful method to find out the major elements to build the entire strategy.
Unless you do this analysis, you may miss the most important point you have to address to.
The chart below is a simple chronology of major events. 

I know there were many people who complained of Abe's "under control speech" a lie.  However, unless you know events took place before and after the speech, which may have something to do with it,  you would not know what to do with his lie but complaining.      

・ 

The motivation to cover up Fukushima is now clear but the motivation can't mobilize people because unless specific objectives to work on are shown to them clearly they can' t move. The motivation of a person in power and its stake holders (a group of elites) can not be shared by other people automatically. The strategy comes in here to organize people and let them achieve the set objectives in their specific area of expertise. It is very important to realize that there is no direct connection between the motivation of the power and that of people to achieve specific obejectives in their capacity. 
This is why there are many contradictions in IAEA Technical Report such as honest statement of 1000 mSv measurement in Unit 4 and honest SFP temperature statement of 84℃ of March 14.
If they worked with the same motivation and are excellent enough not to overlook contradictions, there would be no chance for ordinary people like myself to find such incredible mistakes or contradictions for us to fight back against the power.
They are, even work for the power, more or less the same as the rest of us in terms of morality and competency.  
Thus, it is indispensable to learn and analyse "people and organization" behind the power who acts on specific objectives.
As they don't necessarily know the intention of cover up and whole scope of strategy for it, there would be a big chance to find contradictions which may lead to the total collapse of the entire strategy.  
This is 2014 photograph of UN Science Committee members

2)Who has made Fukushima radioative disater look insignificant?

The following slides were used at the US EPA presentation to Japanese authority on May 19, 2012, 14 months after the Fukushima accident. This is the kick off of the inplementation of the cover up strategy.

 

One of two major objectives of the presentation was to promote Hormesis theory among general public. Hormesis is a controversial concept to claim that low level radiation exposure does not pose any significant health hazards and some even say that it is good for the health. 

A limited number of power elite knew how bad the radiation from Fukushima was and therefore, they thought they would have to raise the annual permissible limit of radiation exposure from 1 mSv to 20 mSv, for which they needed hoax Hormesis theory.  

The next three slides are about communication manual how to relieve the fear among people using psychological technique.

 

"Tell the most important message at the begining and repeat it at the end"・・・right. 

Americans love this kind of expression using Equation of Relativity ending up with cash. Yes, money solves all the problems, damn right.

 

"Don't worry too much. Fukushima is not as bad as you think" is the point of the presentation to pass on this message to the public.

What we must know is that US Environment Protection Agency(EPA)was hijacked by Nuclear cowboy, which means that the agency was bowed down to the nuclear industry.

Ms. Agneta Rising of the World Nuclear Association delivered a speech in Taiwan on September 26, 2013, 19 days after Mr. Abe's infamous "Fukushima under control" speech at the IOC convention for 2020 Tokyo Olympic games. The image is linked to YouTube.

After the talk about the necessity of nuclear power plant, she speaks on Fukushima at 26 minutes.

Her message is shown in the following three screen shots;

Neither death nor injury by the damage of nuclear power plants.(Death and injury were caused by earthquake and tsunam)

Radiation release from the power plants is not large enough to cause health hazards.

However、psychology of people to fear radiation disrupted people's life.

As you recognize, her talk is the same as that of EPA presentation how to solve people's general concern about radiation.

The nuclear industry dismissd at this point the potential risk of Fukushima radiation disaster

Agneta Rising's discourse is before two IAEA interim reports published in October and December, 2013 and six months before UNSCEAR Report made public on April 2, 2014.

US EPA and the nuclear industry made Fukushima finished before the public report by international organizations.

And the summary of the United Nation's report was amazing;

子供たちは大人よりも放射線に敏感なので、原子力発電所の事故後の主なリスクは、幼い子供たちがヨウ素131を吸収して甲状腺に蓄積され、甲状腺がんになる可能性があることだ。この極めて稀な病気は治療可能でその治療成功例は多い。しかし、潜在的疾患可能性を調べるために年齢18歳までの子供たち36万人を超音波検査を行っているところである。

Children are more vulnerable than adults to the effects of radiation and after a nuclear accident, the principal risk is for the youngest children to absorb iodine-131 which would accumulate in the thyroid gland, increasing the chance of thyroid cancer. This rare disease is treatable with a high success rate, but to guard against potential extra cases the thyroid glands of some 360,000 young people up to the age of 18 are being surveyed by ultrasound.
原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)は、“一回目の(甲状腺の)小節、シスト、がん発生の増加が観察されたが、検査精度の向上から予期された程度であった。福島事故の影響のない地域における同様の検査データから見て、福島県の子供たちに見られる甲状腺がんの発現率は高いが、それは放射線被爆と無関係である。
UNSCEAR said, "Increased rates of detection of nodules, cysts and cancers have been observed during the first round of screening; however, these are to be expected in view of the high detection efficiency. Data from similar screening protocols in areas not affected by the accident imply that the apparent increased rate of detection among children in Fukushima prefecture are unrelated to radiation exposure."
”野生生物と近辺のエコシステムへの影響は、人間の健康に対して予見したものと同程度のものであった。高度汚染水が放出された区域、及び原発工場の隣接環境から遠く離れたい地域への影響はないと思われる。さらに、その隣接地帯であっても影響は一時的なものである。広大な太平洋の生物全体に対して“影響はあっても、大したものではない”」と委員会は報告した。
Effects on wildlife and nearby ecosystems were similar in magnitude to the predicted human health impact. UNSCEAR said it expected no effects beyond the areas where highly radioactive water was released - i.e. the immediate environs of the plant itself. Even there the effects would be "transient" it said. In the wider area of the Pacific Ocean, "the potential for effects on biota is insignificant."
UN reports on Fukushima radiation」(02 April 2014)

Surprised at this report, I checked who are authoritative members of the UN scientific committee;

Japanese Rapporteurs are Mr. Yoshiharu Yonekura, Director of National Institute of Radiological Science and Kazunori Kodama, Chief researcher of Radiation Effects Research Foundation.
What? 
They are Japanese government itself, aren't they?
UN Scientic Committee? Authoritative committee?・・・Is this the end of Fukushima?・・・ Wow, it surely makes people of Fukushima happy・・・   

Despite the fact that Radiation Effects Research Foundation published "Vision 2012" on-line stating that as they could not accommodate the anxiety of people because they have only external exposure data, they will strive to become the world research and education center for chronical effects of not only atomic bomb but also of general radioactivity based on the accumulated knowledge in the past. 

Vision 2012 also committed to clarify the risk of the low radiation exposure including internal exposure and to fulfill the lack of internal exposure data by international cooperation to collect more data to respond to the request of people of Fukushima.

The Vision is self explanatory that this Cooperative Japan-US Research Organization admits the data they have is insufficient to address the internal exposure risk assessment

・ 
As it was 2014 when I read "Vision 2012" in Wikipedia, I should keep their statement in Japanese as a record for possible argument in the future. 

・  
しかもですよ、”放射線影響研究所が外部被曝研究のデータのみで、福島第一原発事故による福島県民の内部被曝の不安に応える事が出来なかった事から、放射線影響研究所の新たな方針として過去の業績と蓄積した資料を使い、原爆に限らず一般の放射線の慢性影響に関する世界の研究教育センターを目指し、「放射線影響研究所将来構想2012」を出した。将来構想では、内部被曝を含めた低線量被曝のリスク解明し、現在日米共同機関を将来の課題として国際的組織にして、被爆者情報のデータベース化して国内外の研究者に開放し、共同研究で放射線影響研究所に少ない内部被曝のデータ収集をして、福島県民の不安に応えられるようにしていくとしている。”(ウィキペディア)とある。

While they say they have not enough data, the committee says on the other hand that children of Fukushima have no problem? 

Who on earth can believe the conclusion of the UN report?   
Let's keep this blog in Japanese as a record, too.

2014.04.06「プルトニウムの予告編:副題の”これでお終い?

This organizational overview clearly tells us that World Nuclear Association, United Nation and IAEA are the same institution as far as nuclear issue is concerned. 
This is the background behind Mr. Abe's "Fukushima under control" speech.
Yes, 2020 Tokyo Olympic is the final step of Fukushima cover up strategy. If it is held as they planned, Fukushima is going to be a history.
Do you people want make Fukushima a history? 
According to the research paper of 10 times the world fall out of 239-plutonium quoted earlier, authors predict that the radiation peak will come in 2080. You can't make it a history because Fukushima is on going Hiroshima and Nagasaki in much more disasterous magnitude
There are technologies to mitigate radiation pollution in the environment more effectively by using microbes and other biological means.
However, if the cover up remains unrevealed, there would be no substantial changes beyond today's mimitigation programs. 
Fukushima is a crisis but it is also the opportunity for all of us to work together to solve the problem for our children and their children.
What happend is what happened.
We now know who are behind the cover up but don't need to blame them. Instead, we must let them work harder for the mitigation and let them pay the expenses for it. That is their responsibility.         
There is conspiracy in this world we live in but conspiracy theory is something diffrent. Some may take this a conspiracy theory but there are quite interesting things regarding the award to Tokyo. 

1) Sir Craig Reedie, Deputy Chaiman of IOC led the evaluation committee of bidding cities. This is the fact.
2) GE became a WorldWide Olympic Partner for the first time for Beijin Olympic in 2008 and annouced early this year to continue the status until 2020. As China used GE's nuclear power reactor at the beginning of their nuclear power plant project, it may be nothing to be curious. Also, it was the year Sir Reedie was nominated to IOC board member, which may be just coincidence.
3) chairman of GE was the first economic adviser to Obama administration in 2009. That is the fact.
4) Sir Reedie is the founder of WADA. This is the fact.
5) WADA made an allegation that doping of Russian athletes was state-sponsored based on the Rodchenkov's allegation. Mr. Rodchenkov was the chief analyst of doping test for Winter Olympic games in Sochi. This is the fact.
6) Rodchenkov is under FBI protection. This is the fact. However, I don't understand why FBI has to protect him because he was indicted in Russia before his asylum. Rodchenkov's case seems to have some thing in common with Browder's case. Mr. Browder is an American investor having made a lot of investment in Russia and he came back to the US and he accuses Mr. Prutin of his allegedely involvement in the corruption of the state owned energy corporation. My feeling is the same as US Senetor Lindsey Graham had at the testimony a couple months ago; he said to Browder "if your story were true, why can you be here?
Because his activity in Russia was free, if some one wanted to do some thing very nasty it could have hapened any time. It is amazing that he could leave Russia safely if his story were true. 
The latest allegation by Ms. May of England against Russia on poisoning ex-double agent, Sergei Skripal and his daughter sounds like same kind of story line.
7) Documentary film "Icarus" based on the Rodchenkov's assertion won 2018 Oscar. This is the fact. 2017 Oscar was given to the documentary film featuring "White Helmet" of Syria. White Helmet is the mock hero to save civilians. It is the group of terrorists belonging to Al Nusra front funded by western countries. it is a propaganda tool for those who want to topple Assad regime. This is the fact. 
Although I personally take that WADA, Rodchenkov, Icarus and Oscar are a set of anti-Russia propaganda
・ 
It was not that difficult to get on to the entire structure of cover up strategy but the real challenge for me was how to break the hoax Hormesis. 
Let' discuss it at the next entry.
2018.03.09 Friday

I know you have staffs for hacking: Blow the whistle on Fukushima Unit 4 cover up

Dear Mr. xxxx,

Thank you for the return message.
I am a retired businessman who worked for Du Pont company for 18 years to develop new pesticides, innovation in business management definition.
After I left Du Pont I worked with several technically oriented Japanese venture businesses to help their business planning and fund raising.

With those experience I started independent non-commercial internet activity through blog and on-line seminars in 2000 so that younger generations could lead innovation projects. The focus is to encourage self-training of deductive inference to read the competitor’s strategy as quickly as possible.

The deductive inference is powerful by coordinating mental model theory and strategy triangle to predict competitors’ strategy or story based on open source information only if you learn the relationship between hypothetical approach and causal relations, which is the core of mental model theory.

Let me talk about my intention assuming that you have read two write ups I sent to you.

Part 1 for 239-Pu: Could you help brush up my English?  http://p.booklog.jp/book/120197/read

Part 2 for 234-U:Double down: Help brush up my English Part http://stratpreneur.jugem.jp/?eid=1448

1) I thought it would be beneficial for you to learn the reality of Fukushima disaster for your further activity of xxx.

2) I hope you could help those victims of Ronald Reagan if you want because the Class Action is too scientific for ordinary lawyers alone to handle.
I sent my write up to Mr. Paul Garner at 'PCGarner@icloud.com' but there is no acknowledgement. if you want to be a deal maker I am willing to help you free of charge.

3)There is a little sensitive issue I didn’t mention in my write ups because they can fight without knowing it. However, I will tell you because it must be important for your xxx regardless of your possible involvement in the Class Action.

4) 239Pu released from Fukushima is part or whole of 331Kg of weapon grade plutonium the US lent Japan for the research and development purpose decades ago which had been kept at Tokai Village in a different prefecture.

5) Best assumption from 234U detected in Alaska is that the US asked Japan to develop a new type of MOX fuel mixing weapon grade plutonium with Depleted Uranium and 234U is an enriched one in the process to make fresh DU.  

6)As you may know it, US and Russia agreed to reduce the excessive weapon grade plutonium in 2000 but they changed the protocol or reduction method in 2010.
IAEA says that Unit 4 was halted operation on November 30, 2010 to remove 1331 fuel rods in the reactor core to spent fuel pool (SFP). It also says there were 204 new assemblies in SFP.
However, as you saw the heat signature in the core, equipment pool as well as SFP, they were using Unit 4 for the different purpose to make the MOX fuel in question.

7) You can imagine the seriousness of this accident for the US government and IAEA and off course for Japanese authorities. It is not only the matter of non-proliferation but the magnitude of radioactive fall-out including 239Pu. This is why they had to cover up Unit 4 completely.
・             

Finally, I would be very pleased if you take my suggestion to help Ronald Reagan Class Action because it could be a huge impact to stop 2020 Tokyo Olympic games which is my personal short-term task because such spending must be used to help radiation victimes in Fukushima and elsewhere who need immediate financial aid and psychological relief.

The Olympic is the final step of their cover up strategy. Once the event took place, Fukushima would be a history leaving radiation contamination all over the world for years to come. Remember that the contamination peak will come in 2080, according to the paper published in Nature.

There are various ways to alleviate radioactivity in the environment beyond the present government programs such as using microbes and other biological means.      


Regarding 331Kg weapon grade plutonium, I am the only person to have said in July 20, 2014 blog, which was rejected by Google search and three major browsers have been blocked to my blog since then. It was the deductive inference with almost no hard evidence but those blogs I sent to you are the inductive analysis based on the facts I found in IAEA Technical Report and scientific papers, There is no 
my personal opinion there.

Thank you very much for reading and feel free to ask any further questions if any.

Best personal regards,

Hideo Watanabe

I thought it strange to have 717 access despite the blockade of Chrome, Internet explorer and Firefox but when I found your gambado,  I can't help laughing loud. Did you command it three times for two days?
I took it as your caution not to slow down my Unit 4 campaign. Thanks a lot. 
・  

2018.03.04 Sunday

わかったアメリカ強い。でもね〜、ハードがね〜

いきなり見にくくてすみません。最後の文章;「コンピューターがねこのレベルに来ると、ハードの製造が制限要素になるんだ。アメリカでも製造業にいたけどアメリカの品質管理は絶望的だね。反論あるならどうぞ。喜んでお相手しますよ」だけわかればいいです。

図のミサイルがサルマット。右のWU-15は中国のものですが、それは後に説明します。下の画像がジルコンと呼ばれるマッハ8というハイパーソニック・ミサイル。ハイパーソニックは音速(時速約1150Km)の5倍(マッハ5)以上を云います。音速以上はスーパーソニックです。ジルコンは昨年、潜水艦の従来発射台から撃てるのを確認したそうです。脅威のミサイルと言われています。中国にはマッハ3のミサイルがあります。アメリカのトマホークはマッハ1前後です。

プーチン大統領が3月1日、国会議員と軍関係者の前でロシアの経済から安全保障の現状と将来をスピーチしました。アメリカの一般教書(State of Union Adress)と同じです。

そこで、アニメーションを使ってサルマットや最新鋭兵器を紹介して、どんなミサイル防衛システムも防ぐことはできない。「ロシアと同盟国の生存を脅かすような如何に小型であっても核兵器使用に対してお返しをする」と威嚇しました。画像をYouTubeにリンクしてあります。
最初のアメリカ人とのやり取りは、そのスピーチをワシントンタイムズが「プーチンが新しい核兵器を自慢しているぞ。お前ら良く聞けってよ」というタイトルで報じた記事での読者投稿です。

2年前に、サルマットについて「プロトタイプは建造済み。テストが上手く行けば、2018年配備のためにフル生産に入る」という報道をブログしてましたので、予定通り来たかと思いましたが、ゾクっとしました。
距離的に世界のどこでも狙えますし、核弾道弾を10個以上持ちそれぞれが別々のターゲットを狙い、しかもジグザグ飛行します。ICBMは一度成層圏を飛び出て再突入しますがそのスピードはマッハ25と言われます。とても、とても迎撃は無理です。
中国にはDF-41という強力なICBMがあります。サルマット並みの能力で2016年にロシア国境に配備(勿論ターゲットはアメリカ)され、昨年後半、新たに二基(場所は不明ですが)配備されました。
もう核戦争などできないのです、現実的には。
米ロ中の三すくみ状態なのです。しかし、問題があります。
アメリカ人が何故そんなにロシアを嫌うのかまったく理由はわかりませんが、読者投稿に見られる如く、プーチンは独裁者、隣国をいじめる冷酷な国というイメージに支配されています。Russophobiaと云いますがヒステリーですね。
そして、技術を見くびっているところがあります。これが問題なのです。
中国に対しての見くびりはもっとひどい。日本人にもその傾向があります。
アメリカはレーザ−兵器でも中国に負けています。でも、依然として安かろう悪かろうというイメージに支配されています。
中国はハイパーソニック(マッハ5以上)でもアメリカを凌駕しています。Wu-14と呼ぶグライダーは2015年ブログに書いた時点で既に7回実験飛行に成功していました。極秘なのでその後の進展がわかりませんが、ハイパーソニック実験用の大トンネル実験場を建造したという話はあります。アメリカも必死に開発してますが、どんなに早くとも2023年。 
・ 

アメリカはミニッツマンと呼ぶICBMを持っていますが、古いものなのでサルマットやDF-41と較べるのは酷です。飛行距離は13,000Kmと云いますから立派なものです。弾道弾は3個です。ジグザグ飛行はできません。

 

劣っているというのはわかっているのだなと思ったのはビジネス・インサイダーにあった記事です。

私は、ロシアと中国の軍事力が上がってアメリカと三すくみ状態になったのは良かったと思います。三か国が核戦争になれば地球の壊滅です。どっちが勝つという話にはならない。

ロシアにはYarsと呼ぶICBMもあってこの方は、そのペイロードが750キロトンというところから一体、800キロトンの核がニューヨークを襲ったらどうなるかを分析した人がいます。読むと恐ろしいです。記事にリンク貼っておきます。
・ 

原爆が使われたのは広島と長崎ですが、日本人の大部分も忘れている人が多いのではないでしょうか?

アメリカ人と投稿やり取りして感じるのは、彼らは自国に落とされたらどうなるのかという想像ができないと思います。緊張が高まれば、軍需産業は確実に儲かりますから、後のこと考えずに勝手なこと云うのですね。トランプ大統領の北朝鮮に対する脅かし聞いていると腹が立ちます。いい加減にしてくれと云いたくなります。
こういう金儲けのための緊張煽り止めるのは一般国民しかできないのです。しかし、アメリカにも日本にもまだアメリカの核の傘の下にいて安心と思っている人たちが沢山いて、そういう人たちが軍事緊張を煽る人を支えるというおかしなことになっています。
私はこの3年間ほどロシアと中国の軍事技術の進化を見てきましたが、それは、できるだけ多くの人が三大国が核戦争などできないのだということを知ってほしいからです。
ミサイル防衛網など無意味なのです。
実例がこれ。

日本も導入するイージス・アショア。

今年1月31日ハワイで行ったミサイル迎撃は失敗しました。失敗コスト130億円だそうです。
失敗の報に焦った韓国は自分たちで考えなければならないと言ってる人もいるらしいです。
・・・・・
画像にリンクした記事はペンタゴンが失敗を認めたというものですが、笑っちゃいけませんよ。
1月31日の失敗は二度目のことで、昨年7月にも失敗したがそれはデータのインプットを間違ったヒューマン・エラーだったのですと。今回の失敗は?・・・テストなんですと。
昨年2月に成功したそうですが、それは成層圏を突破しない中距離弾道ミサイルだったそうです。
イージス・アショア:レイセオン製。ミサイル:ロッキードマーチンかな。
・・・・・
Wednesday’s test marked the second time a SM-3 IIA failed to intercept an inbound missile. In July, an SM-3 IIA failed to meet its objective, but the MDA investigators said the problem was caused by human error – incorrect data input – and not because of any problem with the missile or the Aegis Ashore system, according to a Defense News article.

But the SM-3 IIA has had successes. In February 2017, the MDA and SM-3 IIA manufacturer Raytheon announced the missile’s first successful intercept in space. During that test, the SM-3 IIA defended against a medium-range ballistic missile threat.

アメリカの失敗一週間後に中国が迎撃テストで成功というニュースが流れました。
成層圏の上で迎撃に成功したといいますから、ICBM対象で成功ということになります。
The test Beijing claims was a success thwarted a ballistic missile during the "mid-course" stage of its flight path, which occurs outside Earth's atmosphere, the South China Morning Post noted.
後は製造技術が鍵だと云った通りかどうかわかりませんが、アメリカ、情けないなという気持ちにはなります。
問題の日本。
アメリカからガラクタでも買えと言われれば買わなければならない国ですからね。何も日本も一緒になって中国やロシアと戦争ごっこする必要もないですが、付いて来いと言われれば、付いていかなければならない国ですからね。困ったな〜なんです。
私は、こういう状況を少しでも変えることができるのでフクシマ4号機に取り組んできたのです。
アメリカに堂々と物が云えるようになれます。
政治家も知ってて私たちを騙したか、或いは、私たちと同じように騙された人たちです。そういう人たちが私たちの声を無視できますか?
無視できなくなった時、初めて、軍事技術比較もできるだけの知識を得て、日本の進む道はこうあらねばならない、こうしようよと云うことができると私は思います。
以下のブログは決して易しいものとは思いませんが、私の気持ちとしては、最初に3月2日をざ〜っと読んで、その後、2月9日、2月15日、2月26日という順序で読んでいただければありがたいと思います。
2018.03.02 Friday

運命の鎮魂:フクシマ311

7年。悔しいです。

地震の恐ろしさ。

フクシマ第一が地震に十分な備えがなかったのも事実でしょう。津波も予知できたというのも事実なのでしょう。人災だったというのも事実なのでしょう。

しかし、身勝手さえしてなければ、ここまでにはならなかったじゃないか。それが悔しい。

原発が原発として事故になったのなら原発の問題。

しかし、原発の範疇を超えた身勝手で放射能被害を拡大し、子供たちの将来にとんでもないリスクを背負わせてしまった。日本だけの問題じゃない。地球全体の問題だ。

それを姑息な手段で隠し通そうとする、その根性が悔しい。

白い煙の立ち昇っているのが3号機。水素爆発があったと云われた建屋。その左が4号機。一番右の1号機は、上部が吹き飛ばされたのがわかる。

3月16日の衛星写真だそうだ。Troy Livingstoneという人のFacebookサイトからだが、YouTubeもあります。

このサイトが消去されないのを不思議に思っている。これほどの情報の入手先が不明なので、本来なら4号機を隠蔽する側から消去されておかしくないが、2013年12月26日アップから既に4年2か月。消去されないのはそれ相応の理由があるだろうから遠慮なく使わせてもらうことにした。説明の上で便利なので使わせてもらうが、私自身の隠蔽検証は本映像とは無関係である。

キャプションに、左の4号機の左(南)に使用済み燃料プールがあり、そこから蒸気が出ているとある。写真を見る限り私には確認できない。(が、事実と思われる。)

別角度の同日(16日)衛星写真。

上(北)の赤で囲ったのが1号機。

3号機は水蒸気様の煙である。

 

一番下の赤で囲ったのが4号機で、「北側の壁からは蒸気は出ていない。」とある。つまり、上の写真で南側(燃料プール)から蒸気は出ているが、反対側の壁からは蒸気はないと確認している訳だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フクシマ第一から南100Kmにある東海村のIAEA研究所が計測したデータから、放射能の放出に三つの山があるのがわかります。

一番左は、1〜3号機からのもの。その右が、15日の4号機からの放出である。

5日間の時間差で三つ目の山がくるが、4号機の炉心から放出されたものと思われる。この三つ目の山についての議論は私の知る限りまったくなかったと思う。
実際、3号機の水素爆発ばかりが問題にされ、4号機からの放射能放出すら、あまり論議されることがなかったという印象である。

 

4号機から放射能が放出されたのは、3月15日時点で公表された。右の画像はIAEAのレターであるが、この3時間前に枝野当時官房長官から発表されたのが読売新聞に記録としてある。
しかし、何故か大ごとにはならなかった。

何故か話題にならなくとも煙は4号機使用済み燃料プールから出ている。3月18日の映像。

                    

 

 

 

・三つ目の放射能の山なのですが、4号機の炉心から出ている。

この画像は3月24日のもので、4号機からは、15日の使用済み燃料プールからと5日遅れの炉心から出た二度の放射能放出がある。
一度目も二度目も放射能放出が長引いたことが最初に示したグラフからわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒸気がどこからでたか原子炉の構造から見たものが右図。

そして、赤外線熱センサーで観察したのが下の画像。
赤色(熱)の大きな部分が炉心。その左が設備冷却プール。
その左が使用済み燃料プール。
そのすべてに熱源がある。
3月28日に撮影されたものだから、4号機からの二度の放射能放射の山が長引いたというのがこれからもわかる。

 

 


 

この表は、2015年8月に公開された"フクシマIAEAテクニカル・レポートの4号機に関する記録から作成したもの。

 

16日に自衛隊のヘリから使用済み燃料プールに水があるのを確認したとある。

4号機のプールの状態がどうなったか必死にワシントンに報告したアメリカ規制委員会の人が、見える訳ないじゃないかというのが、アメリカの情報公開法で開示されたメールにある。

しかし、この「ヘリから水が見えた」という一言で、「4号機は大丈夫、何も問題がなかった」といことになってしまった。


 

現実には、もっとも恐ろしいプルトニウムという核物質が、大量に放出されたにも関わらずである。

東海村のIAEA研究所の報告では、世界のプルトニウム降下量の7〜23倍も飛んできて、何故だ?説明できないと首を傾げ、その下のグラフにあるように3月24日にカリフォルニア大気中の濃度がピッと上がっているにも関わらずである。

 

4号機の使用済み燃料プールには、1331本の使用済み燃料と204本のニューアッセンブリー(新しく作ったもの)の合計1535本の燃料棒があって、その核物質の量は1〜3号機の合計を上回るものだったそうだ。
4号機は地震の4か月前の2010年11月30日に運転を止めて、炉心の燃料棒は全部使用済み燃料プールに移動・保管されたとIAEAテクニカルレポートは云う。
つまり、炉心は空で運転していなかった。私が言っているのじゃないです。IAEAの報告書がそう言っている。
おかしいじゃないですか?
炉心に熱源があって、そこから蒸気みたいなものが出ている。空じゃなかったということです。何か作業をしていたのです。
しかし、3月15日、4号機から大量の放射能が放出されたという事実(枝野当時官房長官発表)にも関わらず、いつの間にか、「プールには水があった。4号機から放射能は放出されなかった」となってしまったのです。
隠すにはそれだけの理由があるからです。
一つは、とんでもない量の放射能が放出された中にフクシマ第一にそんな量がある筈のないプルトニウム239がガボっと放出されチェルノブイリどころではない。
二つ目は、4号機で新しいタイプのMOX燃料をこっそり試作製造していたこと。こっそり。そのMOXは3号機のプールに保管されていたMOX燃料とは性格の異なるもので、原爆に使う兵器級プルトニウム(プルトニウム239が90%以上)を劣化ウランと混合して二度と原爆に使えないようにする目的の特殊なMOX燃料であったこと。
三つ目は、この新型MOXはアメリカとロシアが余剰に持っている兵器級プルトニウムを削減するための方法として合意したもので、本来ならアメリカが自分でやるべきものを日本に頼んだものということ。
四つ目が、使った兵器級プルトニウムは、数十年前アメリカが研究開発用に日本に貸した331Kgであったこと。
私は、借りた兵器級プルトニウムが4号機から飛んでしまったのだな〜と思いました。当初は、核弾道弾にでも使うピットを製造していたのかなとも思ってました。今から3年8か月前、2014年7月20日のブログにそう書きました。
しかし、いくら何でもな〜と思いたい気持ちと、アメリカとロシアの削減合意が揉めていた上に、アラスカでアメリカ環境庁がモニターした非常に珍しいウラン234(劣化ウランの一つの核物質)が出てきたので、新型MOX燃料棒と考えることにしました。可能性としてはピットもあり得ますが、この辺はわかりません。どっちか問い詰めればばいいだけのこと。
新型MOXにせよピットにせよ、一つ目から四つ目の理由を読んでどう思いますか?
隠すでしょう?
私がアメリカ大統領なら、やっぱり隠したと思います。
長崎の100倍、世界降下量の10倍の放射能まき散らした挙句、やったこと全部、核不拡散条約違反です。
削減合意したロシアにどんな顔できますか?
世界にどんな言い訳できますか?
立場ないです。隠すでしょう?
ただ、問題は、その後始末
日本政府もぐるです。なのに、フクシマ被災者に対する対応。
放射能たっぷりのところに帰れでしょう。仮設住宅から追い出しでしょう。子供たちの甲状腺がんは多発しているのに因果関係はないでごまかす。全国でさまざまな病気が増加している。そして、原発再稼働とくる。フクシマで死んだ人はいないとか、冗談じゃないです。
オリンピックを人質に取られたみたいにF-35Bみたいな欠陥戦闘機買うは、オスプレー墜落して頭下げるだけで何度でも同じことの繰り返し。辺野古や高江に反対する人たちを暴力で抑えつけ、役にも立たない基地を作る。金持ち優遇で社会保障を削るは、残業代なしに働かせようとするは。もうめちゃくちゃです。
偉っそうに「墓場まで持っていく話もあるわな〜」とか言う政治家もいる。これだけの大犯罪を犯せば、そうするよりしようがないでしょうね。
何度も言ってきましたが、パニックを防ぐためにウソをついたのは仕方ないとも思います。
しかし、ウソは一回きり。その後始末はできる
考えれば考える程頭に血が上りますけど、それはそれ。隠蔽工作に話を戻します。
ヘリから見えた!プールに水はあった!
そこから、4号機隠し、フクシマ矮小化作戦がスタートしました。
大規模な作戦です。チームが出来ましたでしょう。
私は、2014年7月20日のブログに、1)アメリカから借りた兵器級プルトニウムが4号機から飛散した、2)4号機で核弾道弾でも作っていたのではないか、3)東京オリンピックは4号機隠蔽のためだ、と書いてグーグル検索できなくされ、三大ブラウザからのアクセスもブロックされました。ブロックは今も続いています。
GPSによる所在確認もされました。
相手は、私を何者かと思ったのでしょう。アメリカあ貸した兵器級プルトニウム331Kgが4号機にあったなどと書いた人は世界にいませんから不審に思ったのでしょう。
しかし、どの組織にも属していない。(ポスティングですからね)埼玉の日高市の団地とか小田原とか一日中歩き回る。変な奴と思いましたでしょう。GPS所在確認が止まったと思ったら、途端に両陛下と面識があるとかの理由でFacebookの友だち申請があり、詐欺かな監視かなと思って本人に会いました。正体を白状しませんでしたが、監視者なのは確かです。
身の危険を感じたか?と尋ねられたら、Yesですが、生きててもしようがないと思ってますし、親戚が払うであろう葬式代の心配しなくて良くなるな〜ぐらいでした。
フクシマの放射能汚染がはるかにひどいというのを知りたかったこともありますが、ここまでやってきた一番の理由は、隠蔽工作を指揮した戦略立案者と対決する。戦略の全貌を解き明かしてやりたいという気持ちです。行動様式学序論の著者として、また、イノベーション人材を育成する基本が競合相手の戦略をできるだけ早く読み解く演繹予測能力を高めることにあると思ってますから、ここで負ける訳にいかないという気持ちでした。
ですから、私の4号機ブログを読んでも理解できないというのはわかります。常に、戦略立案者に向かって書いているので、ここまで云えば相手にわかると端折るところもある。つまり、読者優先で書いていない面もあるからだろうと思います。
331Kgが4号機から飛散したとブログした時点で隠蔽した相手との勝負は終りました。しかし、隠蔽戦略を作った人との対決はそこから始まった訳です。
しかし、東京オリンピックを返上させることをお前にはできないと相手戦略家は思っているでしょう。
私が舐められている訳ではないです。この勝負に気付かない人たちが舐められているのです。
下記三つのブログは相手との勝負に関してはダメ押しに過ぎません。目に見えない戦いが世の中を動かす底辺にあることを知って欲しいと思って書いたものです。
勿論、ロナルドレーガンの被爆者を救いたいのは本当です。彼らの命は長くない。プルトニウム吸入急性中毒ですから本当に気の毒です。この話に乗ってきて一緒に助けようという人もほとんどいないだろうとは思ってましたが、国際的話題になりやすいロナルドレーガンを契機にフクシマに切り込む気を持つ人は出てくるかもしれないという淡い期待はありました。まあ、どうでもいいです。情けないですが、これが日本人と思うことにしました。
今回のブログは、もっと易しく人に伝える方法があるかもしれないという実験と、行動様式学序論を書き直す原稿にしようというものです。
演繹予測(2014年7月20日のブログ)には物的証拠がほとんどありません。事象に登場した人、組織の行動様式からの推察です。情報(事象)の多次元多層同時並行処理ができる人にしかわかりません。並行処理は思い込みを排除する方法でもあります。しかし、証拠がないから信用する人はいない。この4年間で痛感しました。
上の三つのブログは、その後見つけた証拠と新たに出てきた証拠を基にした帰納推察です。
帰納推察は証拠と論理的ナレーティブ(logic)の組み合わせです。ここにも並行処理が必要ですが、もっとも重要なのは事象を経時的(chronology)に見ることです。戦略遂行には必ず順序があるからです。相手がフェークを入れてくる場合もありますがそれを見破るのは比較的容易です。
演繹予測(推察)と帰納的推察には時間差が出ます。本件では3年8か月の差。遅れた分だけフクシマを(政治的に)正常に戻すことが困難になります。そして、権力にあらゆる点で騙され続ける。
フクシマをどうするのか、日本をどうするか、という視点から、4号機問題が如何に重要かわかる筈ですが、わからないですね。世の中を動かす権力と権威のウソを早くに見抜いて暴走をストップできなければ民主主義など機能しません。民主主義って何だ?と叫んでいる内は未熟者。
愚痴になるので、(誰のためでもない)自分のための整理を続けます。
さて、隠蔽戦略を遂行する隠蔽工作チームです。私ならこういうチーム構成にして人を使っただろうという骨子です。
1)4号機プール偽装チーム
2)報道規制チーム
3)被爆許容値引上げチーム(ホルメシス・プロパガンダチーム)
4)プルトニウム安全キャンペーン・チーム
5)フクシマ終了宣言プロパガンダ・チーム
6)IAEA報告書作為チーム
  6)−1 核物質インベントリー作成チーム
  6)−2 環境調査監視調整チーム
  6)−3 報告書整合性確認チーム
  6)−4 外郭団体調査報告書監視チーム
  6)―5 海外政府調整チーム
  6)―6 その他
7)ソーシャルネットワーク監視チーム
1)4号機プール偽装チーム 
最初に、4号機のプールに水があったのを報道機関が確認したというのが、2011年6月。この写真が出てきた頃でした。

私は、2015年にある新聞社を訪問してフクシマ担当記者から実際に水を確認したという話しは聞きました。彼は、私の指摘に、「実際に見てますから」と答えていました。東京新聞ですよ。

しかし、上の一覧表見てごらんなさい。3月15日に4号機で爆発と火災がありました。プール温度の最終チェックが14日84℃
アメリカ原子力規制委員たち大騒ぎで、燃料棒の下まで水がなくなったと焦りまくり、水だ、水だと叫んだのに注水したのは3月20日。仮に水があったとしても温度が一体何度になったと思います?
電源喪失前の冷却プールの温度が27℃。その後三日間で57℃上昇して3月14日に84℃になりました。
84℃から20日まで丸5日間、冷却なし注水なし。何もしていないです。
とっくに沸騰してます
仮に水があったとしても、沸騰したのはわかりますね。水というより熱いお湯が減ります。燃料棒が露出します。燃料棒はジルコニウムの被膜で覆われています。大気に曝されれば燃えます。
フクシマの二週間前にどこかの研究所が燃えるかどうか実験した結果をアーニー・ガンダーセンさんが紹介していました。リンク貼りましたので興味ある方はYouTubeをどうぞ。

燃える前にもう一つ問題があります。被膜のジルコニウムと燃料棒の中身であるプルトニウムの熱膨張の違いです。ボコボコ沸騰したお湯の中で、熱膨張率の大きなプルトニウムが熱膨張率の小さなジルコニウムの被膜にクラックを入れます。(ヤング率はどちらも同じ程度ですから、そうなります。)
但し、クラックが入ってもジルコニウムが燃えても爆発はしません。被膜が燃え尽きれば火は止まりますが、中にあるプルトニウム239やウラニウム234などの核物質は、温度上昇で原子をつなぐ金属ボンドが弱くなるので原子の酸化物の粒子が飛び出します。そうなってから水を掛けたってどうしようもないのです。
IAEAテクニカルレポートにあるように、ヘリから水が見えたというのが16日午後。本当に見えたとは思いませんが、見えたとしても午後。そう記録にある。
4号機でドッシメータが1000ミリシーベルトという上限を指したのでプールのチェックをあきらめたのが15日午前10時。本来なら16日は真っ先に4号機のプールに水を入れるのじゃないですか?
しかし、16日は4号機じゃなく、3号機のプールに注水しているのです。
4号機のプールは、実際にはアメリカの情報公開メールにあるように水を保持できないということで、その時点であきらめたと思います(これがナレーティブ;logic)。そして、20日まで放ったらかし。
そこから、注水して冷やす振りが始まり、その3か月後に報道記者に水を確認させた。
プールを作り直すか水を保持できるように修理してして注水して水を貯める。どこからか燃料棒の束(バンドル)を運び込んで無事だったように見せ掛ける。そうするより方法がない。
副大臣が視察に行ったのは、2012年4月23日。そりゃ〜、水もバンドルもあったでしょう。それにしても、報道機関に見せる一か月弱の間に上記作業を行うのは大変だったと思います。作業員は死に物狂いで働いたでしょう。

さらに、でっかい建造物を4号機に乗っけてプールにあったという燃料棒をキャスクに無事移管したというのが、2013年11月18日。4号機壊滅から2年7か月後。

昨年、秋口でしたが、アメリカの情報開示法で4号機のプールの水がなくなったというのを見つけた日本の方が、じゃあ、あのキャスクに容れた燃料棒は何だったのかと疑問の声を上げてました。アメリカのブロガー、ハトリック・ペンリーが念入りに調査したFOIAドキュメントです。この2014年6月のブログにあります。

2011年3月15日から2013年11月18日まで、プールを作り、水を入れ、燃料棒を入れ、報道陣に公開し、4号機に新しい建物を据え、キャスクに容れるまでの作業は並大抵のものではありません。大変なものだったと思います。
2)報道規制チーム
秘密保護法が国会で議論になった時、フクシマ事故当時東電が菅政権に対して何かを隠していた印象があったので“何か隠さなければならないものがあるのだ。民主党政権に知られてはならない何かが”と思ってました。秘密保護法可決するまでの大騒ぎと政府の対応の右往左往から、4号機と直ぐ繋がりました。
最近、当時、私と同じように思った人がいたのを知りました。アーニー・ガンダーセンさんが2013年12月16日に、「日本の国会が秘密保護法案を可決した。フクシマの被爆がどんなにひどいものか隠す情報の鉄のカーテンだ。当局は、日本人の被爆を過小に見せるようにしている。当局は、原発を安全と思わせるために本当に重要な放射能発生個所を無視しているのだと思う。その隠した分は日本政府もIAEAも計算に入れてないが、はるかに膨大なのだ。キセノンやクリプトンという希少ガスの放出からみて、フクシマはチェルノブイリの三倍もひどいものだ。既に甲状腺がんは10倍も増加し、その蔓延が始まったところにいるのだ。2012年に東京を訪れた時に、日本全体が放射能まみれで日本に住む人が特別の注意を払わなければならないのを確認した。総合的な被爆という問題なのだが、それが過少に評価されているのだ。」と言ったという記録があります。
Arnie Gundersen, Chief Engineer at Fairewinds, Dec. 16, 2013: The Japanese parliament has just passed the state secrets law. It’s really an information ‘iron curtain’ that’s preventing people in Japan from learning just how bad the exposures were that they received after the accident at Fukushima. […] They’re trying to underestimate the amount of radiation that the Japanese received […] I think they’re neglecting some really serious sources of radiation in their effort to convince the Japanese people that nuclear power is safe. […] These exposures not being calculated by the Japanese, or the IAEA, are in fact enormous. [..] Fukushima was 3 times worse than Chernobyl as far as the noble gases [e.g. xenon, krypton] that were released. […] There’s already a 10-fold increase in thyroid issues in Japan and we’re just at the beginning of the thyroid epidemic. […] As I discovered when I was in Tokyo during the book tour during 2012, all of Japan is a radiologically contaminated area, and the people in Japan need to take extraordinary precautions. The net effect of all this is the total exposure to the Japanese is being grossly underestimated. >> Watch the video here
ガンダーセンさんがフクシマ事故直後から4号機を問題にしていたのは多くの人が知るところです。しかし、兵器級プルトニウムが4号機にあったことは知りません。知っていたら、あのように4号機を騒ぐ訳がありませんから。実にやばい話ですから、うかつなことは云えないです
ただ、そのガンダーセンさんがその後、4号機のプールの水はかろうじて燃料棒を覆うところまであったというビデオを公開したのです。何だ?と思いましたが、その時点でプレッシャーが掛かったと思います。(このビデオは自ら削除したと見えて今は見つかりません。サイトも大幅に修正していますので活動方向を変えたと思われます。)
FOIA(情報公開法)ドキュメントから4号機のプールの水はなくなったと疑っていたハトリック・ペンリーが、おかしいじゃないかとガンダーセンさんを問い詰めたビデオは今でもありますが、彼はしどろもどろでした。
フクシマ隠蔽に対し学者流の正義感に燃えて真っ向から挑戦したと思いますが、圧力は掛かります。屈したのは仕方ないと思います。生活が懸かっていれば止む無しでしょう。それだけ隠蔽勢力が強大という証拠です。
秘密保護法で報道機関が取材しにくくなったというのもあるでしょう。ただ、オバマが331Kg返せとなってから丸二年後にしか返せなかったこと、さらに不自然な航路に疑問を持っている記者はいるとは思います。日本にも核物質運搬船はありますから東海村にきちんと保管されていたならすぐにでも返せます。しかし、この問題をメディアが追及するのは難しいでしょうね。

3)被爆許容値引上げチーム(ホルメシス推進チーム)
私自身は、このホルメシスのウソを科学的にどう論破できるかが一番大変でした。この方は山下俊一さんという長崎大学教授ですが、この方はホルメシス推進者です。
アメリカ環境庁がフクシマ矮小化をリードしたのはわかってましたが、低被爆で健康に影響はないというホルメシス論は、広島・長崎被爆生存者調査研究を唯一の根拠としています。報告書は被爆とガンの発生には閾値のないリニアな直線関係があるという結論です。それを、どう捻じ曲げたのか、反論する根拠に自信が持てるかということでした。
山下さんは、フクシマ事故直後から100ミリシーベルトで心配することはないと講演していました。
イギリスのアリソンという人も推進者。ビデオを見るとボケてるのじゃないかと思いましたが、こういう権威者と呼ばれる人たち(?)が音頭を取ります。

下の画像は、その捻じ曲げを統計的におかしいではないかと反論するビデオにリンク貼りましたが、その反論は極めて妥当なものです。このブログにもビデオへのリンクがあります。

次の二つのブログには、ホルメシスを破るために有効な研究がないかを探した記録があります。チェルノブイリの研究もあります。その中で、ジャルギンという産業に雇われてケチつけ専門学者がいるのもわかりました。
山下さんもそうなのですが、この人たちに共通なのが、プルトニウムのようなアルファ波を出す放射性物質をほとんど考慮してないという杜撰さ、そして、もっと大事なのは放射性物質の微粒子挙動という視点がまるでないことです。そこに気付いてからはこの人たちと議論しても負けることはないなと思うようになりました。
今年2月28日のイギリスの報道
ですが、放射能を出す微粒子が
見つかったので、もっとちゃん
と調査しなければならないとい
うものです。
放射能となると核分裂、放射線
いう話に終始することが多く、
微粒子から見る視点が乏しいの
は何故かと考えさせられます。
難しい学問領域なのは確かです。
微粒子はずいぶん調べました。それが、後々役に立ちました。
アルファ波の軽視と微粒子挙動を見ないという問題点を加味して、ホルメシスはとてもじゃないが話にならないと反論することに自信を持てたのがこのブログです。
2)低被爆は健康を害しないというウソがどのように展開されたかという項目にあります。ここまで来るのにずいぶん時間が掛かりました。
4)プルトニウム安全キャンペーン・チーム
フクシマ矮小化・4号機隠蔽戦略は、「いずれプルトニウムが問題になる」と思ってたのかというのがプルトくんキャンペーン

プルトニウムって本当に危険なの? そんな不安を振り払うために作られたアニメが話題だ。このアニメは原子力発電所を推進させるためのキャンペーンでもある。「原子力発電所なんか建設して本当に大丈夫?」「ウランだけじゃなくてプルトニウムも使う可能性(当時は使われていなかった)があるんでしょ」という不安を取り除くために作られた。

アニメを製作したのは動力炉・核燃料開発事業団。このプルトくんのアニメーションは、プルトニウムの安全性を強調した内容になっている。しかし国際的な批判を浴び全て回収となってしまったのだ。回収を迫ったのはアメリカのエネルギー省長官。問題視しているのはプルトニウムが体内に吸収されないという表現。またプルトくんがプルトニウム溶液を飲むシーンも問題視されている。青酸カリと比較し「飲み込んでもすぐに死ぬことはありません。胃に入ってもほとんどが排出されます」とアニメ内で説明している。

2011.03.29「”プルトニウムは安全だよ!”と言い聞かせるプルト君が話題に

このキャンペーンが何時から始まったのか知りません。フクシマ以前かもしれませんが、皮肉なものです。また、ストップを掛けたのがアメリカのエネルギー長官?オバマ政権のスティーブン・チューさん?
4号機でMOX作らせた張本人たちですからね、
何とも言葉がないです。

しかし、武田邦彦さんまでにはストップは掛けなかったが、フクシマから約二週間後2011年03月27日に能天気人間が書いたものがこのブログにあります。ここに列挙した連中がキャンペーン先導役。ひどい連中です。
日本の政治の問題の一つは有識者会議というやつです。その結論で物事を進めれば官僚に責任はなくなる。政治家にも責任がなくなる。有識者会議の人たちは勿論責任取る立場にはありません。日当1万か2万円もらって責任取らされたらたまったものじゃないです。その結果、誰も責任取らなくて良くなってしまします。そして、プルトニウムで散々ウソついた連中の類が有識者、専門家として責任がどこにもない政策決定に関与するのです。私が、4号機を世にさらしたいというのには有識者無責任体制を壊したいというのもありますね。

5)フクシマ終了宣言プロパガンダ・チーム

地球原子力村総本山”世界原子力協会
アメリカ環境庁、IAEA、国連、世界保健機構(WHO)までコントロールする原子力産業。
画像を、この構造を書いたブログ「知らぬが仏:フクシマは見ざる、聞かざる・・・」にリンクしています。

おまけ、安倍晋三さん。 
6)IAEA報告書作為チーム
  6)−1 核物質インベントリー作成チーム
  6)−2 環境調査監視調整チーム
  6)−3 報告書整合性確認チーム
  6)−4 外郭団体調査報告書監視チーム
  6)―5 海外政府調整チーム
  6)―6 その他
6)−1 核物質インベントリー作成チーム
インベントリー作成チームは三つのグループがあったようです。インベントリー自体が推察なのでいい
続きを読む >>
2018.02.26 Monday

知らぬが仏:フクシマは見ざる、聞かざる・・・

二つのブログで、以下の三点を明らかにしました。
1)フクシマを矮小化したテクニックは何か
2)4号機から大量のプルトニウムが放出された
3)4号機で何が行われていたか
ロナルドレーガン水兵の集団訴訟に関して彼らの戦いを複雑にしないために、触れませんでしたが、今回は、もっとも大事な放射能の健康被害について述べることにします。以下の順に進めます。
1)フクシマを矮小化したのは誰か
2)低被爆は健康を害しないというウソがどのように展開されたか
3)健康被害は今後どうなるのか
1)フクシマを誰がどのようにして小さく見せようとしたのか?
2012年5月、アメリカ環境庁(US EPA)が日本当局にプレゼンしたスライドの一部です。

この会議の重点の一つは、低被爆で健康被害はないというホルメシス(Hormesis)と呼ばれる論議の多い理論(?)採用の確認でした。

次の三枚のスライドは、住民の不安にどう応えるか、心理学的対応を述べるものです。

最も大切なメッセージを最初と最後に云え、というのはMBA講座でも聞くような”くさい”もの。アメリカ企業に務めた者には、ちょっとな〜と思うマニュアルの典型です。

好きなんですよね、アメリカ人はこういうのが。わかるでしょう?相対性理論のもじり。

最後にお金とくる。石原伸晃の”金目でしょう”も同じですね。

このプレゼンは、低被爆では健康被害がないから、被爆者や社会全般の持つ不安に対してどのように対応すべきかというものです。フクシマは、それほどの問題じゃないという観念を如何に植え付けるかということです。
私たちが知らなければならないのは、アメリカ環境庁(EPA)が原発カウボーイ(Nuclear cowboy)にハイジャックされたという話です。つまり、アメリカ環境庁が原子力産業の手に落ちたということです。
このビデオは、IOCで安倍さんが、フクシマ・アンダーコントロールと宣言した2013年9月7日の19日後の9月26日、世界原子力協会(原子力産業の総本山)のアグネタ・ライジングが台湾で講演したものです。ビデオには英文のキャプションがありますのでご覧になるとよかろうと思いますが、長いのでポイントを説明します。
地球温暖化対策として原発の必要性を論じた後、26分過ぎからフクシマの話しになります。メッセージは次の三枚です。
フクシマでは、誰も死ななかった。フクシマは誰も傷つけなかった。(死傷者は地震と津波の所為)

フクシマからの放射能放出量は健康被害をもたらすレベルではない。

しかし、(放射能に対する人々の謂れもない恐怖心が)人々の生活を根底から揺さぶった。

アメリカ環境庁のプレゼント同じく、どのようにして人々の不安を取り除くかに主眼を置いたものです。
つまり、放射能被害に関する原子力産業総本山のフクシマ終了宣言です。原子力村という言葉がありますが、そのトップに君臨する組織が世界原子力協会です。
この講演は、IAEAの中間報告(2013年10月、12月)、さらに2014年4月2日の国連科学委員会(UNSCEAR)報告書のはるか前です。原子力産業が国際関連機関の報告書発表前に終了宣言を行ったという訳です。
そして、国連報告の概要がこれです。
子供たちは大人よりも放射線に敏感なので、原子力発電所の事故後の主なリスクは、幼い子供たちがヨウ素131を吸収して甲状腺に蓄積され、甲状腺がんになる可能性があることだ。この極めて稀な病気は治療可能でその治療成功例は多い。しかし、潜在的疾患可能性を調べるために年齢18歳までの子供たち36万人を超音波検査を行っているところである。
Children are more vulnerable than adults to the effects of radiation and after a nuclear accident, the principal risk is for the youngest children to absorb iodine-131 which would accumulate in the thyroid gland, increasing the chance of thyroid cancer. This rare disease is treatable with a high success rate, but to guard against potential extra cases the thyroid glands of some 360,000 young people up to the age of 18 are being surveyed by ultrasound.
原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)は、“一回目の(甲状腺の)小節、シスト、がん発生の増加が観察されたが、検査精度の向上から予期された程度であった。福島事故の影響のない地域における同様の検査データから見て、福島県の子供たちに見られる甲状腺がんの発現率は高いが、それは放射線被爆と無関係である。
UNSCEAR said, "Increased rates of detection of nodules, cysts and cancers have been observed during the first round of screening; however, these are to be expected in view of the high detection efficiency. Data from similar screening protocols in areas not affected by the accident imply that the apparent increased rate of detection among children in Fukushima prefecture are unrelated to radiation exposure."
”野生生物と近辺のエコシステムへの影響は、人間の健康に対して予見したものと同程度のものであった。高度汚染水が放出された区域、及び原発工場の隣接環境から遠く離れたい地域への影響はないと思われる。さらに、その隣接地帯であっても影響は一時的なものである。広大な太平洋の生物全体に対して“影響はあっても、大したものではない”」と委員会は報告した。
Effects on wildlife and nearby ecosystems were similar in magnitude to the predicted human health impact. UNSCEAR said it expected no effects beyond the areas where highly radioactive water was released - i.e. the immediate environs of the plant itself. Even there the effects would be "transient" it said. In the wider area of the Pacific Ocean, "the potential for effects on biota is insignificant."
UN reports on Fukushima radiation」(02 April 2014)
この報告書に驚いた私が書いたブログの内容が以下です。
それで、権威ある国連科学委員会の委員たちとは、どういう人たちなのだろうと気に掛かって調べると、日本の報告者(Rapporteur)が、独立行政法人放射線医学総合研究所理事長の米倉義晴さん。代表代理人が公益財団法人放射線影響研究所主席研究員児玉和紀さん。
え〜っ、二人とも日本政府そのものじゃないの?
国連科学委員会で権威があるとは云っても・・・ これで、ちょん? ・・・これは、福島県民幸せになるわ。

しかもですよ、”放射線影響研究所が外部被曝研究のデータのみで、福島第一原発事故による福島県民の内部被曝の不安に応える事が出来なかった事から、放射線影響研究所の新たな方針として過去の業績と蓄積した資料を使い、原爆に限らず一般の放射線の慢性影響に関する世界の研究教育センターを目指し、「放射線影響研究所将来構想2012」を出した。将来構想では、内部被曝を含めた低線量被曝のリスク解明し、現在日米共同機関を将来の課題として国際的組織にして、被爆者情報のデータベース化して国内外の研究者に開放し、共同研究で放射線影響研究所に少ない内部被曝のデータ収集をして、福島県民の不安に応えられるようにしていくとしている。”(ウィキペディア)とある。

内部被爆データがないから、これからしっかりやるって自分で云っといて、いきなり、安全、福島の子供たちは、大丈夫って・・・。
でも、真面目な話。こんな報告信じていいのかしらね?
大体、ここまでで世界原子力協会、国連科学委員会、IAEAの関係がわかります。一体ということです。
地球原子力村。ですから、日本の原子力村だけ非難してもどうにもならない。
みんな大きな力には逆らえない。みんなそこで給料もらって生活していますから、逆らえないのです。あなただって、そういう立場になったらそうするでしょう?
他人を批判するばっかり。
自分も逆らえないな〜とは思わない。それは無責任極まりない。他人に対する思いやりがないんです。多いですよ、そういう人は。
この写真は、ドイツのある放送局制作のフクシマ・ドキュメンタリーの1シーンです。4号機の使用済み燃料プールの安全性を質問された時、無言が続きます。白井さんの指が折れるかというほど握りしめた手です。
白井さんは、4号機のプールがどうなったかご存知です。でも、言える訳ないです。ご自分の生活だけ考えてる訳ではないですよ。ものすごく苦しいお立場です。最初見た時、その心境を思うと涙が出ました。
国連報告書、内部被爆問題、アメリカ環境庁、世界原子力協会、オリンピック招致スピーチなどの事象(認知科学ではイベントと呼びます)を時系列に整理します。相手の戦略を読むときの最も基本的なやり方です。というのは、フクシマを矮小化するためには、そのための戦略があります。そして、戦略実行は必ずステップを踏んでくるからです。これは誰でもやる当たり前のことですが、自分以外のことになるとほとんどの人は、イベントをスポットで見るだけに終わります。
もっとも最初に仮説を持たなければできないですが、仮説については「因果関係による演繹予測」というちょっとややこしい説明をしなければならないので省略します。

安倍さんが、アンダーコントロールと宣言したのをみなさん、直ぐウソ付き呼ばわりしました。
イベントを時系列でみないで、ウソ付きと言ってしまうと真実が見えなくなります。
安倍さんにとってはウソじゃないのです。
1)4号機から放射能出なかったことにしました。実際は、がっぽり出てますから、2)被爆許容量を上げるためにホルメシスで行こうとなりました。3)4号機隠しから始まって、世界原子力協会、アメリカ(環境庁)、IAEAも、国連までフクシマ終結宣言です。
したがって、4)後はアイスウォールで汚染水を止められれば、フクシマ矮小化完結です。
アンダーコントロールじゃないですか?
他人の云う事をウソと決めつけたら、あなたの頭はそこでストップします。相手は一応、総理大臣、バックに世界を牛耳る国も組織もあるんです。そこには、頭のいい連中もいるんです。
彼らがフクシマを矮小化したい。4号機をどうしても隠したい。そのために頭捻って戦略考えだして一歩、一歩進めてきたのです。
その結果、圧倒的多数の日本人は、どこかに懸念を持ちながらも、フクシマは大したことなかったんだと思っているのです。そうですよね。
実際、Facebookでも見ました。大阪の人が気楽に、「福島は大変だな〜」と言っているのを。関西の人たちにとってフクシマは他人事じゃないのでしょうか?
フクシマ矮小化戦略大成功じゃないですか?
2)低被爆は健康を害しないというウソがどのように展開されたか
見にくいかもしれませんが、チャートに2012年の年初めに広島・長崎長期試験データ公表とあります。
その結論とも云うべきグラフがこれです。
どこまでの被爆なら安全とは云えない閾値のない直線関係になるというものです。
横軸は被ばく量。縦軸は、被爆して発症する可能性と被爆しなくとも発症する可能性の相対比を示しています。プラスの場合は、被爆して発症するのが大きいということです。
黒点(平均値)に縦線がありますが、それは範囲を示します。バラツキです。つまり、同じ線量を浴びても、浴びなかった人との発症率に統計上の有意差があるかどうかバラツキも含めて検討します。
(画像を報告書にリンクしています)

0.0の横線があります。この線の下は爆心から2.5kmの外にいた人たちを調べたものです。後でまたこれを話しますので頭に入れて置いてください。
被爆者生存者調査研究は、大別すると1950年から1965年までで一つの区切りをつけ、その後、1966年から2003年まで継続調査したものを今回まとめた報告です。
最初の15年間では確かにホルメシス曲線があるようですが、全期間通すと閾値(ここから危険、ここから安全という値)のない直線(LNT)モデルがもっとも適切で、むしろ後年になると曲線が上昇するという結果です
(これが恐ろしい)。広島の調査総数は82,000人以上ですが、長崎は、38,000人強。
母数の小さい長崎の結果は広島と相当異なるように見えますが、両方合わせたものは、やっぱりきれいなLNTになります。
但し、(ここも貴重ですが)低被爆量だけに焦点を当てるとLNTにはなりません。二つコブのある曲線になります。因果関係はわからないと報告書は云っていますが、それでも、ゼロ以下にならず、ホルメシス曲線にはならない
これは、私が言っているのではありません。報告書がそう言っているのです。
2012年5月19日のアメリカ環境庁のプレゼンでホルメシス(低被爆は健康に悪影響を及ばさない)で行くぞ!となった訳ですね。そして、このビデオが2012年8月5日公開。常に日付に注意してください。じゃないと意図(戦略実行かどうか)がわかりませんから。
この討論は一見、中村さんが被爆許容量アップ、武田さんが1ミリシーベルト現状維持という形を採っていますが、どっちも低被爆は健康に害がない。武田さんはむしろ健康にいいとまで云うホルメシス推進キャンペーンです。司会者がその仲間かどうかは知りません。
長いですからビデオ飛ばして下の画像で大事なところだけ説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、中村さんが説明に使った広島・長崎の原爆被害者調査。前に掲載した研究報告の図です。それをどう捻じ曲げてホルメシスに持っていくか見ます。

0.1は100ミリシーベルトですが、この名誉教授、おかしな説明をするのです。

縦軸の1.0の横線の上が爆心から3Km以内、下が3Kmの外と言っているのは単なる間違い(実際は前述の如く2.5Km)ですからどうでもいいのですが、外に近い人たちでも(被爆がないのに)ガンの発生があるから信用ならない。30mSv、50mSv、70mSvの点が上下にばらついてます。先ほどの縦線はバラツキの幅を示すと云いましたね。正式報告は70mSvもバラツキの範囲と判定しているのですが、名誉教授はその判定は違うと言っているのと同じことになります。挙句の果てに内外の境界線を点線まで上げてしまったら許容値はもっと上がると説明するのです。

冗談じゃないですよ。2.5Km外の人も放射能の影響は受けるのです。
正式報告書は、したがって、バラツキと見ているのですが、名誉教授は被爆してないと言い切ってホルメシス曲線が正しいという示唆をしていることになります。被爆している、していないというのもおかしな話なのですが、それを次に説明します。非常に大事なことです。 
これが、長崎に落とされたプルトニウム原爆ファットマンの模式図です。H)にプルトニウム239があります。これが核分裂して大きな被害をもたらした訳です。

ファットマンの威力はTNT火薬に換算して20キロトンと言われています。広島はウラニウム235の核分裂ですが15キロトン。

それでは一体、原爆に詰め込まれたプルトニウム239の量はどれだけなのだ、というのは秘密なのか正式数字はないようですが、6〜6.5Kgというのが定説になっています。ところが、これが全部核分裂した訳ではありません。
20キロトンの威力から逆算できる人はたくさんいて、核分裂したのは1Kg、効率14%程度ということのようです。
そこで、下の左図のグラフを見てください。放射線量と爆心からの距離の関係ですが、放射線は核分裂したから出るのであって、つまり、核分裂した1Kgの放射線量を示しています。それでは、核分裂しなかった残りのプルトニウム239はどこに行ってしまったのでしょう。
核分裂しなかった放射性金属プルトニウム239(半減期2万4千年)が飛び散ります。その飛び散った粒子が半減期の法則に従って時間と共に崩壊して放射線を出すのです。
花火使って恐縮ですが、アメリカ政府の本土安全省とでもいうのでしょうか、Homeland securityがテロ組織が核爆弾を使った時どうすればいいのかというガイド書を公開をしていて、基本はとにかくしっかりした建物をシェルターにして、そこに隠れろ、降下物(Fall out)を避けろ。時間と共に減少するからというものですが、その降下物が核分裂しなかった粒子です。その距離は風にもよるが爆心から最大20マイル(32Km)を考えなさいというものです。

 


しかし、それでは甘いんです

一時間やそこらで降下するのは粒子の大きなものだけです。そして粒子の大きなものは量が少ない。吸い込むのは粒子の小さなもので空気中に浮遊する。

放射線は左図で確かに2.5Kmで減りますが、2.5Kmの外の人でも微粒子は吸い込みます。内部被爆です。

下のグラフはフクシマからの飛散したものの調査です。

フクシマは原爆じゃないですが、粒子ということになれば原爆で飛ばされたものもフクシマから放出されたものも同じです。いいですか、放射線の話しをしているのではありません。吸い込んだら肺の中で半減期に従って崩壊(放射線を出す)する微粒子の話しです。そして、それが内部被ばく問題なのです。特に、アルファ波を出すプルトニウム239のようなものは。

ここまでで、中村さんのおっしゃる「2.5Kmの外の人は放射線を浴びていないのにガンが発生しているからホルメシスでいいのだ」という説明が間違っているというのはわかりますね。
それでも、中村先生はさらにもう一つの手を使ってがんばります。
イギリスの放射線科のお医者さん(上)、アメリカの原子力船修理造船工(下)の被爆と症状を研究した疫学的評価によるホルメシス正しい論です。
通常、この種の疫学的研究では、原子爆弾製造工場の従業員に対するものが主流で、たくさんあります。説明にはそれらを使う筈ですが、お使いになったのは影響がないようなデータだから都合が良いので引用したと思います。それをチェリーピッキング(cherry pick)と云って、地球温暖化否定論にもよく見られるものです。
この種の疫学上評価には(勿論、中村先生もご存知の筈ですが)問題がたくさんあります。
例えば、仕事に従事する前のデータがない。作業従事以前の既往症のあるなしも明らかではない、喫煙との関係や生活習慣との関連がわからないなど母集団の特性が明らかでないために統計学的に厳密なものではないので、評価自体に疑問があるのです。これも私が勝手に云っているのではないです。世界の毒性学者がそういう指摘をしているのです。
折角がんばったのに、名誉教授ご苦労様でしたと、ぽ〜んと三枚目のキャプチャに行きます。

 

 

これは昨年9月にベルギーから発表されたもので、先ほど述べた母集団の様々な要素を分離して従来のあいまいさをできるだけ除いて評価したものです。世界初のものです。
これで、中村名誉教授や武田教授が盛んに喧伝していたICRPは厳しすぎると云っていたことが全面否定されました。
ICRPでは、セシウムなどに比べてアルファ波を出すプルトニウムなどは5倍毒性が高いという評価で見ていましたが、とんでもない、はるかに高く見なければならないという結果です。

あの対談で、お二人とも低被爆は問題ないと大キャンペーン張った訳ですが、ここで撃沈。
しかし、武田邦彦さんは現状維持で中村さんと対立したかのように振舞って結局、放射能安全説を述べただけなので、な〜んだですが、プルトニウムだからといって人体に特別の毒性はないとおっしゃった方ですからどうしようもないと云えばどうしようもない。笑って済む話じゃないですけど、このブログに取り上げたプルトニウムはただの金属に過ぎないという人たちには本当に驚きました。武田さんは、そういうお仕事ですね。
御用学者とは言いません。ご本人はウランの研究をしていたかのようにおっしゃいますが怪しいですね。

2017.12.11 「武田邦彦さん、知ったか振りは拙いんじゃないですか?

3)健康被害は今後どうなるのか

ここまでの検討でホルメシスが如何に出鱈目なものかというのがおわかりと思いますが、調べれば調べる程だんだん末恐ろしくなります。フクシマから飛散したプルトニウム239の量です。

Natureに掲載された研究では、降下量が長崎の100倍、全世界降下量の10倍。東海村IAEA研究所では世界降下量の7〜23倍、カリフォルに大気が7〜8倍。とにかく膨大な量が飛散した。アメリカが貸してくれた兵器級プルトニウム331Kg全量がなくなったのか、その一部なのか。Natureの長崎の100倍なら、核分裂したものとすれば、1Kgの100倍、100Kg。核分裂してないものだけとしたら、その6〜6.5倍、600〜650Kg。この量は、4号機の冷却プールに保存されていた新型MOXの数と含量(10%程度)から計算はできますね、情報さえちゃんと出してくれたら。

この画像についてここで詳細に触れません。アクセスをブロックされた下記ブログをお読みいただければ、おわかりになります。

ブログには書きませんでしたが、大急ぎで秘密保護法に取り掛かった時に、直感的に4号機隠すつもりだなとは思いました。言い出しっぺがアメリカのパネッタ国防長官ですから軍事関係と一般には思ったでしょうが、変だなと思ってましたから。自衛隊は公務員ですし国会議員も機密保持義務はある。内規を厳格にすればいいだけで唐突な要求に聞こえました。

そして、秘密保護法案の国会での政府の答弁がひどいものでした。あれは無様でした。

ここは推測ですが、パネッタの狙いがわからなかったのじゃないでしょうか?日本版安全保障会議の設立ばかりに目が行ったのでしょう。じゃないんだよ、とアメリカに言われて焦って秘密保護法案に取り掛かった。まさか、4号機を隠すためだ、アメリカから借りた兵器級プルトニウムが4号機を飛散したのを隠すためだと云えないですから、右往左往したというのが本当のところじゃないでしょうか?

東電、日立、東芝などの民間からの内部告発とジャーナリズムを抑えるために。

関係者が秘密漏らしたら、秘密を探し出そうとしてジャーナリストが動いたら・・・10年の刑でしたか。

オバマ大統領は、何が何でもアメリカの兵器級プルトニウムがフクシマと関係ないようにする。
331Kg返せというのには、日本も抵抗したんでしょうね。
頼まれてMOX開発していて地震と津波で事故になってしまった。返せと云ったって返せない。
だから、アメリカはメディアにリークして表面上核不拡散の成功とか言った訳ですね。

しかし、アメリカからの331Kgの兵器級プルトニウムがなくなったと書いていいか迷いました。ブログに落とすまで3か月以上かかりました。
国会初質問という山本太郎さんの質疑YouTubeを見たのは2014年3月頃で、私が「プルトニウム・スペシャル」と題した7回シリーズのブログを書くきっかけになったのがこのビデオでした。毒性関係の研究を調べなければ何の役にも立てないな、と。
そして、7月、怖さ半分でブログしました。
ついでにこれを読むと一層経緯がわかります。
揉めた挙句331Kg返却します:

331Kgがなくなったと思ったIAEA天野理事の話:

2014.03.03「プルトニウム300kg キャンペーン:China

山本太郎さんの質疑画像はYouTubeにリンクしていますので初々しい質疑をご覧になるとよろしいかと思います。
それでですね、これご存知ですか?福島医大が昨年12月に発表した論文です。18歳以下の子供たち29万5000人の49%が甲状腺異常という。これまで、散々因果関係がわからないと逃げを打ってきた。しかし、問題視されていた福島医大のまじめな先生たちからこういう報告(画像にリンク)が出るようになった。もう隠し通せることじゃないです。国連報告のいい加減さがわかりますね?

広島・長崎生存者長期研究で、ガンは年齢と共に発症が増加し、一生の問題と結論していますが、放射能の怖さはガンだけはないということもあります。この表は、その研究にあるものですが、血液、循環系、呼吸器系の病気にも顕著な影響をもたらし、女性の性尿器の感染、男女問わず、肺炎とインフルエンザに罹ることが多くなるとあります。

フクシマを遠く離れた他人事と思っている人がビクっとする調査結果が出ています。

 

 

 

落合英一郎博士は、東京大学で博士号を取得した後、オハイオ州立大学でポスドクとなり、その後東大やブリティッシュコロンビア大学などで教鞭を取る研究者です。

2015年9月28日付論文で、フクシマが日本全国にどのような影響を与えたか読むと怖くなる調査結果を発表しています。

The Human Consequences of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant Accidents

全国の心筋梗塞の増加。

全国の急性白血病の増加。この他の調査もこのブログでご覧になれます。

正直なところ、言葉がないです。
知らぬが仏かもしれません。
実は、今日も外出して立ち話した女性が、ロナルドレーガンなどどうでもいいから安倍倒すことしてくださいよ、と云うんです。60歳くらいの手相見。
二〜三日前には、Facebookでもまったく同じこと言われました。やっぱり女性でした。
フクシマ矮小化、4号機隠蔽というのは、こういうスケールの大きな話しです。怖い話です。
そして、現実の話しです。
放射能の量は、広島・長崎よりもひどいと思います。原爆じゃないので熱と爆風の被害がなかっただけです。
廃炉の危険な作業に騒ぐ。お金いくら使うんだと騒ぐ。
でも、現実に自分の子供、孫たちが大変な目に遭っている。一生ついて回る健康被害の問題には騒がない。
ロナルドレーガンで始めれば必然的に今回述べた大問題に発展する。そして、ロナルドレーガンの方が国際注目を集めやすい。
核廃絶運動している人も、フクシマの実態を明らかにすることで目的達成が早いと思う。
安倍さんが無傷でいることなどあり得ない。3.11前の国会議員すべての問題でもある。有識者会議のうさん臭さを一掃するチャンスでもある。
でも、やっぱり日本・・・か?
臭いものに蓋。見ざる聞かざる・・・・

2018.02.15 Thursday

日本人でいましょうか、どうですか?:フクシマ4号機の深層

本ブログは、2月9日のブログの続編です。フクシマ4号機のもう一歩深層に迫りますので、前編をお読みいただいた方がよろしいかと存じます。

フクシマからのプルトニウム239やウラニウム234などの放射線被害に苦しむロナルドレーガンの水兵さんたちを支援する英文ブログには微妙な点があるので書かなかったことを述べます。

フクシマから放射能が飛んできたプルームに三つの波があるのはこのグラフの通りです。
4号機で時間1000ミリシーベルト以上だったので冷却プールの検査をあきらめた15日に放出された放射能プルームが二つ目の山16日です。そこにプルトニウム239が大量に含まれていました。そして、三つ目の21日の山がアラスカで測定されたウラニウム234が混じったプルームの山と思われます。

アメリカ環境庁が3月24日にカリフォルニアでプルトニウム239、4月1日にアラスカでウラニウム234の大気中濃度が急上昇しているのを確認していますから、第二の山と第三の山の違いは述べた通りです。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前編では、ウラニウム234も最も危険なアルファ波という程度に留めました。今回は、その謎を解き明かします
ややこしいかもいれませんが、ちょっとの間だけ我慢してください。
ウラン鉱石精製過程の濾過液から得られるウラン含量の高い粉末をイエローケーキと呼びますが、その99%以上がウラン238という同位体です。同位体(isotope;アイソトープ)は、同一原子番号を持つ]ものの中性子数が異なる核種を言います。
ウラン238は半減期が40憶年以上で無害と言われています。その中に微量に含まれるより放射性の強いウラン235を濃縮して原子力発電燃料用(20%程度)や原子爆弾用(90%以上)にするのですが、ウラニウム234は微量どころか0.0055%しか存在しないものなので、アラスカで観測されるのは不自然です。前編で紹介した、プルトニウム239の粒子800万個以上を測定した東海村のIAEA研究所も、高い濃度のプルトニウム239と非天然のウラニウム234が何故フクシマから飛んできたのは説明がつかないと言ってます。
何かの所為で含量の高いものがあって、そこから放出されたのではないか疑問に思うのはごく自然です。

もう一つだけ大事なことですので。

普通のプルトニウムと原子爆弾に使うプルトニウムは名前は同じですが別物と考えてください。

原爆に使うものは、プルトニウム239という同位体が90%以上。大体93%ぐらいで、核分裂を邪魔するプルトニウム240の含量を低くした特殊なものです。それを兵器級プルトニウム(Weapon grade plutonium)と呼びます。
日本に48トンぐらいのプルトニウムがありますが、そのまま原爆に使える訳ではありません。
私自身は、4号機に兵器級プルトニウムがあるのはわかってました。それを書いた2014年7月20日のブログはグーグル検索されないようにされ、インターネットエクスプローラ、クローム、ファイアフォックスの三大ブラウザからのアクセスをブロックされました。今でもそうです。インターネットエクスプローラは穴があるらしく、そこを経由したアクセスはぼちぼちありますが、クロームは完全にブロックされてます。
3年半前から要注意人物なんですね(苦笑)。でも、そういうことをやられると何を?と思う性格ですから益々知りたくなる。放っておかれたらここまで来なかったと思います。そういう意味ではブロックに感謝ですね。
実は、この兵器級プルトニウムの話が微妙なのでアメリカ人である被爆された水兵さん対象の英文ブログには触れてません。話を進めます。
アメリカとロシアは兵器級プルトニウムをたっぷり持っています。
2000年に両国は、余分な兵器級プルトニウムを削減しようと合意しました。
兵器級プルトニウムに劣化ウランを混ぜて原発に使う新しいタイプのMOX燃料を製造してプルトニウム239の含量を少なくして、それを原発で燃料棒として燃やして、そこから兵器級プルトニウムを作れなくしてしまうという合意です。
(注)劣化ウランは、ウラン235の含有率が天然ウランの0.720%より低くなったものと定義されています。先ほど述べた原発用ウラン235は20%程度、原子爆弾用は90%以上にというように含量を高める作業を濃縮と云いますが、その作業の副産物として生成されるものは、ウラン235の同位体存在比(234ウランなどの他の同位体全体の比)が0.2から0.3%と半分未満だそうです。これから考えるとアラスカでウラニウム234が高い理由はやっぱり別の原因があるからに違いないと思います。そのためにもう少しアメリカとロシアの削減合意の成り行きを見ます。
その新しいタイプのMOX燃料製造のためにアメリカは新しい工場を新設しました。サバンナ・リバー・サイト。

ロシアはこれまで地図に載せなかった場所の岩盤の下200メートルのトンネル工場。

ところが、サバンナ・リバー・サイトのウェブサイトを見て疑問に思ったことがありました。経費のカーブです。

2006年からの経費の伸びがおかしい。普通は、オレンジのカーブを取ります。何故かなと調べてみると、アメリカは、ロシアのやり方ではもっとプルトニウムが増えると疑ったらしい。それで話し合いをやり直し始めたのて工場の活動が鈍化したというのがわかりました。

高速増殖炉は拙いから高速中性子炉じゃなきゃならんとか、私には難しすぎてわかりませんが、まあ、そういう類の話で、2000年の合意内容を変えた訳です。それが、2010 Protocol。製造方法の変更です。

ここに、「高速中性子炉に切り替えることに批判の声が大きい」というのを記事から引用しましたが、これを念頭に置いてください。

こんな製法に関する問題があったのかと思いながらいろいろ調べていくと面白い記述に出会いました。
新鮮な劣化ウラン”って、刺身か?ですよね。でも、電子が飛び出して放射能を出して別の原子に変わる(それを崩壊と云います)訳ですから、活きのいいやつかどうかということなんですかね。
笑っちゃいましたが、そこに、ハッとした説明がありました。
再処理したウランを濃縮したばかりの新鮮なものにはウラニウム234の含量が多いと。
この記述はすべて英文ブログに出所を明記しています。
そうするともう一度ちゃんと見なきゃならないなとなります。
4号機の炉心の燃料棒は使用済み燃料冷却プール(Spent Fuel Pool:SFP)に移されて、炉心は運転が止まっていたのです。IAEA テクニカル・レポートにそうあります。2010年11月30日以後運転停止。フクシマ地震の4か月前から止まっていたということになってます
しかし、事故後、何も行われていなかった空の筈の炉心にも設備冷却プールというのにも熱の発生が見られます。

原子炉の構造です。(東電の資料から)

そして、これです。真ん中から白い蒸気みたいなもの。3月24日。

位置合わせしてくれた人がいます。炉心から白い煙が上がっている。燃料棒を取り去った後の炉心から。

英文ブログに、炉心で兵器級プルトニウムに混ぜる劣化ウランを製造するために使用済みウランの濃縮を行っていたのではないのか、設備プールに熱があるのは、ウラニウム234の含量が多くなった新鮮な劣化ウランを貯蔵していたのではないのかと指摘しました。
そうでなければウラニウム234が飛散してきた理由がわかりません。
ウラニウム234が放出されたのは事実です。4号機の使用済み燃料プールにあった未使用の新型燃料棒は兵器級プルトニウムと劣化ウランから製造した新型MOX燃料棒だったのだろうと推測して検討を続けました。そう推測(仮説)しなければ、カリフォルニアに3月24日に到着したプルトニウム239と4月1日にアラスカに到達したウラニウム234の時間差の説明が付きません。
大変なんですよ、方眼紙の目盛り数えて三つおきに縦線引くの。目がちらついて。

技術の細かいことは私にはわかりませんので、飛散実態(事実)だけを基にして赤外線サーモグラフと照合した論理的推測から、実際に作業していた技術者に尋ねればいいのじゃないのか、というのが英文ブログパート兇力聖櫃任后
検索されなくされたブログに書いたようにアメリカが貸してくれた兵器級プルトニウム331Kg(約728ポンド)は東海村に保管されていた筈なのです。それが、”何故か”4号機にあってメルトしたという当時の推測が、今回の検討で、”何故か”が解消した訳です。
アメリカが兵器級プルトニウム使って劣化ウランと混ぜて新しいMOX作る実験してくれないかと日本に頼んだのでしょう?
あのサバンナ・リバー・サイトの注釈に書いた英文に、「高速中性子炉に切り替えるのに批判の声が大きい」というのを記載しましたが、取り敢えず、日本に貸した兵器級プルトニウム使ってやらせてみるかとなったと思います。
地震と津波に襲われるなど思いもしませんでしたから焦った。だから、情報公開法(FOIA)のメールのやり取りも4号機ばっかり。
世界原子力協会も言ってますが、この兵器級プルトニウムを使うMOXは厳密な核不拡散条約の対象です。大体、東海村からフクシマに移すのも違反です。
しかも、飛散したのがアメリカが貸してくれた兵器級プルトニウムです。
どうしようもないですね。Natureに掲載されたの論文では、長崎の100倍、全世界の10倍のプルトニウム239の降下量です。
隠しますね。何があっても4号機はなかったことにする。
IAEAテクニカル・レポートも、4号機は一切無視。何も起こらなかったことにしました。必死でしたよね、が、ボロが出た。
これ。
3月15日、冷却プールの検査に扉開けたら、ドッシメータの上限1000ミリシーベルトだったのであきらめたという記載。これも、どうしようもない。出ちゃったから。

しかし、冗談じゃないですよ。この3月23日の甲板作業。ウラニウム234が放出されたのが3月21日。防護マスクも着用せずに。プルトニウム239と同じアルファ波を吸ったのでしょう。

英文ブログのタイトルをDouble downにしたのは、第二波でプルトニウム239、第三波でウラニウム234かと。何と運の悪い人たちなんだろうとがっくりしながらも、これで勝てるじゃないかという思いを込めたからです。

他人事じゃないです。私たち日本人にとって勿論大問題です。

プルームの大部分は太平洋に流れたから大丈夫なんてウソです。関東一円すっぽり濃い部分に入ってます。

そして、これ。

粒子の大きいのは地上に落下します。それも怖いのですが、1ミクロン(1000分の1ミリ)以下の粒子は空中に浮遊するし、雨で地上に降下したものは風が吹けばまた空中に戻ります。大気に県境も国境もないです。今、全国に広がっている様々な病気の異様な上昇は、やはりフクシマの影響と見た方がいいでしょう。
これは東京ですけど、東京ばかりじゃないです。

甲状腺がんの全国。他の病気もデータありますが同じ傾向です。

兵器級プルトニウムを使ったMOX燃料を開発していたことを知った上で4号機に蓋をしたのは誰かなと考えますね。
恨みはなくとも知りたいです。今後のこともありますから。
オバマは笛吹童子です。

当時の国務長官ヒラリー・クリントンも知っていただろうと思います。あの米ロのプルトニウム削減合意記事から推測すると。
東電は知ってますし、技術者がいましたからGE-日立も知ってます。が、当時の菅総理、枝野官房長官には疑問符が付きます。
問題が問題ですから、本当に極めて限られた人しか知らないでしょうね。実際、管当時総理は東電の情報統制にいらいらを昂じていたのは事実ですから。 
安倍さんは?というと、2010年11月30日の4号機の炉心を空にした時、この方は政権にはいませんでしたから知らなかったかもしれません。しかし、総理大臣になってからは知ったでしょう。4号機から兵器級プルトニウムが飛散したことは知っています。2014年にオバマが331Kg返せと云った時の当事者ですから。
IAEAの天野さんは勿論。
返すと云ってから返還船が出立したのは丸二年後ですからね。東海村に全部ちゃんと保管していたらそんな時間必要ないです。

小泉純一郎?
手の平返したような原発中止、石棺、友だち作戦支援基金。フクシマ以後の言動から多分、知っていると思う。アメリカとロシアの兵器級プルトニウム削減合意はジョージ・ブッシュが大統領になる一年前。ブッシュとお友達だったから、地獄耳の小泉さんが経緯を知っている可能性は高い。東京オリンピックに反対という噂もある。MOX開発は知らなくとも4号機からの兵器級プルトニウム飛散は知っていたでしょう。

いずれにしても、4号機の実態を知る政治家は数える程度と思われます。最高機密の類です。
恨みはないですが、許せないと思う人たちは腐るほどいます。

こんなブログを読むと全体がもっとわかると思います。
プルトニウムを安全と云ってた人たちには驚きました。よくまあ、今もいけしゃあしゃあと生きていられるものだ。しかし、フクシマ事故直後に云っていたということは、政府か東電かIAEAの手先と見てもいいのでしょうね。
政治家が大きな顔するのは、一般人が知らない情報を握っていると思っているからです。
大きな顔されたくなかったら、こっちが知らなきゃどうにもなりません。
フクシマ4号機は特別なんですよ。広島・長崎と同じ。違いは原爆じゃないだけ。放射能の飛び散りは同じ。
日本人ばかりじゃない。世界の人々の命の問題です。
権威ってのは、お前たちが知らない知識を持っていると威張っている存在ですね。
今回、色々な文献漁って一番失望したのがこれです。京都大学の人たちが行ったフクシマ報告。2014年の発刊。

これしかないですからね。がっかりしました。1号機と3号機。ヨウ素とセシウムだけ。

民主主義というのは、権力と権威に騙される仕組みです。
片方で民主主義を信奉しながら、ほとんど盲目的に権威を信じる人が圧倒的。
時の権力の悪口言って騒いで、別の権力にすがろうとする。
フクシマ4号機の隠蔽は、アメリカの弱みであり、日本の政治・官僚構造の弱みです。隠さなきゃならないのは弱みだからです。
こっちが知っちゃったら立場は逆転します。精神的に臆するところがなくなるという意味です。常に、相手を上に見ていたら言いたいことも言えません。戦うことなどできません。
無茶してきたら、「な〜に言ってるの?人命無視して、隠蔽しちゃって」か、「な〜に言ってるの?あなただって隠蔽に騙されたくせに」のどちらかですから。
劣化ウランを知るはるか前に作成したものですが、隠蔽戦略の全貌をどう暴いて日本をまっとうにするか考えたものが下の図です。そこにアメリシウム241というのがありますので、ちょっと付け加えます。

兵器級プルトニウムの説明をしましたが、プルトニウム239を90%以上含有しているので、崩壊過程が重要なんです。

239の半減期は24,000年です。239が崩壊するとプルトニウム240になりますが、これは不安定ですぐにプルトニウム241になります。この半減期が14年。これはアルファ波ではないです。フクシマから既に7年です。指数関数で変化しますから、プルトニウム241はアメリシウム241に変化しています。これが、嫌なアルファ波。半減期433年。
プルトニウムはただの金属だとか、低被爆は健康にいいみたいなこと言って、ホルメシスという偽理論ででごまかして許容被爆値を上げ、4号機をなかったことにして東京オリンピックでフクシマそのもの過去のものにしてしまう。そういう戦略です。東京に選んだ人が誰かも想像できます。
オリンピックに出場するために懸命に頑張っているアスリートたちを可哀そうに思いますし、工事で仕事を貰っている人たちにも気の毒ですが、Natureの報告では、ピークが2080年となってます。
241アメリシウムのように239プルトニウムに比べて半減期の短いものに変わるからです。こんな状況でどうして東京オリンピックなど開催できますか?
私だって焦りますよ。東京じゃなくともオリンピックはできます。アスリートたちの気持ちを思えば、今年夏ぐらいには他の国でできるようにしなければならないでしょう。それが遅れると2020年オリンピックそのものが出来なくなりますよ。

放射能被害は確率の問題です。自分は確率から外れるかもしれないと祈ってもう一回やり直すんですよ。手はありますから。
日本人としてどうしますか?
2018.02.13 Tuesday

Double down: Help brush up my English Part

Japanese people were privileged to feel the courage to live out the jeopardy thanks to American soldiers' dedicated activity.

Even if they were on the official mission of "Operation Tomodachi", unless each one of them have a warm heart caring for others in misery, they could not be so sweet for kids and such a scene as two men taking hold hands so firmly could not be seen.

・    

Caring mind and kindness for other people in catastrophic situations may be inherent nature of human being regardless of race or gender. This is the origin of peace and hormony.    

This is Partto support the Class Action of unfortunate sailors of USS Ronald Reagan who suffer chronical health damage by the internal radiation exposure from Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant(DNPP).
   
 
1) Seven years since・・・
402 unfortunate victimes of Fukushima DNPP accident.
This lady has lost her eye-sight soon after this photo was taken. Watch the video here.

Although the position of USS Ronald Reagan of March 23 is not on the map, I have been curious why these sailors didn't wear any protective gear while working on the deck. 
   
Massive radiation plume from Unit 4 on March 15 arrived at California on March 24 as discussed in part. It took 9 days to get there.
・ 

There were three waves of radiation plume from Fukushima DNNP and the second wave was the major focuss of the discussion in Part

The third plume wave is the theme to discuss here.
 

The third wave was observed at the IAEA laboratory 100 Km south from Fkushima DNPP on March 21 and the wave reached Alaska on April 1, 11 days later if 234U were a major nuclide of the plume. 
2) Where did U234 come from?
・  
Let's take a look again at photographs of that Facebook site partly quoted in the part.
  
It was March 15 when more than 1000 mSv/h was detected inside Unit 4 (in Part ) and smoke and steam were from spent fuel pool(SFP) as seen on March 18 and March 20, respectively.
And regarding the heat signiture of March 20 (below), the author says that heat signiture is observed in the core, Equipment pool and SFP but SEP shows more heat.  

The next two photographs are of March 24 to see the steam rising the center but not from SFP. 
・ 

The heat signiture of the same date to show that the core is the highest heat source.

The core, SFP and Equipment pool, all of them show high heat signiture on March 28.

The steam observed at the March 24 photograph is from the reactor core but not from SFP in the structural perspective below.

The web site owner's comment goes; 

This picture shows reactor 4 bellowing steam from the centre of the building (Top Pic) where the core is located. The bottom picture shows reactor 4 building lay out sized to the same size as the top picture. We can see the equipment pool on the left of the bottom pic (north) and the spent fuel pool on the right (south) We can also see the the equipment pool is not as deep as the core or the spent fuel pool meaning if low water condition existed the fuel in the equipment pool would burn and meltdown first. This would explain the molten mass out the north wall of R4, it would also explain why R4 north wall is pushed out and caved in at the top.

R3 exploded before R4 and R4 north wall was not pushed in then it had to of happened from the high heat of a fire when the equipment pool melted down and left the building which caused reactor four hydrogen to build up and explode. 

There is no question I think, TEPCO and the nuclear industry are lying about Reactor 4. Is the SFP all burned up? I don't think it all is... but its defiantly damaged and defiantly lost some fuel. Pictures show steam so that means water and current 2013 images show intact fuel so it could not have gone completely dry as there would not be such intact fuel assemblies as we see now. 

Did the equipment pool go dry? well it looks like it

Did the core burn? well it looks like it

Did the R4SFP burn? well it looks like it did partially not fully.  

It is a mystery if there was a specific reason for US EPA monitorerd 234Uranium as a target compound because 234Uranium occurs as an indirect decay product of uranium-238, but it makes up only 0.0055% (55 parts per million) of the raw uranium.
The answer is not known but IAEA Technical Report page 119 states;
・ 
Unit 4 had been shut down for the planned refuelling outage since 30 November 2010. The reactor was disassembled, with the head removed at the time of the earthquake. The cavity gates were installed, isolating the SFP from the upper refuelling pools. All fuel assemblies had been transferred from the core to the SFP. In total, 1331 spent fuel assemblies and 204 new fuel assemblies were stored inside the SFP, having an estimated decay heat of 2.26 MW by 11 March. The SFP temperature was 27°C at the time of the earthquake. 
Let's take the statement as it is but no public information is available about 204 new fuel assemblies because IAEA Report says as discussed in Part that they didn't consider core invenories of Unit 4 at all and SFPs of Unit 1 to 3. 
Let's proceed the discussion with a hypothesis that those 204 new fuel assemblies were new type of MOX fuel.
3) 234U from Depleted Uranium for MOX fuel?
There are some grounds for this hypothesis;
1) 239Plutnium released from Unit 4 is the main component of weapon grade plutonium and 2) MOX fuel development using weapon grade plutonium mixing with depleted uranium has been the popular agenda as read in the bold text of the capure of World Nuclear Association.  

Here are their explanation;
The plutonium, as an oxide, is then mixed with depleted uranium left over from an enrichment plant to form fresh mixed oxide fuel (MOX, which is UO2+PuO2). MOX fuel, consisting of about 7-11% plutonium mixed with depleted uranium, is equivalent to uranium oxide fuel enriched to about 4.5% U-235, assuming that the plutonium has about two-thirds fissile isotopes. If weapons plutonium is used (>90% Pu-239), only about 5% plutonium is needed in the mix. The plutonium content of commercial MOX fuel varies up to 10.8% depending on the design of the fuel, and averages about 9.5%. Fuel in an EPR with 30% MOX having less than 10.8% plutonium is equivalent to 4.2% enriched uranium fuel. An EPR with 100% MOX fuel can use a wider variety of used fuel material (in relation to burn-up, initial enrichment, plutonium quality) than with only 30% MOX.
Recovered uranium from a reprocessing plant may be re-enriched on its own for use as fresh fuel. Because it contains some neutron-absorbing U-234 and U-236, reprocessed uranium must be enriched significantly (e.g. one-tenth) more than is required for natural uranium. Thus reprocessed uranium from low-burn-up fuel is more likely to be suitable for re-enrichment, while that from high burn-up fuel is best used for blending or MOX fabrication.
Then, read about Depleted Uran munition regarding U-234 produced in the process of Uranium enrichment below the capture.
・ 

Like most radionuclides, it is not known as a carcinogen, or to cause birth defects (from effects in utero) or to cause genetic mutations. Radiation from DU munitions depends on how long since the uranium has been separated from the lighter isotopes so that its decay products start to build up. Decay of U-238 gives rise to Th-234, Pa-234 (beta emitters) and U-234 (an alpha emitter)m. On this basis, in a few months, DU is weakly radioactive with an activity of around 40 kBq/g quoted. (If it is fresh from the enrichment plant and hence fairly pure, the activity is 15 kBq/g, compared with 25 kBq/g for pure natural uranium. Fresh DU from enriching reprocessed uranium has U-236 in it and more U-234 so is about 23 kBq/g.)

If the thermographic picture is genuin, there was high heat signiture in the core and equipment pool beside SFP, which means that there were something to generate heat even if "All fuel assemblies had been transferred from the core to the SFP" as the IAEA Technical Report states.
What is something?
According to the heat signiture of March 20, SFP shows more heat than the core and equipment pool.
But there were heat source in the core and equipment pool.
What are the heat sources?
As IAEA Technical Report says that water injection into SFP of Unit 4 began on March 22, it seems that something very bad happend either in the core or equipment pool, or both perhaps just before March 21.

The plume dispersion speed analysis may provide some insight about extremely high radiation levels inside Unit 4 detected on March 15 that its source was most likely from SFP but neither from the core  nor from equipment pool.
・   

The discussion from various angles so far leads to the strong doubt that 234Uranium was released from the Fresh Depleted Uranium made from enrichment of reprocessed uranium in storage in the equipment pool and/or the product in process in the core.    
Let's review the thought process whether this strong doubt is the result of cherry picking or not.
・ 
4) Uncertainty 
・ 
Start with Hypothesis based on some facts and general knowledge to lead to find out specific questions for further investigation on 1) Uranium enrichment process and 2) Depleted uranium storage.
  

Spent fuel pool has nothing to do with the U enrichment or depleted uranium storage?
Wait. DP storage may do with Equipment pool.
Nuclear core, IAEA Report says, was empty but there is heat signiture. U enrichment took place there? I don't know.
U234 release seemed four or five days after the massive radiation release from Unit 4 on March 15 which is obvious and true.
And the tail of the third wave is long and radiation level is high. No one has ever discussed the third wave. 
The journey of thought process starting with the hypothesis has taken us to the most likely conclusion as the natural flow of logic.
There is no cherry picking here.
And more importantly,  this logical thinking process provides us very specific questions to ask for the engineers or scientists working on the project to develop MOX fuel in question.
Take notice that it is the very engineers only who can answer those questions. 
 
This is a tentative answer to "The question why so much 239Pu and very unnatural  234U were released from Fukushima DNPP remains but a logical corollary is possible to be discussed some other time soon." stated in Part .
There is some other factors to have taken into concideration for this corollary but it is not the issue for the imminent need for the Class Action.
I can't help shivering with the fright that those sailors were exposed to both 239Pu from the second plume wave and 234Uranium from the third plume wave. Both are deadly alpha emitters. 

I assume that the next question will arise if there was weapon grade plutonium in Unit 4.

The answer is yes but as it may be unnecessary to push back the decision about the venure in San Diego, further discussion on this matter is put hold. 

Rather, it is deemed critical and imminent how to proceed the Class Action from now on after the judge accepted the counterargument.

5) Suggestions

Let me make sure that two important premises before discussing strategy framing.

1) I don't think the "sympathy or empathy" kind of approach will work for this case. That is why the entire discussion made so far is based on scientific papers and general information from open source to make the argument objective as much as possible. 
2)  It is an individual victim or sailor that fights against injustice and unfairness. If each one of plaintiff understand and agree with this scientific and comprehensive approach to find the truth of Fukushima DNPP, it would be much easier to frame the strategy because there are many things plaintiff can do for the implementation of the strategy. They are the core to move this difficult challenge forward.  
Assuming that these premises were agreed, the next step would be;
・     
Saylors make utmost efforts to disseminate Partand Part to get public understanding of the reality of alpha emitters, while discussing the trial strategy with lawyers.
 If the lawyers agree with the suggested approach, the team of voluntary scientists will have to be formed to support lawyers in the technical perspective. Expertise required ranges from fluid dynamics, particle kinetics, radiation toxicology to respiratory mechanism. This is to counter against possible counterargument at the court. 
Just memo to find out appropreate and voluntary professionals by the area of expertise;
Condensation nuclei - Tiny particles invisible to the human eye, such as dust, dirt, and pollutants, that provide surfaces on which water molecules can condense and gather into water droplets.
The paper studied the method of keeping fine particles from aggregating in the air by electrostatic dispersion. The effects of electrode voltage, diameter, humidity and rest time, as well as van der Waals forces, electrostatic forces and liquid bridge forces between particles on electrostatic dispersion of powder were discussed. It was shown that optimal electrostatic dispersion effect of calcium carbonate and talcum particles can be achieved with corona voltage of 29 kV, particle size of 2–25 μm, and proper rest time of 48 h. Criteria for electrostatic dispersion were put forward on the basis of experimental results. Theoretical calculation indicated that the criteria for electrostatic dispersion were in good agreement with experimental results.
ABSTRACT – The ICRP 66 lung model may be used to determine dose estimates for members of the public via the inhalation pathway. A significant source of uncertainty in internal dosimetric modeling is due to particulate deposition in regions of the respiratory tract. Uncertainties in estimates of particulate deposition are present because model input parameters have their own inherent variability. These sources of uncertainty need to be examined in an effort to better understand model processes and to better estimate doses received by individuals exposed through the inhalation pathway. An improved understanding of the uncertainty in particulate deposition will further guide research efforts and improve our ability to quantify internal dose estimates. The ICRP 66 lung deposition model is most sensitive to breathing rate when 1 µm AMAD particles are inhaled by members of the public. Uncertainties in deposition fractions are shown to span an order of magnitude with their distributions varying by gender for a particular lung region. The largest fractional deposition occurs in the deep lung alveolar and extrathoracic regions.
On the basis of environmental radiation monitoring results at the Nuclear Fuel Cycle Engineering Laboratories, Japan Atomic Energy Agency, following the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, the dry deposition velocities of radionuclides on the ground were estimated. As a result, the estimated dry deposition velocities for Iodine-131, Cesium-134, Cesium-136 and Cesium-137 were in the order of 1 mm/s, and were the same order of those estimated in other studies. The estimated dry deposition velocities varied according to the variations of the ratios of the particulate and gaseous forms of their radionuclides and meteorological conditions such as wind speed.
・ 
The Fukushima nuclear accident released radioactive materials into the environment over the entire Northern Hemisphere in March 2011, and the Japanese government is spending large amounts of money to clean up the contaminated residential areas and agricultural fields. However, we still do not know the exact physical and chemical properties of the radioactive materials. This study directly observed spherical Cs-bearing particles emitted during a relatively early stage (March 14–15) of the accident. In contrast to the Cs-bearing radioactive materials that are currently assumed, these particles are larger, contain Fe, Zn, and Cs, and are water insoluble. Our simulation indicates that the spherical Cs-bearing particles mainly fell onto the ground by dry deposition. The finding of the spherical Cs particles will be a key to understand the processes of the accident and to accurately evaluate the health impacts and the residence time in the environment.
169Yb as tracer for plutonium(EPA)
Beagle dogs exposed to 238PuO2 aerosols (136 dogs, 13-22 per group, mean initial lung depositions of 0.0, 0.13, 0.68, 3.1, 13, 52 and 210 kBq) were observed throughout life to determine tissues at risk and dose-effect relationships. The pulmonary retention of 238Pu was represented by the sum of two exponentially decreasing components of the initial lung deposition; about 84% cleared with a 174-day half-time; the half-time of the remainder was 908 days. The average percentages of final body burden found in lung, skeleton, liver and thoracic lymph nodes in the 30 longest-surviving dogs (mean survival 14 years) were 1, 46, 42 and 6%, respectively. Of 116 beagles exposed to plutonium, 34 (29%) developed bone tumors, 31 (27%) developed lung tumors, and 8 (7%) developed liver tumors. Although lungs accumulated a higher average radiation dose than skeleton, more deaths were due to bone tumors than to lung tumors. Deterministic effects included radiation pneumonitis, osteodystrophy, hepatic nodular hyperplasia, lymphopenia, neutropenia and sclerosing tracheobronchial lymphadenitis. Hypoadrenocorticism was also observed in a few dogs. Increased serum alanine aminotransferase, indicative of liver damage, was observed in groups with > or =3.1 kBq initial lung deposition. Estimates of cumulative tissue dose in a human exposed to airborne 238PuO2 for 50 years at a rate of one annual limit on intake each year were derived based on a comparison of the data on metabolism for humans and beagles. The 50-year dose estimates for humans are an order of magnitude lower than doses at which increased incidence of neoplasia was observed in these dogs, whereas the projected doses to humans from 50-year exposure at the annual limit of intake are of similar magnitude to those at which deterministic effects were seen in the beagles.
Biological effects of inhaled (PuO2)-Pu-238 in beagles | Request PDF. Available from: https://www.researchgate.net/publication/13888172_Biological_effects_of_inhaled_PuO2-Pu-238_in_beagles [accessed Feb 12 2018].
Stochastic effect
In a stochastic effect, increasing the dose increases the probability of damage, but the severity of the effect is independent of the dose. Cancer induction and genetic effects are stochastic effects. Stochastic effects are governed by probability. A particular gene in the DNA is or is not damaged. There is no middle ground. The results of a lottery drawing are similar to a stochastic event. Buying more tickets (higher dose) increases the chances of winning but does not increase the prize.
Microscopic analysis of tissue section may be possible?
The black star shows the tracks made over a 48 hour period by alpha rays emitted from a radioactive particle of plutonium lodged in the lung tissue of an ape (the particle itself is invisible). In living lung tissue, if one of the cells adjacent to the particle is damaged in a certain way, it can become a cancer cell later on, spreading rapidly through the lung, causing almost certain death.
Example of prevailing report of Fukushima accident by Kyoto Univ.
(Nothing about Unit 4, which is the reality of Japan) 

Ready to go!

     

2018.02.09 Friday

日本人辞めちゃったんですか?助けてあげましょうよ

お世話になったんですよね。

2万4千人も動員されました。その中に本当に運の悪い人たちがいます。
真っ先に日本に駆け付けた航空母艦ロナルドレーガンの水兵さんの中に、もっとも危険な放射能の小さな粒を吸ってしまった気の毒な人たちです。他の兵士でも、そうなったかもしれないのです。
ガイガーカウンターではチェックできないアルファ波を出すプルトニウム。長崎の原爆に使われたのと同じもの。セシウムとはかなり性質が違います
402人がひどい症状になってしまってどうにもならない。
身体はダメになり働くこともできない。何とかしてくれと止む無く東電などを相手に裁判起しました。
三年前にカリフォルニア州サンディエゴで。
こういう裁判では必ず出ますね。因果関係がわからないとか・・・東電などもそう言っています。
今年の年始めに裁判長が、「サンディエゴで裁判を起こす意味がわからない。みなさんがアメリカに戻ってきてから症状が出るというのを東電は知っていたのだろうか?それを証明しない限り、ここで裁判できない」と突っぱねたんです。
“There is no targeting here. Plaintiffs’ allegations that the effects of TepCo’s conduct were felt by American citizens while on U.S. ships, one of which with a home port of San Diego, are too attenuated to establish purposeful direction,” Sammartino wrote.

Sammartino added the sailors “have provided no information to support an assertion that TepCo knew its actions would cause harm likely to be suffered in California.”

Judge: Sailors’ Fukushima Radiation Case Doesn’t Belong in US」(BIANCA BRUNO January 5, 2018)

困ったな〜と思いました。
しかし、今度は私たちが恩返しする番だな、と。

Now, it is our turn to repay for their favor as Japanese.

水兵さんたちがカリフォルニアに戻ってから被害が現れるというのを東電がわかっていた証拠を提出するなんて難しいことじゃない。

It is not difficult for the sailors to provide "solid information to support an assertion that TepCo knew its actions would cause harm likely to be suffered in California." 

水兵さんたちがプルトニウムを吸ったのを証明できたら、因果関係がどうのという責任逃れもできなくなるということだな。
ちゃんとした証拠はあるよ。

If there is evidence to prove the sailors were exposed to radiation plume from Fukushima including the inhalation of deadly alpha emitters, the issue of clinical causal relations would be out of question.

Yes, there is solid evidence. 

1)放射能拡散とロナルドレーガン

1) Radiation plume diffusion and USS Ronald Reagan 

フクシマから南に100Kmにある東海村のIAEA研究所が飛んできた放射能の日付を記録してたんです。3月15日の朝1時から上がり始めて、15日の朝8時、16日の朝5時、21日の朝4時という三回のピークがあったんですと。このデータ見れば一目瞭然ですね。

The date of massive radiation release from Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant(DNPP) was monitored at IAEA Research Station of Tokaimura in Ibaragi Pref. located about 100 km south of FDNPP.

The report says that the air absorbed dose rate began to increase from about 1 am on 15 March 2011 and varied over time, with three peaks: 4.8 μGy/h, 2.1 μGy/h and 3.1 μGy/h at 8 am on 15 March5 am on 16 March and 4 am on 21 March, respectively.

データの出所はここです。

From;

「Results of environmental radiation monitoring at the Nuclear Fuel Cycle Engineering Laboratories, JAEA, following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident」

Masanori Takeyasu ,Masanao Nakano,Hiroki Fujita,Akira Nakada,Hitoshi Watanabe,Shuichi SumiyaJapan Atomic Energy Agency , 4-33 Muramatsu, Tokai-mura, Naka-gun , Ibaraki , 319-1194 , Japan 

Pages 281-286 | Received 15 Nov 2011, Accepted 26 Dec 2011, Published online: 20 Feb 2012

http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/00223131.2012.660014

同じ研究報告書からですけど、こういうチャートもあります。

From the same paper;

3月22日を除くと3月15日と17日に二つの放射能の霧の波がありますね。この波の日付を頭に置いてください。

There are two radiation plume waves during March 15 and 17 before another peak on March 22. 

この英文は前に書いたことの繰り返しですからどうでもいいですが、このビデオを見て欲しいですね。

More than 400 sailors of USS Ronald Reagn, on the mission of Operation Tomodachi for disaster relief and support for Japanese casualties caused by Fukushima catastrophic disaster, were exposed to radiation plume and their health hazards are beyond imagination as watched in this documentary film released by dailymotion. Click the image.

 ・

https://www.dailymotion.com/video/x63roud

・ 

画面にあったロナルドレーガンの航跡マップです。

The map below is the screen shot from the video demonstrating the trail of USS Ronald Reagan.

 ・

3月16日の朝6時にどこにいたか覚えてください。

This map shows its exact location at 6:00 of March 16.

下に距離を示す地図があるので、16日朝6時の位置がフクシマから160〜250Kmなのはわかります。IAEAの研究所は南に100KmでTochigiの文字周辺の海寄りです。
Comparing with the map below, its location at 6:00 of March 16 above is somewhere between 160Km and 250Km from Fukushima DNPP.

And the IAEA laboratory which made the first two charts is located 100Km south, near the coast around the letter of Tochigi.  

・ 

次のマップ。これ、すごく大事なんですけど見たことないんじゃないですか?3月15日に気象庁が18日までどんな具合に放射能が拡散するか予測したものです。大事なのはここなんです。よく聞いてください。フクシマに1号機から4号機まであって、1〜3号機はやられたけど4号機は大丈夫だったと思ってますね。
このシミュレーションは、4号機からも放射能が出たという想定で作成したものなんです。今でもあるかどうか知りませんけど、気象庁のデータベースに2年前まではありました。

The next simulation of plume dispersion was released by Japanese Meteorological Agency on March 15 for the prediction up to March 18.

Be noted that this simulation was made assuming 100% radiation release from Spent Fuel Pool(SFP) of Unit 4.  

前の航跡マップに3月15日正午を青で囲って18日までの日付に赤線を引きました。どこにいたかが大事なので。

The tailing map again from March 16 to March 18 (underlined) with the location at March 15 12:00 in blue square.

ロナルドレーガンはうろついてますが、気象庁のマップで放射能が一番濃いエリア内ですね。可哀そうに。

It seems obvious that Ronald Reagan moved around but only within the thickest plume zone.

ところで、東京からサンフランシスコまで直線だと8,280Kmです。3月24日にカリフォルニアの大気中のプルトニウム239というのが急上昇しました。アメリカ環境庁の調べたもの。ほとんど知られてませんですけど。
これから単純計算すると放射能の霧は時速38Kmぐらいで移動することになります。とにかく出た場所とモニターした場所ははっきりしてますから、そんなものかと思うだけでいいです。

The next image shows how fast the radiation plume traveled, probably with the help of Coriolis effect, up to March 24 when US EPA monitored the surge of 239Plutonium in the air above California.  

下がモニターのチャート。いきなりピッですものね。到着日がはっきりわかります。
右端二本は、伸ばせなくなったからで同じ日。横の線から見ると大体8倍くらいになってます。この8倍というのも頭に入れて置いてください。

The EPA chart indicates about 8 times the base line. Two bars on the right are of the same date. 

このチャートの出所は、放射能の微粒子がどれほど危険かという貴重なものからです。日本語の研究報告です。

The chart is from the second source of the report entitled; Hazardous nature of radioactive particles released from Fukshima DNPP accident published Octover 30, 2014 by Etsuji Watanabe et.al. in Japanese language.

http://hibakutokenkou.net/uploads/report20160321084313.pdf

2)逃げるチャンスを逃した:時間の問題

2) Lost opportunity to escape: a matter of time

これまで覚えてくださいと言った日付の問題を整理します。最初二つのグラフを出した研究所によると、最初の放射能の波は、3月12日の1号機の爆発と14日の3号機の爆発から来たもので、第二波は、15日に見えた2号機と4号機からの白煙によるものと云います。

The sailors were exposed to the first plume wave released by hydrogen explosions occurred in the Unit 1 and Unit 3 reactors on March 12 and 14, and the second wave by the white smoke observed at Unit 2 and Unit 4 reactors on March 15, according to the researchers of the study mentioned above. 

政治的な理由なんでしょうが、4号機からの放射能放出は大衆の目から隠されてます。あなたもそう信じてますね。ところが、東電も日本政府も4号機からの大量の放射能漏れを発表していたんです、3月15日。11時時点で時間当たり400ミリシーベルトと読売新聞のキャプチャにそうあります。
この時間にロナルドレーガンがどこにいたか見てください。

Although the radiation release from Unit 4 is politically hidden from public eye,  both Tepco and Japanese government announced the massive radiation release from Unit 4 around 11AM of March 15 as much as 400 mSv/h as shown in the screen shot of the article of Yomiuri.

Take a look at the trailing map where Ronald reagan was then. 

IAEAは、枝野さんの発表から約3時間後に、4号機から放射能が出たと正式文書を出してました。IAEAですからね、世界に発信したということです。

IAEA was notified at 4:50 UTC  which is 13:50 Japan time.

どうかな〜と思うのは、アメリカの原子力規制委員会の担当官が(400ミリシーベルト出たという発表前に)4号機の使用済み燃料冷却プールが壊れたというのを本国に必死に報告しているんです。これは、アメリカの情報公開法で開示されたものを丹念に調べたアメリカのブロガーが探し出したものです。

US NRC had known the damage of spent fuel pool(SFP) of Unit 4 earlier than the 400 millisievert announcement as shown in this FOIA document.

 

もう一つだけ例を挙げておきます。このメールには、大統領の決済事項になるのか?という文言があります。非常事態ってことです、まともに読めば。(ここでは、何故かは言いませんが、追々わかります。)

Another example of FOIA document;

つまり、日本政府や東電ばかりでなく、IAEAもアメリカ政府も3月15日の4号機からの放射能大量放出を知っていたということ。あの放射能雲の拡散マップは、そういうことで作成されたものです。

Not only Japanese government and Tepco knew but also IAEA and US government learnt the massive radiation release from Unit 4 on March 15. 

The simulation map of Meteorological Agency was made based on the damage of SFP of Unit 4.

この情報が、間髪を置かずにロナルドレーガンの艦長に伝えられていたら、あの不幸な水兵さんたちがプルトニウムの微粒子を吸い込むことはなかったんじゃないですか?

If this information was passed on to the captain of USS Ronald Reagan timely, those sailors might not have inhaled the deadly plutonum particles because there was plenty of time to run away from the worst case.

マップをよく見てください。放射能拡散スピード時速38Km。400ミリシーベルトを発表した午前11時の1時間後正午にロナルドレーガンは、250Kmも離れたところにいたんです。そこに届くまで6時間も掛かります。

The speed of radiation dispersion is 38Km/hr as mentioned earlier and the location of Ronald Reagan was more than 250Km away from Fukushima.

It would have taken more than 6 hours for the plume from Unit 4 to get there even if it stayed there.         

3)プルトニウム239が4号機から放出されたのか?

3) Was 239Pu released from Unit 4? 

まず、3つの画像を見てください。

Take a look at the next three images at first.

 

この2つの画像は、2013年12月16日にFacebookに投稿されたもので今もあります。すごい画像です。

These two photographs are from Facebook page "Reactor 4 not all what you excepted?" uploaded on December 16,  2013 at: 

https://www.facebook.com/notes/troy-livingston/reactor-4-not-all-what-you-excepted/10151758695293097/?fref=

.  

次は、2015年8月に「福島第一原発事故:事故の内容説明」というテクニカルレポートからのものです。4号機で起きたことを日毎にまとめていますが、その121ページに、火災があったという報告で緊急チームが冷却プールの状態を確認するために4号機の扉を開けたらドッシメーターが測定上限の1000ミリシーベルト/時間となったので検査をあきらめたとあります。どひゃ〜ですね。

The next capture is from IAEA Technical Report on Fukushima which was published on-line August 2015.

It states in page 121 of Unit 4 that the emergency team tried to enter the RB at 10:30 in order to confirm the state of the SFP regarding to a reported fire, but abandoned the attempt because the dosimeter displayed a maximum rate of 1000 mSv/h upon opening the RB door.

「The Fukushima Daiichi Accident:Technical Volume 1/5 -Description and Context of the Accident」

http://www-pub.iaea.org/MTCD/Publications/PDF/AdditionalVolumes/P1710/Pub1710-TV1-Web.pdf

1000ミリシーベルトは上限ですから実際の放射能レベルは誰もわからないんです。そして、どんな放射能を出す物質があったかもわかりません。

No one knows how much the true radiation levels were because 1000 mSv/h was the limit of the detector and there is no information at all what radionuclides were there. 

・ 

ところが、あのアメリカ環境庁のモニター以外にもプルトニウム239が放出したという証拠はあります。あの東海村のIAEA研究所の別のチームが世界降下量の7倍から23倍のプルトニウム239を検出しているのです。 

On the other hand, there were solid evidence of 239Pu release from Fukshima in addition to the US EPA monitoring. 

Another IAEA laboratory of Tokaimura detected 239Pu in the air 7 to 23 times the global fall out in terms of disintegration measured by count per second(cps).

・  

出所はここです。

This chart is from;  

Airborne Plutonium and Non-Natural Uranium from the Fukushima DNPP Found at 120 km Distance a Few Days after Reactor Hydrogen Explosions」 (Published: March 13, 2014 by Taeko Shinonaga, Peter Steier, Markus Lagos, and Takehisa Ohkura)

https://static1.squarespace.com/static/54aac5e4e4b0b6dc3e1f6866/t/563a675ee4b048e29b54e771/1446668126943/Shinonaga-et-al-2015-es404961w.pdf

もう一つ。Natureに発表された研究ですが、長崎原爆の100倍、世界降下量の10倍のプルトニウム239が放出されたというもの。

Another research published online 8 March 2012 indicates the fall out of 239Pu is 100 times that of Nagasaki and 10 times the global fall out; 

Isotopic evidence of plutonium release into the environment from the Fukushima DNPP accident」(by Jian Zheng, Keiko Tagami, Yoshito Watanabe, Shigeo Uchida, Tatsuo Aono, Nobuyoshi Ishii, Satoshi Yoshida, Yoshihisa Kubota, Shoichi Fuma & Sadao Ihara)

https://www.nature.com/articles/srep00304

ところがですよ、あのIAEAのテクニカル・レポートはこう云っているんです。
”プルトニウムが1号機、2号機、及び3号機の炉心から放出されたと仮定して(仮定ですからね)炉心を構成する核物質合計250トンから推定した。福島第一原発全体の量としては、事故当時のチェルノブイリの3.5倍あったが、炉心構成物質から放出されたプルトニウムの量は、チェルノブイリ事故から見れば5桁低い”と。(冷却プールもなければ4号機もないですね、ここには。)

IAEA Technical Report states;

" Estimated based on the calculated mean inventory, assuming that Pu isotopes were released from Unit 1, Unit 2 and Unit 3 reactors with a total fuel load of 250t.  Although the inventories of Pu isotopes in the reactors in Fukushima DNNP are ca. 3.5 times those in the Chernobyl accident, the percentages of core inventory released are ac. 5 orders of magnitude lower than those of the Chernobyl accident."

アメリカも含めて3つの試験から大量のプルトニウム放出の証拠があるにも関わらず、福島第一からプルトニウム放出が少ないと言い張るなら、(それをそのまま信じて)5桁低いという計算に入っていない4号機以外にどこがありますか。4号機の使用済み燃料プールからか、それと4号機の他の場所からか、それともその両方からか、しかないでしょう。
If the authorities insist that there was no significant release of Plutonium from Fukushima DNPP despite the strong evidence of massive fall out of 239Pu observed at three locations including the US, there is no where else but from Unit 4, either SFP, somewhere else inside Unit 4 or both.

4)反論

4) Counterargument

ロナルドレーガンの航跡記録から、乗組員の水兵たちがプルトニウムを含む大量の各種放射性物質に被爆したことは疑いのないところです。しかし、402人の水兵の集団訴訟は裁判長に却下されたと伝えられています。

From the cruising records of Ronald Reagan, there is no doubt that the sailors were exposed to the worst radiation plume of various radioactivity including deadly 239Pu from Fukushima DNPP.

However, the class action filed by hundreds of U.S. sailors was allegedly dismissed by a judge.

(以下の文章は、裁判長の却下理由を述べたこのブログの冒頭部分の繰り返しです。)

A federal judge on Friday dismissed without prejudice the latest class action filed by hundreds of U.S. sailors exposed to radiation in the Fukushima, Japan, nuclear disaster, finding a San Diego courtroom isn’t the right place for the case.

U.S. District Judge Janis Sammartino issued a 15-page order dismissing the class action against Tokyo Electric Power Co. (TepCo) and General Electric, finding the service members who were stationed aboard the USS Ronald Reagan in San Diego have failed to establish how the Japanese utility’s acts were directed at California.

“There is no targeting here. Plaintiffs’ allegations that the effects of TepCo’s conduct were felt by American citizens while on U.S. ships, one of which with a home port of San Diego, are too attenuated to establish purposeful direction,” Sammartino wrote.

Sammartino added the sailors “have provided no information to support an assertion that TepCo knew its actions would cause harm likely to be suffered in California.”

Judge: Sailors’ Fukushima Radiation Case Doesn’t Belong in US」(BIANCA BRUNO January 5, 2018)

今度は私たちがお返しする番です。
東電の行為による被害がカリフォルニアで現れるのを知っていたかどうかを証明することは難しくないです。ついでに、症状と被爆の因果関係をというお得意の責任逃れにもグ〜の音が出ないようにしてあげます。
(日本人辞めた人は鶴の恩返しなど知らないかもね。)
 こういう国らしいから。

It is our turn now to repay for their favor.

It is not difficult for the sailors to provide "solid information to support an assertion that TepCo knew its actions would cause harm likely to be suffered in California" and also to avoid a catchy question of clinical causal relation.  

マンハッタン計画以来、プルトニウムの毒性に関する豊富な科学研究があります。原子力産業に属する人なら誰でも知っている常識。知らないという人がいるなら、その人は偽物の類でそんな人が責任逃れの議論をするなどとんでもない。
議論する前に少なくともこれぐらいは読んでからにしてくれと云ってやればいい。

There are plenty of scientific studies on toxicology of Plutonium since the Manhattan Project, which every one in the nuclear industry should have known. Other wise they are fake people and don't deserve any argument they may raise to dogde their responsibility. 

Tell them to read at least these documents before the argument. 

最初は、アメリカ保健社会福祉省がまとめたもっとも統括的なプルトニウム毒性資料。フクシマ事故4か月前の2010年11月に発表されたもの。
膨大な資料だから、吸入被爆をまとめた22ページ以後を読むだけでもいいと伝えたらいい。そうすれば、人の危害評価は結局、動物実験に頼る外ないということがわかる。

The first one is the most comprehensive toxicology summary published November 2010 by U.S. DEPARTMENT OF HEALTH AND HUMAN SERVICES.

Read at least 3.2.1 Inhalation Exposure of Chapter 3: Health Effects page 22 and on. 

You will know then that you have no choice but rely on animal studies to evaluate human risks. 

次に、絶対読まなければならないのは、マンハッタン・プロジェクトで、人類がそれまで知らなかった人為的な核物質の毒性を探るために優秀な科学者たちがいかに苦労したかを記録したもの。
読めば、プルトニウムばかりでなくどんな核物質でももっと謙虚な取り組みになり、社会に対する責任感も変わるだろう。

The seond must-read is the record on the Manhattan Project how those excellent scientists struggled to find out the toxicity of this man-made actinoid human being had never known. 

You would be more humble, if you read, to work with plutonium and other radioactive materials and feel more responsibility for the society.

・    

それでも、”プルトニウムの高い被爆にさらされた実験動物は、早く死に、気管の病に冒され、がんを発症する。実験動物の対象になる器官組織は、リンパ節、肝臓、さらに骨だ。しかし、動物実験で観察された症状は、低レベルの被爆者の疫学的調査で裏打ちされたものではない”という人はいる。

However, there must be some people to argue such as this;

"Laboratory studies with experimental animals have shown that exposure to high levels of plutonium can cause decreased life spans, diseases of the respiratory tract, and cancer. The target tissues in those animals were the lungs and associated lymph nodes, liver, and bones. However, these observations in experimental animals have not been corroborated by epidemiological investigations in humans exposed to lower levels."

低被爆の人の疫学的調査で裏付けが得られていない?
Corroboration by epidemiological investigation in humans exposed to lower levels?

この最新の研究が、それに対する答えだ。
疫学的には、はるかに低い被爆であっても健康被害になることが確認された訳だ。核施設で働く人たちの研究は世界数か所で行われてきたが、ここにきてやっと結果が証明された。2017年のベルギーの研究報告。
This is the latest study which answers to such question.

Epidemiologically, much lower exposure was confirmed risky for human health.

・    

これで、プルトニウムの毒性はわかったから、後は、ロナルドレーガンの水兵さんたちがプルトニウムや他のアルファ波の放射線物質(粒子)を吸い込んだという証明があれば、いい訳だ。
はい、確かな証拠があります。

Thus, only if there is evidence to prove the sailors were exposed to radiation plume from Fukushima including the inhalation of Plutonium and other alpha emitters, the issue of clinical causal relations would be out of question.

Yes, there is solid evidence.  

先に、239プルトニウムの降下量を調べた研究について触れました。その研究が、同時に大気に浮遊するプルトニウム粒子を吸引して粒子の数も数えているのです。その結果、問題の水兵さんたちが、八百万個の粒子を吸い込んだ可能性があるんです(実際はもっと多い)。それは、ざっと計算すると1億個のプルトニウム原子の数に相当するのです。

The research at IAEA laboratory previously discussed for 239Pu fall out did the numerical study of plutonium particles in the atmosphere at the same time, which indicates that the sailors in question is most likely to have inhaled more than 8 million particles which is almost equal to 100 million plutonium atoms in my rough calculation.    

この研究は、また、天然にほとんど存在しないウラニウムの放出も突き止めています。そして、アメリカ環境庁が2011年4月1日にアラスカの大気の234ウラニウムの急上昇をモニターしているものがある。

This study also concluded that unnatural Uranium was released from Fukushima DNNP and US EPA monitored the surge of 234Uranium in Alaska on April 1, 2011.

234ウラニウムもアルファ波。
恐ろしくなりますよ。一体、どのくらいのアルファ波放射核物質を吸ったのだろうと想像すると。
234Uranium is alpha emitter, too. 

It is scary to imagine how much alpha emitters the sailors have inhaled.

どうしてそれほど多くの239プルトニウムと非天然ウラニウムがフクシマから放出されたかの疑問は残ります。改めて検討しますが大体想像は付いています。

The question why so much 239Pu and very unnatural  234U were released from Fukushima DNPP remains but a logical corollary is possible to be discussed some other time soon.

5)結論

5) Conclusion

サンディエゴは、水兵さんたちの訴訟に適切な場所です。その理由は、

San Diego is the right place for sailors to establish purposeful direction because;

東電もGEも、放射線被爆が慢性的に発症するという原子力産業の常識を知悉している。 

TepCo as well as GE knows as a common sense of nuclear industry that the radiaiton exposure is chronically-disabled.

東電は、3月15日の4号機からの大量の放射能放出を知っていましたから、日本政府、アメリカ政府、IAEA、及びGEと連携してロナルドレーガンに予測放射能拡散地域から離れるよう警告を発することは出来ました。4号機にはGE日立の技術者もいました。 

TepCo knew the massive radiation release from Unit 4 of March 15 2011 and could act to warn USS Ronald Reagan to leave the predicted area of plume dispersion in coordination with both Japanese and US governmentm, IAEA and GE because there were some employees of GE-Hitachi in Unit 4.

特にアルファ波の毒性に関して、アメリカには世界のどの国よりも信頼できる科学者がいます。 

There are much more credible radiation toxicology scientists in the US than any other countries in the world, particularly for alpha emitters. 

  この種の健康被害裁判では原告に不公平な取扱いになる場合が多いので、アメリカは公平を範とする国ですのでサンディエゴは裁判地として適切です。

  As this kind of health hazard case is given to doing unfair treatment for plaintiff, San Diego being a venue is adequate because the US is the country of fairness.  

2018.02.07 Wednesday

Could you help brush up my English?・・・to repay for their favor, damn

“There is no targeting here. Plaintiffs’ allegations that the effects of TepCo’s conduct were felt by American citizens while on U.S. ships, one of which with a home port of San Diego, are too attenuated to establish purposeful direction,” Sammartino wrote.

Sammartino added the sailors “have provided no information to support an assertion that TepCo knew its actions would cause harm likely to be suffered in California.”

Judge: Sailors’ Fukushima Radiation Case Doesn’t Belong in US」(BIANCA BRUNO January 5, 2018)

Now, it is our turn to repay for their favor as Japanese.

 

It is not difficult for the sailors to provide "solid information to support an assertion that TepCo knew its actions would cause harm likely to be suffered in California.

If there is evidence to prove the sailors were exposed to radiation plume from Fukushima including the inhalation of deadly alpha emitters, the issue of clinical causal relations would be out of question.

Yes, there is solid evidence. 

1) Radiation plume diffusion and USS Ronald Reagan 

The date of massive radiation release from Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant(DNPP) was monitored at IAEA Research Station of Tokaimura in Ibaragi Pref. located about 100 km south of FDNPP.
The report says that the air absorbed dose rate began to increase from about 1 am on 15 March 2011 and varied over time, with three peaks: 4.8 μGy/h, 2.1 μGy/h and 3.1 μGy/h at 8 am on 15 March, 5 am on 16 March and 4 am on 21 March, respectively.

From;
「Results of environmental radiation monitoring at the Nuclear Fuel Cycle Engineering Laboratories, JAEA, following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident」

Masanori Takeyasu ,Masanao Nakano,Hiroki Fujita,Akira Nakada,Hitoshi Watanabe,Shuichi SumiyaJapan Atomic Energy Agency , 4-33 Muramatsu, Tokai-mura, Naka-gun , Ibaraki , 319-1194 , Japan 

Pages 281-286 | Received 15 Nov 2011, Accepted 26 Dec 2011, Published online: 20 Feb 2012

From the same paper;

There are two radiation plume waves during March 15 and 17 before another peak on March 22. 
More than 400 sailors of USS Ronald Reagn, on the mission of Operation Tomodachi for disaster relief and support for Japanese casualties caused by Fukushima catastrophic disaster, were exposed to radiation plume and their health hazards are beyond imagination as watched in this documentary film released by dailymotion. Click the image.
 ・

・ 
 The map below is the screen shot from the video demonstrating the trail of USS Ronald Reagan.

 ・

This map shows its exact location at 6:00 of March 16.

Comparing with the map below, its location at 6:00 of March 16 above is somewhere between 160Km and 250Km from Fukushima DNPP.
And the IAEA laboratory which mde the first two charts is located 100Km south, near the coast around the letter of Tochigi.  
・ 

The next simulation of plume dispersion was released by Japanese Meteorological Agency on March 15 for the prediction up to March 18.
Be noted that this simulation was made assuming 100% radiation release from Spent Fuel Pool(SFP) of Unit 4 

The tailing map again from March 16 to March 18 (underlined) with the location at March 15 12:00 in blue square.

It seems obvious that Ronald Reagan moved around but only within the thickest plume zone.
The next image shows how fast the radiation plume traveled, probably with the help of Coriolis effect, up to March 24 when US EPA monitored the surge of 239Plutonium in the air above California.  

The EPA chart indicates about 8 times the base line. Two bars on the right are of the same date. 

The chart is from the second source of the report entitled; Hazardous nature of radioactive particles released from Fukshima DNPP accident published Octover 30, 2014 by Etsuji Watanabe et.al. in Japanese language.
2) Lost opportunity to escape: a matter of time
The sailors were exposed to the first plume wave released by hydrogen explosions occurred in the Unit 1 and Unit 3 reactors on March 12 and 14, and the second wave by the white smoke observed at Unit 2 and Unit 4 reactors on March 15, according to the researchers of the study mentioned above. 
Although the radiation release from Unit 4 is politically hidden from public eye,  both Tepco and Japanese government announced the massive radiation release from Unit 4 around 11AM of March 15 as much as 400 mSv/h as shown in the screen shot of the article of Yomiuri.
Take a look at the trailing map where Ronald reagan was then. 

IAEA was notified at 4:50 UTC  which is 13:50 Japan time.

US NRC had known the damage of spent fuel pool(SFP) of Unit 4 earlier than the 400 millisievert announcement as shown in this FOIA document.

 

Another example of FOIA document;

Not only Japanese government and Tepco knew but also IAEA and US government learnt the massive radiation release from Unit 4 on March 15. 
The simulation map of Meteorological Agency was made based on the damage of SFP of Unit 4.
If this information was passed on to the captain of USS Ronald Reagan timely, those sailors might not have inhaled the deadly plutonum particles because there was plenty of time to run away from the worst case.
The speed of radiation dispersion is 38Km/hr as mentioned earlier and the location of Ronald Reagan was more than 250Km away from Fukushima.
It would have taken more than 6 hours for the plume from Unit 4 to get there even if it stayed there.         
3) Was 239Pu released from Unit 4? 

Take a look at the next three images at first.
 

These two photographs are from Facebook page "Reactor 4 not all what you excepted?" uploaded on December 16,  2013 at: 
.  

The next capture is from IAEA Technical Report on Fukushima which was published on-line August 2015.

It states in page 121 of Unit 4 that the emergency team tried to enter the RB at 10:30 in order to confirm the state of the SFP regarding to a reported fire, but abandoned the attempt because the dosimeter displayed a maximum rate of 1000 mSv/h upon opening the RB door.

「The Fukushima Daiichi Accident:Technical Volume 1/5 -Description and Context of the Accident」

No one knows how much the true radiation levels were because 1000 mSv/h was the limit of the detector and there is no information at all what radionuclides were there

・ 

On the other hand, there were solid evidence of 239Pu release from Fukshima in addition to the US EPA monitoring. 
Another IAEA laboratory of Tokaimura detected 239Pu in the air 7 to 23 times the global fall out in terms of disintegration measured by count per second(cps).
・  

This chart is from;  
Airborne Plutonium and Non-Natural Uranium from the Fukushima DNPP Found at 120 km Distance a Few Days after Reactor Hydrogen Explosions」 (Published: March 13, 2014 by Taeko Shinonaga, Peter Steier, Markus Lagos, and Takehisa Ohkura)
Another research published online 8 March 2012 indicates the fall out of 239Pu is 100 times that of Nagasaki and 10 times the global fall out; 
Isotopic evidence of plutonium release into the environment from the Fukushima DNPP accident」(by Jian Zheng, Keiko Tagami, Yoshito Watanabe, Shigeo Uchida, Tatsuo Aono, Nobuyoshi Ishii, Satoshi Yoshida, Yoshihisa Kubota, Shoichi Fuma & Sadao Ihara)

IAEA Technical Report states;
" Estimated based on the calculated mean inventory, assuming that Pu isotopes were released from Unit 1, Unit 2 and Unit 3 reactors with a total fuel load of 250t.  Although the inventories of Pu isotopes in the reactors in Fukushima DNNP are ca. 3.5 times those in the Chernobyl accident, the percentages of core inventory released are ac. 5 orders of magnitude lower than those of the Chernobyl accident."

If the authorities insist that there was no significant release of Plutonium from Fukushima DNPP despite the strong evidence of massive fall out of 239Pu observed at three locations including the US, there is no where else but from Unit 4, either SFP, somewhere else inside Unit 4 or both.
4) Counterargument
From the cruising records of Ronald Reagan, there is no doubt that the sailors were exposed to the worst radiation plume of various radioactivity including deadly 239Pu from Fukushima DNPP.
However, the class action filed by hundreds of U.S. sailors was allegedly dismissed by a judge.

A federal judge on Friday dismissed without prejudice the latest class action filed by hundreds of U.S. sailors exposed to radiation in the Fukushima, Japan, nuclear disaster, finding a San Diego courtroom isn’t the right place for the case.

U.S. District Judge Janis Sammartino issued a 15-page order dismissing the class action against Tokyo Electric Power Co. (TepCo) and General Electric, finding the service members who were stationed aboard the USS Ronald Reagan in San Diego have failed to establish how the Japanese utility’s acts were directed at California.

“There is no targeting here. Plaintiffs’ allegations that the effects of TepCo’s conduct were felt by American citizens while on U.S. ships, one of which with a home port of San Diego, are too attenuated to establish purposeful direction,” Sammartino wrote.

Sammartino added the sailors “have provided no information to support an assertion that TepCo knew its actions would cause harm likely to be suffered in California.”

Judge: Sailors’ Fukushima Radiation Case Doesn’t Belong in US」(BIANCA BRUNO 

It is our turn now to repay for their favor.
It is not difficult for the sailors to provide "solid information to support an assertion that TepCo knew its actions would cause harm likely to be suffered in California" and also to avoid a catchy question of clinical causal relation.  
There are plenty of scientific studies on toxicology of Plutonium since the Manhattan Project, which every one in the nuclear industry should have known. Other wise they are fake people and don't deserve any argument they may raise to dogde their responsibility. 
Tell them to read at least these documents before the argument. 
The first one is the most comprehesive toxicology summary published November 2010 by U.S. DEPARTMENT OF HEALTH AND HUMAN SERVICES.
Read at least 3.2.1 Inhalation Exposure of Chapter 3: Health Effects page 22 and on. 
You will know then that you have no choice but rely on animal studies to evaluate human risks. 

The seond must-read is the record on the Manhattan Project how those excellent scientists struggled to find out the toxicity of this man-made actinoid human being had never known. 
You would be more humble, if you read, to work with plutonium and other radioactive materials and feel more responsibility for the society.
・    

However, there must be some people to argue such as this;
"Laboratory studies with experimental animals have shown that exposure to high levels of plutonium can cause decreased life spans, diseases of the respiratory tract, and cancer. The target tissues in those animals were the lungs and associated lymph nodes, liver, and bones. However, these observations in experimental animals have not been corroborated by epidemiological investigations in humans exposed to lower levels."
Corroboration by epidemiological investigation in humans exposed to lower levels?
 ・
This is the latest study which answers to such question.
Epidemiologically, much lower exposure was confirmed risky for human health.
・    

Thus, only if there is evidence to prove the sailors were exposed to radiation plume from Fukushima including the inhalation of Plutonium and other alpha emitters, the issue of clinical causal relations would be out of question.
Yes, there is solid evidence.  
The research at IAEA laboratory previously discussed for 239Pu fall out did the numerical study of plutonium particles in the atmosphere at the same time, which indicates that the sailors in question is most likely to have inhaled more than 8 million particles which is almost equal to 100 million plutonium atoms in my rough calculation.    

This study also concluded that unnatural Uranium was released from Fukushima DNNP and US EPA monitored the surge of 234Uranium in Alaska on April 1, 2011.

234Uranium is alpha emitter, too. 
It is scary to imagine how much alpha emitters the sailors have haled.

The question why so much 239Pu and very unnatural  234U were released from Fukushima DNPP remains but a logical corollary is possible to be discussed some other time soon.
5) Conclusion
San Diego is the right place for sailors to establish purposeful direction because;
TepCo as well as GE knows as a common sense of nuclear industry that the radiaiton exposure is chronically-disabled.
TepCo knew the massive radiation release from Unit 4 of March 15 2011 and could act to warn USS Ronald Reagan to leave the predicted area of plume dispersion in coordination with both Japanese and US governmentm, IAEA and GE because there were some employees of GE-Hitachi in Unit 4.
There are much more credible radiation toxicology scientists in the US than any other countries in the world, particularly for alpha emitters. 
  As this kind of health hazard case is given to doing unfair treatment for plaintiff, San Diego being a venue is adequate because the US is the country of fairness.  
Love for all of you,

soliloquy in passing sometime later.
続きを読む >>
Powered by
30days Album