ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.06.06 Saturday

Scenario or Story is for the exercise, rehearsal, or drill to achieve the set goals

COVID-19 pandemic at least temporarily reduced carbon dioxide emission.

In order to live on this planet "Clever Together", the easiest scenario is to reduce human population and carbon dixide emission. 

Would it be justified no matter what inhumanity means are taken?

/
/

There is no accidental occurrence except natural disasters.

If there are multiple narratives behind a certain event which look like to converge, it is most likely intentional or human made to achieve some publicly hidden obejectives.

/

Regarding COVID-19 pandemic (event), there are two naratives, Rockefeller Report and Event 201.

You may say that only two narratives or story for exercise are just coincident. However, your stochastic opinion might be changed if there were the third narrative which indicates the conversion.

/

 

/

German hypothesis or narrative was made in 2012, two years after Rockefeller Report, but Pandemic is hypothesized to happen in 2012 exactly the same year in the Rockefeller's Lock Step narrative and the end results are also the same. 

/

 

/

Let's read some other screen shots.

/

Senario

/

 

/

Event hypothesis

/

 

/

Next page
/

/

Although German scenario hypothesized pandemic origin in East Asia, different from Brazil of EVENT 201, it goes to the very interesting subject having being argued on the leak from laboratory.  

/

 

 /

Even with these additional input, your stochastic opinion is not changed?

/

Conspiracy revelation is different from conspiracy thoery.

It is absolutely neccesary for conspiracy revelation to clarify the scientific truth

/

These facts were scientifically proven in the series of my blog which refers to reliable reserch pepers and field statistics;

/

1) COVID-19 lethality ratio is fortunately very low.

2) There are multiple influenza viruses both in our body and environment.

3) Any virus transmits air-borne even from continent to continet.

4) Confirmed infection is misleading terminology because infection is the reaction of the human cell to the virus and the toxins it produces. 

5) PCR test does not detect the the reaction but only tells the part of base sequence of some viruses .

6) More importantly, PCR can not classify the kind of virus because it does not read the full length of DNA sequence.

/

This scenario rehearsal was fortunate for us because COVID-19 toxicity is rather weak, but we should be more cautious about the Second wave and Third wave.

/

 

 /

The above is about Germany. Nearly 10% of its population will die in three years. It is equivallent to 700 million deaths world wide.

/
Genetic engineering technology to make virus more lethal is available. 

Please read the linked article to the image below entitled "EXCLUSIVE: Controversial experiments that could make bird flu more risky poised to resume" published Feb. 8, 2019 by Jocelyn Kaiser.

The following sentence in green is a summary.

/

In 2011, Fouchier and Kawaoka alarmed the world by revealing they had separately modified the deadly avian H5N1 influenza virus so that it spread between ferrets. Advocates of such gain of function (GOF) studies say they can help public health experts better understand how viruses might spread and plan for pandemics. But by enabling the bird virus to more easily spread among mammals, the experiments also raised fears that the pathogen could jump to humans. And critics of the work worried that such a souped-up virus could spark a pandemic if it escaped from a lab or was intentionally released by a bioterrorist. After extensive discussion about whether the two studies should even be published (they ultimately were) and a voluntary moratorium by the two labs, the experiments resumed in 2013 under new U.S. oversight rules.

/

 

/

ScienceInsider has learned that last year, a U.S. government review panel quietly approved experiments proposed by two labs that were previously considered so dangerous that federal officials had imposed an unusual top-down moratorium on such research.

One of the projects has already received funding from the National Institutes of Health’s (NIH’s) National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID) in Bethesda, Maryland, and will start in a few weeks; the other is awaiting funding.

The outcome may not satisfy scientists who believe certain studies that aim to make pathogens more potent or more likely to spread in mammals are so risky they should be limited or even banned. Some are upset because the government’s review will not be made public. “After a deliberative process that cost $1 million for [a consultant’s] external study and consumed countless weeks and months of time for many scientists, we are now being asked to trust a completely opaque process where the outcome is to permit the continuation of dangerous experiments,“ says Harvard University epidemiologist Marc Lipsitch.

/

The citation of the article does not mean at all that the strangely quick developmemt of so many COVID-19 mutants has something to do with their experiments.  Quite a few virologists in the world may have such technology now.

/

 

Growing citizen pushback

 

/

Growing citizen pushback may mean the current violent turmoil not only in the US but in some European and South American countries are the natural consequences of Lock Step drill even without the murder of George Floyd.  /

/

 

/

COVID-19 pandemic at least temporarily reduced carbon dioxide emission.

In order to live on this planet "Clever Together", the easiest scenario is to reduce human population and carbon dixide emission. 

My question is that it would be justified no matter what inhumanity means are taken?

/

2020.06.04 Thursday

相手のシナリオがわからなければシャレにもならない:コロナまとめ

これは知りませんでした。 3月20日にポンペオ国務長官が「コロナ騒ぎは演習だ」と記者会見で述べたというYouTubeがありました。

 

ホワイトハウスの記者会見です。トランプも同席。 この後、トランプが、「どうして早くに教えてくれなかったのか」と云ったというからおかしいですね。

陰謀論サイトじゃないのかと疑っていたのでほとんど読みませんが、カナダのGlobal Resarch。 ごく最近、米国のブルッキング研究所が、ロシアのプロパガンダサイトだというのを読んで見直しました。

マイケル・チョスドフスキーというオタワ大学の教授が、「コロナ騒動は大慈善家が仕組んだもの」という記事を書いていたのを教えて貰いました。5月1日に公開されていました。 

この教授もロックフェラー白書のLock Stepを基に展開しています。教授の専門は経済ですので、戦略と技術面からアプローチした私と切り口は異なりますが、内容は同じです。
教授の書いたものにはありませんが、200年を創ってきた人たちとはこのような類の人たちです。

彼ら貴族階級の間の競争も凄まじいものですから、熾烈な競争に勝ち残ったファミリーが世界の政治と経済を支配しているのです。
現在のシンガポール発展の基になったシンガポール島は、ジョホール王国のスルタンに属する領土でしたが、1,819年に東インド会社が発見して密林島をイギリスの植民地にした。ちょうど200年前です。
日本は、表向きは植民地にならなかったですが金融支配は明治維新からです。それを書いたのがこのブログでした。

2020.05.09この国のかたち:司馬遼太郎検証

コロナのウソを当事者が認めても、決して一面記事になりません。大事件ですから一面トップになる筈ですが、メディアを支配する貴族がそうさせない。

大事なものは私たちの目から遠ざける。
チョスドフスキー教授がこう云います。

How to reverse the tide. The first priority is to repeal the lie.

コロナ津波を押し戻すのはウソを撤回させることだ。

In this regard, it is unfortunate that many people who are “progressive” (including prominent Left intellectuals) are –despite the lies–  supportive of the lockdown and closing down of the economy as a solution to the public health emergency. That’s the stance of the Democratic Party in the US, which goes against common sense.

残念なのは、(左翼の著名な知識人も含めた)いわゆる”進歩主義者”が、ウソにもかかわらずロックダウンによる経済活動停止を健康危機として支持することだ。この常識に反したスタンスが米国民主党なのだ。

Truth is a powerful weapon for repealing the lies of the corporate media and the governments.

真実だけがウソつきメディアと政府のウソを暴く武器である。

この人も魂売ったのかと思ったのがこの人、山尾志桜里。けしからん中国に経済制裁掛けろですと。

この人の宣伝効果は大きい。人気がある。
もう一つ煮え切らない日本政府を追い詰める役割を担ったと思います。
不幸のどん底にある人を落とすのは諜報機関の得意の手です。
この人は、もう大丈夫ですね。怖いものはない。政府もうかつに触れない。
香港過激デモをやらせているのは全米民主主義基金(NED)です。NGOの仮面をかぶったれっきとしたCIA部隊です。気に食わない国の内部攪乱工作背広・スーツ部隊
ロシアは2015年から活動禁止。中国も今はわかっています。少し詳しく書いた香港ブログにリンク貼りました。

私は、他国に介入されるのも介入するもの、とにかく嫌い。明治維新からの150年見れば日本人なら誰もがそうだろうと思ってきましたが、そうじゃない人もいるのが段々わかってきました。正直、悲しいですよ。
勝手に自国を攪乱されて怒らない国があるならバカです。作用反作用の法則。
山尾志桜里も介入・攪乱組に編入されたってことなんでしょう。明治維新から教えても一度魂売ったら聞く耳持ちません。こういう人やたら目につきます。米国諜報機関も必死なんでしょう。
転向した連中がコロナのウソを知っているかどうかわかりません。多分、わからない。そこまで頭は良くないと思う。彼らがこういう事件の裏側をつかんでいたとは思えないからです。

古くは、2009年のトヨタ車リコール事件。倒産したGM5兆円投入したオバマ政権が、新規上場で取り戻すためのでっち上げとすぐにわかりました。二年後に正しかったのが証明されました。

集団自衛権組み込みの日米安保運用ガイドラインにするために衆院解散した2014。これも簡単でした。

フクシマは、論文書いていたのでリアルタイムじゃなかったので時間が掛かりましたが、隠蔽実態をつかむことができました。2014年の最初のブログから2016年の確たる証拠。手口まで解明できるまでさらに2年要しました

今回のコロナ騒動は、リアルタイムでしたので比較的早く全貌をつかむことができました。
元々、イノベーションのシナリオの作り方を読者に教えようとしてきたので、不審な点(今回はコロナの毒性)に気づきさえすれば、相手のシナリオはわかります。教える方がわからなければシャレにもなりません。

読みじゃないのです。わかるんです。

戦略実行には、必ず、動機、目的、目的達成手段があります。手段は順繰りに実行されますから、時系列で並べるだけです。
そのために情報を漁る。それだけです。自然にわかるものです。

13年前のブログです。文章は下手ですが、ここに書いたようなことと全く同じことをやっているに過ぎません。

2007.05.23 「ビジネス・シナリオとは何か?(1)

2007.05.24 「ビジネス・シナリオとは何か?(2)

2007.05.27「ビジネス・シナリオとは何か?(3)

2007.05.30 「ビジネス・シナリオとは何か?(4)

2007.06.01「ビジネス・シナリオとは何か?(5)

さらに、戦略には人間の心理と行動様式(パターン)が表れます。認知科学の領域ですが、脳科学にも関係します。意識。気付きは意識の話です。
研究者のことを知らないまま非常にユニークで面白いので訳したブログです。刺激に
なりました。ただ、本物の脳学者とは思いませんでした。

2007.06.04 「意識とは何かートランス理論(1)

2007.06.05 「意識とは何かートランス理論(2)

2007.06.06 「意識とは何かートランス理論(3)

実は今日やりましたが、ブログにあるURLをなぞると何と、著者は有名な人でした。大変な論議を呼んだ論文でした。アマゾンにリンク貼りました。尚、レビューはここにあります。

ちょっと気を良くしたので、4月5日以後のブログを簡単な要約を入れて時系列に記録として残します。
続きを読む >>
2020.06.03 Wednesday

安倍退陣:コロナ対策大失敗?

マスクしながら0点も100点もいるのが笑える。山口総理大臣説まで飛び出した。

どっちもマスク着用している共通項があるのは笑えるが、この分断はすごい。0点や10点というのが多いのにちょっと驚いた。

麹町とかいう人も米国の内情が知らないのですが、この人ほど世界を知っている人は日本にいないと絶賛されている外交ブロガーもトランプとネオコンを勘違いしています。名前は敢えて挙げません。それは後にするとして、安倍退陣はどうでもいいんですが、私は、少なくともこうならなかっただけましと思います。

 

メルケルファンやフランスかぶれの人たちは警官暴力を知らないようです。

コロナで社会が分断されました。
メルケル礼賛が多かったですが、真っ先にやったのがドイツでした。感染IDも発行すると云ったのも。
フランスもイギリスも香港の警官真っ青の暴力沙汰です。
私、マスクせずに交番のおまわりさんに何度かわざと「お疲れ様」と声かけましたが、マスクのことは何も言わなかったですね。
少しは、安心しました。
米国ミシガンでは経済再開させない民主党知事に対してトランプ支持武装デモがありました。
この続きは後にしますが、日本も頑張ったと思います。別に安倍さんを擁護する訳ではありません。コロナ専門家会議の黒塗りでまたまた大批判です。開いているところを読んで想像すればいいものを。

 

専門家委員にはあの河岡博士もいました。コロナウィルスを知り尽くした多分、世界トップの人です。PCR検査の不正確さなど知り尽くしています。
河岡さんは二回目を欠席したとあります。いろいろある方ですから、第一回の論議は激しかったと思いますね。あくまでも推測ですが。黒塗り以外の公開されている議事録などを読むと、とにかく死なせないというのが優先されているのがわかります。

医の良識は健在なのじゃないでしょうか?
黒塗り以外の少ない部分から、従来の肺炎治療方式とPCR検査の採用問題が大いに議論されたのがわかります。
恐らく、WHOの(なんでもコロナにしろみたいな)指示に抵抗した感じを受けますが、WHO指示に100%拒否はできません。
政治外交問題です。
世界を牛耳る感染関係者には見せられない議論もあったに違いないと思います。国民なんかめじゃないですよ。彼らのディスカッションは専門知識を前提とした会話ですから、基礎を持たない私たちには理解できません。

黒塗り批判は、この延長線上にあります。

 

あなたに10万円預けるからいい加減にしてくれと批判だけの人にメッセージしてもだんまり。

疑問を持つ素地もないので、メディア情報だけで白黒つけたがる分岐思考の問題

その内、日本語のブログにします。

横道に逸れましたが、トランプをネオコンと勘違いしている外交ブロガーやトランプに余裕があるという人に説明します。不鮮明ですけど、画像作成に苦労しています。トランプがネオコンと思っているうちは、日本外交の問題もわからない。安倍がどうのという話ではありません。

 

 

ネオコンは一般的に、軍産複合体に支配される米国の官僚構造(Deep State:ディープステーツ)と云われています。米軍、CIA、FBI、NSC(国家安全保障会議)、FEMA(連邦緊急事態管理局)などです。しかし、彼らの背後にいるのは、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、連邦準備金制度を作り、ウォールストリートを牛耳る一握りの人達です。米国の200年を作ってきた人たです。
今回、コロナを演習課題にしたロックフェラー財団も、その一つです。
日本が西欧の一部になったのか、なされたかですが、三極委員会というのがあります。
1973年デイビッド・ロックフェラーズビグネフ・ブレジンスキーらの働きにより設立されたものです。
日本は敗戦以後実質米国隷属状態にある上に、三極委員会の如きアングロサクソンの金融支配下にあるので、IMF拠出金や国連分担金が多いのです。IMFが消費税を上げろというのもこの構図があるからです
ビル・ゲイツ財団は、彼らから見れば未だ若い組織です。
彼らから見れば、トランプは成り上がり不動産ペテン師に過ぎません。彼らが自負する教育も品格もありません。
オバマはCIAに育てられたという(噂ではないと思います)人で、彼らにとってみれば貴重なアクターです。まず、これを理解してください。

しかし、彼らが作った国際金融を仕切ってきた仕組みが弱体化したのです。
中国の経済成長を止められなかったからです。もう止まりません。しかし、未だ止めようとしている。コロナ騒動もその一つです 

画像の真ん中に置いたのは、コロナで食えなくなったフロイドという黒人男性です。書類をごまかして役所から支援を受けようとしたので、呼ばれた警官が彼を倒して首を脚で抑えた。その映像がツイッターで拡散した。息をできなくして、結果的に殺してしまった警官は捕まりましたが、この事件を契機に様相が大きく変わりました。

米国中が左翼テロみたいな動きになった。トランプは、Antifaテロリストと呼んでいますが、それは、それで正しい。  

大統領選挙です。トランプ追い落としです。

オバマが、大多数は平和的と云って火に油を注ぎ始めた。ウクライナのネオナチクーデターで同じ言葉を使いました
トランプは暴動鎮圧に軍を出動させると物議を醸していますが、軍はネオコンです。

出動する可能性はゼロではないと思うのは、出動によってトランプはさらに批判の的になるからです。

ロシアの議員が、今頃になって米軍はトランプの指示で動かないと云ってますが、マチスが辞表叩きつけた時から始まったことです。

トランプに余裕なんかありません

ただ、Trumperと呼ばれる白人至上主義の左翼嫌い支持者は多いですから、それだけが頼りです。その分、過激発言になる。

完全な分断社会になりました。

ロシアのプーチンは、ウクライナ以来オバマやヒラリーのネオコンを極端に嫌っています。
ロシアゲイトがオバマの仕掛けと知っている日本人は多いと思います。
プーチンは、それを逆手に使っています。トランプと友好関係を誇示するようにしてきました。
トランプも中国にはめちゃくちゃ云いますが、言葉でプーチンを攻撃することはありません。実際にやっているのは、ネオコンに媚を売る小手先戦略です。イラン敵視。シリア攻撃。イスラエルの機嫌取り。
プーチンが、トランプからの呼びかけに応じてきたのは、今は、米国政治を混乱させるためと考えていい。
トランプが「G7にロシアを入れる。OKしてくれ」という頼&l
続きを読む >>
2020.06.01 Monday

For the Improvement of Education for Children

Has your capacity of imaginative thinking been down graded?

 

Your brain may have been overwhelmed by "stress and fear" which suprreses logical and creative thinking.

Divergent thinking makes you tend to make quick judgment without wider and deep analyses of every day events, while convergent thinking makes it possible to capture more entire and dynamic picture of the world behind short lived and visible events.

     

Divergent thinking is the result of negative attitude accumulated during long period of time both in school and work place, which tend to refuse untraditional thinking shown in this slide against set rules and common senses available in any organization and community with no real concideration of psycological and behavioral differences every individual  person has.  

Children see the world qualitatively while the every day world tends to put more value in quantitave training.

Both theorem and formula from natural law have been developed from qualitative observation, cuoriosity and imagnation.

Creativity is the natural product of those three basic factors.  Off course, you must have knowledge of established theorem and formula but you can add up something new if you have naive questions with curiosity for every events occuring in your surroundings.  

 

/

Here is an example how you can stimulate your brain. /

/

I would like you to read this seriously. This is not a conspiracy theory, but to clearly articulate   
the conspiracy orchestrated by the group of extremely rich and powerful western philanthropists.

COVID-19 pandemic is their exercise using toxically rather weak virus to confirm their Scenario Narrative expected to be “a world of tighter top-down government control and more authoritarian leadership, with limited innovation and growing citizen pushback.”

This riot and protests happening in other cities both in the US and some countries in Europe are plausible results of the scenario narrative of Lock Step meaning Pandemic.   


Please listen carefully.

The Scenario Narrative is written in the section “Lock Step” of “Scenarios for the Future of Technology and International Development” produced by the Rockefeller Foundation and Global Business Network May 2010.

Their definition of scenario is rather unique from their statement; “please keep in mind that the scenarios in this report are stories, not forecasts, and the plausibility of a scenario does not hinge on the occurrence of any particular detail.”
Another statement in the report is more indicative.

“Together, a set of scenarios captures a range of future possibilities, good and bad, expected and surprising—but always plausible. Importantly, scenarios are not predictions. Rather, they are thoughtful hypotheses that allow us to imagine, and then to rehearse, different strategies for how to be more prepared for the future—or more ambitiously, how to help shape better futures ourselves.”

 

Their thoughtful hypothesis in Lock Step is that “in 2012, the pandemic that the world had been anticipating for years finally hit. Unlike 2009’s H1N1, this new influenza strain—originating from wild geese—was extremely virulent and deadly. Even the most pandemic-prepared nations were quickly overwhelmed when the virus streaked around the world, infecting nearly 20 percent of the global population and killing 8 million in just seven months, the majority of them healthy young adults.
The pandemic also had a deadly effect on economies: international mobility of both people and goods screeched to a halt, debilitating industries like tourism and breaking global supply chains. Even locally, normally bustling shops and office buildings sat empty for months, devoid of both employees and customers.”

 

Except for the year and real virus pathogenicity, what we are eye-witnessing right now is the end results of their scenario exactly and the scenario is not the prediction as they say.

Let’s see other two end result.


1) “The United States’s initial policy of “strongly discouraging” citizens from flying proved deadly in its leniency, accelerating the spread of the virus not just within the U.S. but across borders.”

This was not prediction, but it has exactly happened in Trump policy which was skewed by Anthony Fauci and other officials of CDC.

 

2) “However, a few countries did fare better—China in particular. The Chinese government’s quick imposition and enforcement of mandatory quarantine for all citizens, as well as its instant and near-hermetic sealing off of all borders, saved millions of lives, stopping the spread of the virus far earlier than in other countries and enabling a swifter post-pandemic recovery.”

There are no clairvoyants in this world. How could they make their scenario come true?  

 

There is another section stating the role of philanthropy in the report which illustrates their apparent objectives.

“Philanthropic organizations will face hard choices in this world. Given the strong role of governments, doing philanthropy will require heightened diplomacy skills and the ability to operate effectively in extremely divergent environments. Philanthropy grantee and civil society relationships will be strongly moderated by government, and some foundations might choose to align themselves more closely with national official development assistance (ODA) strategies and government objectives.

Larger philanthropies will retain an outsized share of influence, and many smaller philanthropies may find value in merging financial, human, and operational resources.

Philanthropic organizations interested in promoting universal rights and freedoms will get blocked at many nations’ borders. Developing smart, flexible, and wide-ranging relationships in this world will be key; some philanthropies may choose to work only in places where their skills and services don’t meet resistance. Many governments will place severe restrictions on the program areas and geographies that international philanthropies can work in, leading to a narrower and stronger geographic focus or grant-making in their home country only.”


My conclusion is that the certain group of western philanthropists intends to maintain Anglo-Saxon hegemony working with the US government, not Trump, taking advantage of US military strength. Target countries are primarily China and Russia.


 

I will stop here because it is going to be too long with some advice.

You can’t have access to the report now although it was possible until two days ago.

The report was updated April 21 with URL below, but you will find the error denotation.
https://www.rockefellerfoundation.org/wp-content/uploads/2020/04/TheRockefellerFoundation_WhitePaper_Covid19_4_22_2020.pd

However, it is still possible for the access from this site which suggests DOWNLOAD THE DOCUMENT.
https://coloradopublicbanking.blogspot.com/2020/05/the-virus-event-and-rockefeller.html?m=1&fbclid=IwAR2M05sBuIwt1jX9UlZIH4Ch2bTwaiikRfqGFaYAFY79kH6_MU6iysUHCZU


If you have some one who read Japanese language, let them check my blog at http://stratpreneur.jugem.jp/?eid=1626

There are screen shots of the report there.

 

Very sorry for this lengthy advice.

 

2020.05.31 Sunday

ロックフェラーとゲイツの壮大な実験世界:戦略はストーリー

コロナ死亡数カウントのウソが続々と出ています。
スペイン

イギリスも。

米国はこっそり。致死率修正。リンクは、直接感染センターサイトにしました。

最新は、ドイツ

 

リークした内部文書の重要ポイントが、

●The dangerousness of Covid-19 was overestimated: probably at no point did the danger posed by the new virus go beyond the normal level.

コロナの毒性(病原性)を過大評価した:新ウィルスの危険性が従来のものを超えることはなかったのだろう。

●The people who die from Corona are essentially those who would statistically die this year, because they have reached the end of their lives and their weakened bodies can no longer cope with any random everyday stress (including the approximately 150 viruses currently in circulation).

コロナで死んだ人は、統計的にみて今年亡くなる筈の人がほとんどだ。つまり、彼らの寿命は尽きており弱った身体が毎日のどんなストレスにも耐えられなかったということだ。(およそ150のウイルスが回っていることも含めて)

●Worldwide, within a quarter of a year, there has been no more than 250,000 deaths from Covid-19, compared to 1.5 million deaths [25,100 in Germany] during the influenza wave 2017/18.

一年の4分の1の期間に世界でコロナで亡くなった死亡者は25万人を超えなかった。2017年~2018年のインフルエンザの死亡数は150万人(内ドイツは25,100人)。

●The danger is obviously no greater than that of many other viruses. There is no evidence that this was more than a false alarm.

危険性は、他の多くのウィルスより大きくなかったのは明らかである。だが、これは誤認警報以上のものという証拠はない。

●A reproach could go along these lines: During the Corona crisis the State has proved itself as one of the biggest producers of Fake News.

非難はこういうものになるだろう:コロナ危機期間中フェークニュースを創り上げた一つが国自体であることを実証したと云われること。
既に、イタリアの告発は以前のブログに書きました。イタリア、スペイン、イギリス、米国が、既にカウントのウソを認めている。
カウントがウソばかりではありません。PCR検査ではウィルスの種類はわからないことは、発明者のノーベル化学賞受賞者の話も日本の専門家からの見解も紹介しました。
感染確認数自体もおかしいのです。
感染とは、病原物が体内に侵入し増殖し、体内組織が病原物と病原物が生産する毒物に反応することです。ウィキペディアの説明です。PCR検査は、毒物に反応するのを検査しているのではないことはおわかりですね。それじゃ、感染確認数という言葉自体が誤りなのは明らかです。
しかも、ドイツは150ものウィルスが回っているとすら云っている。ロシアは200と云ってました。しかし、どのウイルスが本当に感染したのか、世界のどこにも報告がない

ウイルスが降ってくる。サハラ砂漠の粉塵や波しぶきの有機物と凝集して風で飛ぶという研究報告を紹介しました。波しぶきには光を好む小さな動物性プランクトンがあります。プランクトンが大気の炭酸ガスを海底に取り込む効果が、これまでの知見の倍以上という研究報告概要を読みました。この不鮮明な画像は、いつかそれを紹介しようと作成したものです。ついでに、病原体であるウィルスも自然界に維持されるのを知ってもらいたいと思った次第です。
レゼルボア(reservoir)とは、生物、土壌、有機物の中で病原体が維持され、感受性動物に対して伝播される状態になっている貯蔵庫のことです。生物には人間も他の動物も植物もあります。私たちの体内にウィルスはありますから貯蔵庫の一つです。体内にウイルスが存在することと感染は別の話ですと云ってきた理由です。
ウソがここまで明らかになっても依然としてこの状態が続くのはなぜでしょうか? マスク大行進

ワクチンのためだ。ゲイツの所為だというのは比較的多くの人がわかってきたようですが、今日は、もう少し奥行きを見たいと思います。ゲイツは仕掛け人の一人ではありますが、いわゆる、超富豪慈善家集団の大実験というのを証明します。ロックフェラー財団はその一つです。彼らの社会実験の成功がマスク大行進です。

これをご一読ください。下にある画像の英文コピーと日本語訳です。

In 2012, the pandemic that the world had been anticipating for years finally hit. Unlike 2009’s H1N1, this new influenza strain—originating from wild geese—was extremely virulent and deadly. Even the most pandemic-prepared nations were quickly overwhelmed when the virus streaked around the world, infecting nearly 20 percent of the global population and killing 8 million in just seven months, the majority of them healthy young adults.

2012年、世界が何年も前から予期したパンデミックがついにやってきた。2009年の豚ウイルスとは異なり、野生のガチョウから生じたこの新しい系統のインフルエンザウィルスは極端に感染力が強く致死率が高い。パンデミック対策を講じていた国でもウィルスが世界中に拡散する間にあっという間に対処不可能になった。世界人口の20%が感染し、わずか7ヵ月間に800万人が死亡した。その大半が健康な若い成人であった。

The pandemic also had a deadly effect on economies: international mobility of both people and goods screeched to a halt, debilitating industries like tourism and breaking global supply chains. Even locally, normally bustling shops and office buildings sat empty for months, devoid of both employees and customers.

パンデミックは経済に致命的な影響をもたらせた。世界の人の移動と物の動きが完全にストップした。観光産業は壊滅し、世界の物流チェーンはズタズタになった。地方も同じこと。普段は騒がしい商店街やオフィスビルが何か月間も手持無沙汰の状態が続き、従業員も顧客もいなくなった。

The pandemic blanketed the planet—though disproportionate numbers died in Africa, Southeast Asia, and Central America, where the virus spread like wildfire in the absence of official containment protocols. But even in developed countries, containment was a challenge.

パンデミックは世界を覆いつくした。政府の対策が不十分なアフリカ、東南アジア、中央アメリカではウィルスは森林火災のように広がり、死亡者数は群を抜いたものになった。しかし、先進国でさえも抑制は困難であった。

The United States’s initial policy of “strongly discouraging” citizens from flying proved deadly in its leniency, accelerating the spread of the virus not just within the U.S. but across borders.

パンデミック初期に人の航空移動を”禁じなかった”米国の寛容的政策は致命的で、米国内ばかりでなく海外にもウィルスの拡大を加速してしまった。

However, a few countries did fare better—China in particular. The Chinese government’s quick imposition and enforcement of mandatory quarantine for all citizens, as well as its instant and near-hermetic sealing off of all borders, saved millions of lives, stopping the spread of the virus far earlier than in other countries and enabling a swifter post-pandemic recovery.

しかし、2〜3の国は上手くやった。中国が特に成功した。中国政府が全国民を強制的に隔離する迅速な措置とすべての境界線封鎖は数百万人の命を救い、他国よりも数段早くにウィルス拡散を防ぎ、パンデミックからの早い回復を可能にした。

・・

致死率が高いことと犠牲者が若い成人ということ以外は、今のコロナで起きていることと全く同じです。
トランプの失敗も中国の成功もシナリオ通りです。トランプの失敗は後述しますが、この画像の後に続きがありますので読みます。

China’s government was not the only one that took extreme measures to protect its citizens from risk and exposure.

国民を危機から救おうとして極端な対策を採ったのは中国政府だけではない。

During the pandemic, national leaders around the world flexed their authority and imposed airtight rules and restrictions, from the mandatory wearing of face masks to body-temperature checks at the entries to communal spaces like train stations and supermarkets.

パンデミックの間、世界中の国のリーダーは、彼らの権力を思いのままに使って密閉ルールと規制を強いた。マスク着用命令から列車やスーパーマーケットなどの公共場所の入り口での体温チェックなどである。

Even after the pandemic faded, this more authoritarian control and oversight of citizens and their activities stuck and even intensified. In order to protect themselves from the spread of increasingly global problems—from pandemics and transnational terrorism to environmental crises and rising poverty—leaders around the world took a firmer grip on power.

パンデミックが収まった後でも、国民監視の官憲主義的統制は強まり、国民の活動は抑制されるどころか抑制はますます強くなった。パンデミックや多国籍テロリズムから環境危機や貧困問題に至る増大する国際問題から自らを守るために、世界のリーダーは権力をより強めることになった。

この部分も今、現実に起こっていることです。
2010年のロックフェラー財団白書が、こういうことを想定していた。予測じゃありません。シナリオです。
年次が違いますし、ウィルスの種類も違いますが、2010年にこのようなシナリオが作られていたのです。

この資料を知ったサイトです。このサイトのDOWNLOAD THE DOCUMENTから白書が手に入ります。ダウンロードしたURLからは行けません。

 

 

米国コロラド州で銀行を公的にする活動をしている人らしいですが、このサイトだけでは陰謀論者かと思うかもしれません。特に、この下に続く謀略の中身の一部を読めばますますそう思うでしょう。

 

謀略の中身を書いた人は別人ですが、この人が詳細を調査した人なのはわかります。それを徐々に述べます。

ロックフェラー財団の白書は、2010年5月に公開したものです。しかし、そこには謀略の中身のようなものは、勿論ありません。

 

白書は表紙にある如く、技術進展による世界の未来がどうなるかというシナリオ(仮説)です。しつこいですが、予測じゃありません。違いを後で詳しく述べますが、シナリオ(仮説)を4つの要素から描いています。白書の14ページにマトリックスがあります。

縦軸が政治と経済の足並みが揃っているかどうか。

横軸は人々の順応性とか適合性。

マトリックスの構成要素は考えた人の未来の見方の反映です。はっきりしているのはAIが未来を動かすという視点。技術の進化は人類の知的活動です。止めようとして止まるものではない。
政治と経済への影響は大きいですが、技術進化もまた政治経済を動かすエンジンになるので互いに影響し合う。
技術進化に伴う知的財産に対する脅威はハッキングですから、要素に入れるのは当然かもしれません。
上段のLock stepというのは横並び意識のことです。他の人がやるから自分もやるというのもありますし、自分より貧しい人を見て、自分はまだ恵まれているというのもあります。日本は、その典型です。
Clever togetherですが、止められない技術進化に対して”みんな賢く”はあり得ない。技術進化は知識格差を増大する。貧富の差と同じです。しかし、地球をみんなが支えている手という構図ですから、地球環境を守る人が賢いというつもりなのでしょう。

この要素構成を見て、な〜んとなく嫌な感じがしませんか?

2012年にパンデミックが発生するというシナリオ(仮説)は予測じゃないのです。白書自体がそう述べています。白書に、何故シナリオが必要なのかという項目があります。そこで強調しているのは次の文章です。

Together, a set of scenarios captures a range of future possibilities, good and bad, expected and surprising—but always plausible. Importantly, scenarios are not predictions. Rather, they are thoughtful hypotheses that allow us to imagine, and then to rehearse, different strategies for how to be more prepared for the future—or more ambitiously, how to help shape better futures ourselves.

複数のシナリオのセットは将来の可能性を捉えるものだが、例え、それらが良いものであっても悪いものであっても、或いは、予期されるものであれ、突然で驚くようなものであれ、常にもっともらしい説明がつくものである。ここで重要なのは、シナリオは予測ではないということだ。そうではなくて、シナリオは思慮に富んだ仮説であり、それによって我々が想像をめぐらしてリハーサルするもので、未来に対してより良く備えるための柔軟な戦略を持つためであり、或いは、われわれ自身のより良い未来を創り上げるためにより野心的になるためである。

Please keep in mind that the scenarios in this report are stories, not forecasts, and the plausibility of a scenario does not hinge on the occurrence of any particular detail.

この白書のシナリオはストーリーなのだ。予測でなく創るものだ。そして、一つのシナリオがもっともらしく見えるなら、どんな特別の成り行きになっても、それはそれで構わない。

この英文を私のような訳し方をする人が多いとは思いません。ここは、戦略立案や相手の戦略(ストーリー)を読むというきわめて狭い特異な分野です。私の「行動様式学序論」は、誰かが私たちを騙すストーリーを出来るだけ早く読み取るための論文です。ブログには、仮説(シナリオ)のセット、或いは、戦略はストーリーという言葉が頻繁に出てきます。創られたストーリー(戦略)なら読めます

冒頭のスクリーンショットは、Lock stepでした。つまり、”横並び意識”を持たすためのシナリオ。つまり、仮説ストーリーです。マトリックスとLock stepのサブタイトルを合体させました。

サブタイトルに「政府による厳しいトップダウン方式とますます強まる官憲主義的リーダーシップ。そこではイノベーションが停滞し、市民の反政府運動が高まる」とあります。
トップダウンと官憲主義的リーダーシップはその通り起こりました。
反政府運動が高まるというのは、米国ミシガン州やミネアポリスの現在起きている暴動。フランスとイギリスのロックダウン抗議などの発生を見れば、仮説通りです。
つまり、仮説(ストーリー)を立て仮説を実現するための活動をしたから仮説が実現したという傍証になります。
云い換えれば、目標があってそれを達成する戦略を実行したから達成できたという(私の仮説)ことになります。
では、私の仮説が正しいかどうか検証すればいいことになります。戦略の解明です。
戦略立案には動機(意図)と目的があります。
戦略遂行には、目的を達成する手段があります。
戦略遂行は、必ずステップがあり順序を踏んできます
動機、目的、手段、順序が繋がらないと、戦略が意図されたものかどうかわかりません。
ロックフェラー白書に続く2020年4月21日付で公開された報告を見ます。

原稿書き始めた時にはリンクが働いたのに、昨日からエラー表示になる。余程嫌われたらしい。それは、それとして、右上に載せたのが、これです。

 

何じゃいと思いました。もう少し格調高い何かがあるかと思いましたが、検査徹底。感染監視強化。コロナデジタル共通プラットホーム構築」ですからね。何のウイルス検査しているのかもわからずに。
コロナ感染を柱にして個人情報収集と個人監視制度を推進という訳ですね。これ以外の解釈がありますか?
だとすれば、慈善事業なのにこれが慈善か?ですね。今度は、この疑問を検証しなくてはなりません。
2010年5月の白書にLock Step(横並び)の慈善家の役割というのがあります。

青字部分だけで本音がわかります。

●慈善事業認可は厳しく管理され、政府の戦略と目的に合えば、大慈善家は特大の影響を持ち続ける

●世界に人権と自由をもたらす活動を妨害する国がある

英文を記録のために残します:

Philanthropic organizations will face hard choices in this world. Given the strong role of governments, doing philanthropy will require heightened diplomacy skills and the ability to operate effectively in extremely divergent environments. Philanthropy grantee and civil society relationships will be strongly moderated by government, and some foundations might choose to align themselves more closely with national official development assistance (ODA) strategies and government objectives.

Larger philanthropies will retain an outsized share of influence, and many smaller philanthropies may find value in merging financial, human, and operational resources.

Philanthropic organizations interested in promoting universal rights and freedoms will get blocked at many nations’ borders. Developing smart, flexible, and wide-ranging relationships in this world will be key; some philanthropies may choose to work only in places where their skills and services don’t meet resistance. Many governments will place severe restrictions on the program areas and geographies that international philanthropies can work in, leading to a narrower and stronger geographic focus or grant-making in their home country only.

ゴシック体がロックフェラー財団の本音と思います。つまり、
全世界の人民に人権と自由をもたらそうとする慈善事業家の活動は、多くの国境で阻害される。知性、柔軟性、そして広範囲な関係構築が鍵である。慈善事業家の中には活動が阻害されない国だけでの活動に留まる者たちもいる。多くの国の政府が国際慈善事業家の自由な活動を阻害する。その結果、自国のみでの狭い活動のみに終わる結果になる。
米国から見て、人権と自由の活動を妨害する国ってどこですか?
中国でしょう。ロシアでしょう。イランでしょう。北朝鮮ですね。シリアもそうなるのか。人権なんかないサウジアラビアは仲良しなんですけど対象外。慈善家など持ち出さなくとも現実の米国の外交方針です。
ということは、ロックフェラー白書はアメリカ政府外交方針と一体ということになります。
慈善家のいう妨害国はネオコンの敵国と同じです。
これが、ロックフェラー財団の戦略立案・実行のための動機と目的です。

香港でも、ウィグルでも、シリアでも、イランでも、ロシアでも、反政府勢力に資金を提供して知恵も授けている組織にNEDというのがあります。National Endowment for Democracyの略です。気に入らない国の政権転覆のために反政府運動を民主化運動と称して工作する部隊です。背広とドレス着用していますが、れっきとした諜報部隊。
1983年だったと記憶していますが、CIAの評判が悪くなって、ソフト工作部門を形だけのNGOにしました。お金は議会承認のれっきとした政府のお金です。
ロックフェラー白書のシナリオはNEDの慈善家版と考えればいいと思います。ケネス・ロスが事務局長を務めるNGO
ヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch)はソロスの傘下ですから同じです。シリアのケミカルウェポンを見ればわかります


15世紀とか16世紀を思い出してしまいます。世界制覇の手口が同じように思いますね。当時とは国は違います。

軍事力がなければ、成り立ちません。米軍基地世界に1,000。聖書に代わるのがAI信仰ということになるのかな。
ハイウェイ001は、大金持ち0.01%に続く道という皮肉です。
ここで、後述すると約束したトランプの失敗について述べます。

・・
続きを読む >>
2020.05.24 Sunday

YouTubeもFacebookからも削除されないサイト:ついでにコロナもちょっと

どう考えてもコロナの毒性は弱い。

ロシアがワクチン接種を普及させたい理由は、画像にリンクしたブログに書きました。したがって、集団免疫の必要を理由付けたワクチン接種戦略は明確です。

世界がグルというのは、EUのワクチンパスポート計画からもわかります。ビルゲイツさん、参りました。あんたは偉い!

元々、このプランはフィージビリティスタディで、どうやってワクチン忌避をストップして接種を拡大するかを目的にしたもので、今回のコロナを念頭に置いた訳ではないのですが、2019年9月12日のEUとWHOの協議で「世界のすべての人にワクチン接種アクション10」から性質が変わったといいます。

 

ややこしくなるので、これまでブログに取り上げませんでした。今回が初めてです。WHOのアクションプランサイトにリンクしました。

このアクションプランには6つの戦略がありまして、戦略4が下の画像です。別サイトですのでリンク貼りました。

そして、記事には一か月後の10月にイベント201が開催されたとあります。

4月5日の「コロナウィルス大騒動の終焉」に用いたこの画像です。11月4日は、各産業のビジネスから選りすぐったパネラーが終結した日です。

 

 

右下にWUHAN 2019を間借りしたのは、10月に開催された軍事オリンピックに米国者が持ち込んだという未だに判然としない中国の主張です。

ヨーロッパのコロナ死亡数が多く報告されているのもEUとWHOのこのプロジェクトの所為と思います。段々、世界の仕組みが明らかになって暗い気持ちになりますが、今回はフクシマと違ってリアルタイムで検討しましたので全貌は早くにわかりました。

ワクチンパスポートは止めようがないかもしれませんが、追跡システムの監視制度は止めさせなければ本当に社会が崩壊しますから何とかしなければならないと思います。
実は、武漢の軍事オリンピックに米国が持ち込んだという話ですが、ちょっと驚いたことがあります。一昨日のことでした。

右列の一番下にGlobal Researchというのがあります。カナダのシンクタンクですが、米国のブルッキング研究所がロシアのプロガンダマシーンだと云うのです。ああっ?とびっくりしながら納得した次第。
以前は、あまり根拠のないこと書いていたので、陰謀論サイトじゃないかと思ってほとんど参考にしませんでした。実は、3月25日に中国の国営ウェブ「グローバルタイムズ」がGRの記事を引用してコロナは武漢の軍事オリンピックに持ち込まれたと書いたのです。「なんじゃい。GR記事の引用か」と相手にしなかったのです。
しかし、ロシアの諜報機関がバックにいるなら、物の見方は変わります。少なくともロシアは最初から生物兵器の疑いを持っていたということです。今でも、その疑いを捨てていないのは4月22日のブログ「日本経済はどうなるのか」に書いた通りです。

今、ロックダウンに反対するYouTubeは削除されますし、マスクは不要というものなどはFacebookから連絡が来て動画が削除されます。私も、やられました。

もう一度同じ画像を見ます。そこに、削除されずに残るものがあると書きました。

 

6年間削除されないYouTube。
ウクライナのクーデター仕掛けた米国国務省次官補佐ビクトリア・ヌーランドと米国ウクライナ大使ジオフリー・ピヤットが、ヤヌコビッチ大統領を放逐した後の次期首相を決める電話会談。盗聴したのはロシア
盗聴二週間後にロシアは一気に動いてクリミアで住民投票が行われ、ロシアに帰属することになりました。当時、海外誌でどうして削除されないのだと書いたら、削除してもすぐアップするからだと云った人がいました。もっと高度な手でブロックしていると思いますが、わかりません。自画自賛で恐縮ですが、このブログは今読んでも面白いです。そこに声だけのYouTubeがあります。
フクシマ4号機のサイトはロシアと思っていました。こっちは、何度か差し替えられました。今も健在です。
ロシアとは思っても、私の知識レベルもあるので、すべてを受け入れた訳ではありません。左の4号機北側壁からプルトニウムが流れ出たというのも眉唾と疑っていました。


ただ、右のチェルノブイリのプルトニウムの画像は、ロシアが撮ったものだろうとは思ってました。
4号機はいろいろな情報があるにも関わらず、お上は蓋をしてしまいましたし、国民のほぼ全員といってもいい程疑いません。
原発に反対するなら、蓋を開ければいいのじゃないの助言してもそうはしない。
子供たちを考えたら年間被ばく許容量を1ミリシーベルトに戻してやりたくて数年やってきましたがダメでした。2014年7月に、「4号機のプールから米国が数十年前に貸してくれた兵器級プルトニウム331Kgが飛散した。東京オリンピックはフクシマ矮小化の最終ステップだ」と書いて三大ブラウザが完全にブロックされ、現在でも開いているのはサファリだけということになりました。
ブロックされたブログには物的証拠はないのです。その後、何度も何度も様な角度から検討して書いてきました。
一番知りたい点を、ロシアはどこまでつかんでいるのかわからないのです。
米ロ兵器級プルトニウム削減合意2010年プロトコール(削減方式)との関係を。

4号機の核燃料プールからプルトニウムが飛散したのは、ロシアもわかっている。北側から流れ出たのもわかっている。
私は、北側からも飛散したと思ってましたが、流れ出たというのは信じたような信じないような。
私は、運転休止していた4号機で秘密の新型MOX燃料発電実験をしていたと思って既に公開しています

コンパクトなのはこの英文ブログ日本語版がここです。
・・

4号機では秘密作業をしていたので、福島第一原発の故吉田所長ですらタッチできなかった。それは、事故調査記録に残っている。GE日立と東電本店だけしか知らない。秘密作業の内容は米国政府も関与している。

ロシアが知っているのかなというのは、1)2010年プロトコールに基づいたMOXが実験的に製造されていたこと、2)さらに、核不拡散条約に違反する米国から研究用に借りた兵器級プルトニウムがなくなったこと。

私は、東海村のIAEA研究所が公開した2014年の報告書に、4号機爆発後に兵器級プルトニウムの主成分239Puの相当量の飛散と福島原発にある筈のない236ウランが検出され、4号機以外にない物質だから米ロ合意の新型MOXと推定しました。

運が良かったのです。風。

4号機の爆発は3月15日未明。

 

 

この16日の風がなければ、東海村で239Puも236Uも捕獲できなかったでしょう。

プルトニウムの飛散は問題にならないというのはたった一つの研究報告です。2012年3月にNatureに掲載されたものですが、矛盾があるのです。と思って書いたのがこのブログです。

私の検討が正しいかどうかは、ご自身で確認されるといいと思いますが、米国が数十年前に貸してくれた兵器級プルトニウム331Kgがどこかに消えたのは確かなのです。
これだけは、どう弁明しようとも事実です。
オバマ大統領が日本に返還しろと云ったのは、2014年1月です。40年も前に研究開発用に貸したもの331Kgを返せと云うこと自体がおかしくないですか?
その間揉めたのですが、安倍さんが返すと云ったのが二か月後の3月。そして、返還船がサバンナリバーサイトに到着したのが2016年6月。2年3か月後。到着したのが331Kg。
研究開発に1グラムも使わなかったということですね。
私は、この件を原子力反対なのかなんなのかわかりませんが、そういう人たちの集まりで話しました。議員会館で二度。その他にも一、二度。疑問を持った人はだれ一人なし。
高速増殖炉の研究に使用されたのです。返還したのはMOX燃料棒じゃないです。兵器級プルトニウム331Kg.。
今更という気がしないでもなかったですが、今年1月にもブログしました
日本人はとにかくとして、この331Kg返還の話は国際的に話題になりましたからロシアも中国も知っています。返還船はイギリスから出発して日本に来てから米国に向かいましたから、イギリスもフランスも知っています。331Kgの中身は英国製、フランス製、米国製の合計ですから。
しかし、おかしいと云った国はありません。
みんなぐるなんです。原発で真っ白の国などありませんから、みんなで隠す。
恐らく、実験的に製造した新型MOXはもっと多いと思います。日本にあったものは使いましたから残りは余りなかった。ですから、米国が兵器級プルとニウムをこっそり持ち込んでいたのでしょう。現実には4号機から飛散したプルトニウムは331Kg以上と思います。

と云っても、今更、元に戻すことは出来ないし、隠した人たちを責める気も元々ありません。しかし、除染するにしても矮小化したままではどうにもならない。

各国は口を閉ざし、国連もIAEAも嘘八百並べた訳です。構図はCOVID-19と同じです。


2020.05.22 Friday

黒川検事長辞職に複雑な思い:リアルタイムの課題

 

 

この報道を複雑な思いで見ました。

 

この人が小渕優子のドリル事件を闇に葬ったと云われているからです。

安倍政権の支持率が急落しました。
この画像をじっくり見てください。

2014年7月1日。集団自衛権を閣内決議しました。当初、国会で審議すると云っていた安倍さんが、ドリルと団扇で支持率が落ちたので、衆院解散に打って出たんです。アベノミクスノ信を問うとかの口実で。
米国は年末までに集団自衛権を組み込んだ日米二か国共同防衛ガイドラインに改訂すると云ってましたから、解散のうわさが出た時点で、目くらましに出たかと思いました。まさか、有権者がだまされるとは思いませんでしたが、うわさ時点で「だまされないように」とブログしました。でも、簡単に騙されて自民党圧勝。そして、2015年4月に改訂。安倍さんは、そのご褒美に米国議会でスピーチの栄誉。
ガイドライン改訂をぶっ潰してやろうと必死にいろいろやりました。最近「君よ憤怒の河を渡れ」ブログのアクセスが多いのです。なぜか、わかりませんが。
安倍さんは、正直な人なんでしょうね。選挙に勝った翌日、一言も口にしなかった「集団自衛権も国民の理解を得た」と云い放ちました。

閣内決議には反対の声が大きかったのです。国会デモも盛り上がってました。弁護士300人かがぶっ潰すと息巻いてました。
しかし、ガイドライン改訂には無頓着。ガイドラインは日米安保条約の運用ガイドラインです。ガイドライン改訂されたら、安保条約反故にしない限りどうにもなりません。
憲法学者は憲法条文に囚われ、現実がどうなるかまでは考えない。国民は、国内法に過ぎない安保法制に反対すれば何とかなると思っていた。
で、戦争させないとか叫ぶ。
集団自衛権は、日本が戦争するとかするとかの話じゃない。同盟国米国が安全保障の危機と云えば、米軍と一緒に戦うということです。日米関係からみれば常識ですが、なぜか、常識が働かない。
集団自衛権は、日本を変えた一大事件です。5年後の今、真剣に考えている日本国民はほとんどいないでしょう。ですから、米軍が世界で展開している軍事戦線などに何の興味もない。こんな画像見せても屁でもない。

ドンパチ起きれば、自衛隊出動する。絶対に表に出てきませんが、既に出動してると思います。仮に、軍事衝突で犠牲者が出ても隠します。一体、どういう国民なのかと疑います。政権批判するだけで、その先がどうなるか考えない。その先が大問題だから、先が読めれば、反対のやり方も変わるんです。
安倍批判じゃなくて、ガイドライン改訂をどう阻止するかを考えなければならないですが、そうはならない。この辺りが私のやり方と根本的に異なる。
コロナも同じです。批判の成長曲線。Sカーブ。

ダイアモンドプリンセス、PCR検査、付和雷同成長曲線。そして、シンガポールの調査結果に大喜び。
コロナってこれまでのインフルエンザウィルスより猛毒なんですか?
恐れおののいて、政権批判する前に確かめなければならないことがあるでしょう。自分の責任で

3月の早い時点で、このウィルスはこれまでのインフルエンザウィルスと大差ないなと思いました。しかし、科学的根拠が十分じゃないので黙ってました。

同時に、もしそうなら大騒ぎにする理由と目的。その結果起こり得る社会を考えなければならない。

ですから、4月5日にやっと、コロナの病原性の低さと貧富の差が拡大する社会になると書いた訳です。
ここ2~3日のFacebookを見るとコロナでの安倍批判は影を潜めて、黒川問題や森友事件で安倍批判が多い。
コロナの先行きなどまったく考えていない。
集団自衛権のガイドライン改訂と同じだな〜と残念に思います。
30歳年下の友人から叱られています。
18年前、私のやっていることを彼は、「やってもムダ。考えるのが嫌いな国民だから、日本を変えようなんて出来っこない。お金稼ぎなよ。心配しているんだから」と云うので、「そんなことない。日本人はバカじゃない」と何度か喧嘩したことがある。
その彼がコロナで、「渡辺さん、自己満足してないか?諦めたらダメだよ」と云う。「やり続けなよ。云ってもわからないなどというのは逃げだ。もっとわかりやすく説明できないあなたの問題だ。他人の所為にしてないか?」と厳しい。
コノヤロー、勝手なことを云いやがってとも思うが・・・

 

2020.05.21 Thursday

ビルゲイツに勝利させるのか:監視社会と日本

米国感染センター(CDC)がコロナ感染者の他の人との接触追跡監視を強化すると改めて言明しました。

感染確認者の国内・海外追跡監視インフラに従事する人たちへの教育プログラムです。

 

感染者と潜在的感染者(すべての人ということになる)の移動が監視されるが、その技術として検討しているのが次の通りです。

 

中国、韓国、シンガポール、ヨーロッパの現状を見ながら米国方式を検討している。
早い話が、家族一人ひとりから家族の集まり、コミュニティー内の人々との接触、国内、国外問わず無感染証明がなければ出来ない。予約しても出発日までの間に感染履歴者とコンタクトすれば、隔離を要求される。
米国に入国したくとも、日本のシステムが米国と整合性がなければ出来ないことになる。強国の論理から日本も押し付けられることになる。
ワクチン接種証明で用が足りるかと云えば、これもややこしくなる。国際標準化という方向に進むだろうが、当面はあくまでも米国食品衛生局(FDA)が認可したものでなければならないと主張してくるだろう。
当然、反発も出てきます。
ロシアは独自にワクチンを開発しているが、米国の要求に甘んじることはないと思われます。
ワクチン接種が外交問題になり、実質的に国交断絶になることもあり得る。
これまで、国連がニューヨークにあるばかりに、ロシアやイランの外交官に対する査証(ビザ)発行が恣意的に行われてきた。
新型コロナ騒動が、それに輪をかけ世界を真っ二つに割ることになる。経済圏で云えば、米国とアングロサクソンのインド太平洋圏と中国の一帯一路+ユーラシア経済圏という対立が、ワクチンというこれまでにない対立軸となってくる。
台湾をWHOのメンバーにすることをトランプは、日本と合意した。両国のリーダーシップで各国に働きかけると発表しました。トランプ得意の花火で日本の了解を得ていないのではないかと疑っていたのですが、中国外交筋によると日本の同意があったという。
台湾問題は、中国の核心的国益問題である。譲れば、反習近平勢力の思うつぼに嵌り国内が不安定化する。
日本が米国と合意していたとすれば、雪解けにあった日中関係は再び凍結状態になる。
安倍政権が密かに中国進出日本企業に対して日本に戻れと説得しているという中国メディアの報道もあるので、事実だろう。
安倍政権の経済戦略の柱であった観光立国・インバウンド活性化もはかなくアベノツユ(露)と消えるかもしれない。
米国のロシアバッシングは留まることがない。抜け作(ぬけさく)であっても留まらない。
ニューヨークタイムズとブルームバーグに対するロシアの返り討ち。

左上は、タイムズの「ロシアはコロナ死亡数を少ないようにしている。実数を隠している」という報道に対して、モスクワ市の保健衛生部長が手紙で、「こっちは死亡者全員を解剖して調べたものだ。ニューヨークもロンドンも、こっちと同じデータを出せと云っているではないか。例え、そっちの云う4月の(全体の)死亡者の増加数を全部コロナの所為にしても精々3%を若干超える感染死亡率だ。ニューヨークは10%。ロンドンが23%だ」と。

タイムズからの返答は今のところない。
暗に、米国の数字も英国の数字も(解剖などしていない)いい加減な数字じゃないのかという含みの反論です。実際、やってませんからどんな回答が出るか見ものです。
さらに、これはドジ以外の何物でもないですが、ブルームバーグ。
世界銀行の統計を間違えたのか悪意なのかわかりませんが、人口1000人当たりのベッド数をOECDと取り違えました。ロシア大使が怒鳴り込んだので、一応、修正はしました。
ソ連解体で経済がめちゃくちゃになったことから、国民の医療も顧みず経費削減のためにベッド数を削減した人道主義に反するロシアというプロパガンダ目的だったのでしょう。それが、右下。
左下は、各国の国民1000人当たりの医師数です。日本は3人弱で米国と同レベルですが、ヨーロッパは4~5人のところが多い。医師不足と言われて久しい日本ですが、改善が望ましいです。
ところが、ベッド数と看護士になると様相が変わります。

米国と英国は話になりません。日本の5分の1程度です。

ベッド数は医療充実度の目安の一つにはなると思いますので、医療OKラインを勝手に引いてみました
ベッド数を看護士・助産婦数で割ったものを”働き度”としてみました。
米国0.3。英国0.2です。
ベッド数が少ないから暇なのかわかりませんが、日本が忙し過ぎるのかもしれない。医師数の少ないのをできる範囲で補っているのかもしれません。
この仮の区分で見るとなんとなく、コロナ感染死亡率と関係があるようにも思いますが、どうでしょう?
医師も看護士も頑張っているんだよ、日本は。
米国の4000万人は保険がない。国民の12%。しかも、医療費はべらぼうに高い。コロナじゃなくても貧乏人は死ぬ医療システムの国です。
そんな国が監視制度を押し付けてくる。おかしくないですか?
しかも、インフルエンザと変わらないのに・・・
逆らうYouTubeはバンバン消されます。

ビデオで話した内容のウェブにリンク貼りました。
YouTubeにアップされたのが14日。あっという間に130万の閲覧になって、グーグルが削除しました。18日に問い合わせたところ、ソーシャルディスタンス政策ガイドラインに違反しているからと回答がありました。
YouTubeの回答者に正義も真実もあります。正義も真実も人の数だけあります。私の真実と云いますね。自分はわからないというのが事実です。 
ソーシャルディスタンスが必要と思う回答者にとって、違反するビデオを削除するのは正義なのです。こういう過程で歴史が作られると、それは真実になる。
この事件にある事実は実に詰まらない。正義じゃないからです。
● PCR検査の信頼性はない。ウイルスの特定ができない。
● 幸いにしてCOVID-19の毒性はこれまでのインフルエンザウィルスと大差ない。したがって、大騒ぎする必要はない。
● 私たちはウイルスの海の中にいる。人類はウィルスを吸って吐いて生き延びてきた。
ビルゲイツは99%勝利への道を歩いています。
彼の勝利がもたらす社会・経済の先行きの想像はできます。
それが嫌なら、この三つの事実だけを多くの人が共有して声を挙げる以外にありません。
2020.05.20 Wednesday

ウィルスの海に浸かってきた人類:コロナ騒動脱却戦略

前回のブログで指摘したPCRの問題点について、知人を介してそれこそ専門家が回答をくださいました。知人から転送されたメールをそのまま転記します。

> まさに私はその分野の専門家でした。

> 何度か竹中工務店のあのビルではなしました。組み換えトウモロコシにアレルギーだとかね。

> 私は九大の農学部、蚕学講座で博士論文のテーマがアミラーゼ活性の強弱の究明でした。酵素タンパクを精製し抗体をウサギで作りました。

> 岡崎の基礎生物学研究所で、初期の胚発生で形態形成に関わるhomeotic geneの単離をカイコで行い、遺伝子解析をしました。当然組み換えDNA 研究です。塩基配列解析、サザーン、ノーザン解析などをしました。

> 岡崎の頃はまだその手の実験は始まったばかりで制限酵素を精製する人も居ました。PCR は塩基配列解析が上手くいかない事を解決するのが目的で、開発された方法です。私はあまりそれはやってません。というのは問題解決のために開発されたのですがそれでも塩基配列解析が出来ない場合がありました。PCR は塩基配列が片方から行うのをもう一方からも行い、繰り返しその反応をやるのです。

> しかし我々プロがやっても数%で結果は得られませんでした。それは解析対象の構造が問題なので、何度やっても出来ないのです。

> 私はつくばの蚕糸試験場に職を得て、そこではカイコのゲノム解析のプロジェクトリーダーとして東大、九大などの協力を得て推進しました。

> 私は世界でただひとつ役に立つ分子遺伝子地図を作りました。他にもPCR をもとにしたRAPDというのでMAPMAKER というソフトで作られたのが一杯有りますが役には立ってないでしょうね。

> カイコは繭から生糸、絹織物を作るのに飼育されます。養蚕業ではカイコの病気も大敵です。カイコには世界でも稀なウイルス病抵抗性が数種類あります。私はこの遺伝解析もやりましたが、分子遺伝子地図を利用して、その遺伝子が取れました。

>

> その様な事でこの武漢ウイルスについては、ほとんど専門領域で研究対象でした。

>

> ただここに送られた内容には少し間違いがあります。僅か4種類の塩基、これはDNAでもRNAでもおなじことです。若干の違いはあるのですが。

> とはいえその繋がった配列には特徴的な部分があるので武漢ウイルスとこれまでのコロナウイルスとの違いが解析できる様です。私の現役の頃はまだRNAウイルスは見つかったばかりで、自分ではかいせきしてません。とはいえそれを解析する方法は私も慣れ親しんだ方法です。

> ただ解析はできるのですが、信頼性が低いのです。私がPCR での解析をしなかったのはサザーンとかノーザン法に比べて信頼性が低いからでした。

> この事は今でも同じでしょう。だからPCR 検査で陰性が出たり陽性に変わったりするのでしょう。

> またここに触れられてるように、材料というか解析対象のウイルスを手に入れるのは簡単では無いし、そこから核酸に調整するのも簡単ではありません。保健所の技官が直ぐに出来るようなものではありません。

> 機器が開発されても試料調整と解析手法の問題は同じです。欧米人は不器用なので機械にたよりますが、機器には出来ない事も多いのです。

>

> いくらかお役に立てれば幸いです。

これまでの報道やネット情報にはこのような実際の専門家の話はなかったと思います。
世界中が錦の御旗のように振りかざしたPCR検査に信頼が置けないということが、開発者でノーベル化学賞を受賞したマリス博士に加えて技術の高い日本の”実際の”研究者の話でより一層明確になりました。
そこで、最新情報も加えてコロナ騒動を改めて復習します。
1)新型コロナウィルスの致死率
世界の中で、致死率が低いと云ったのはイタリアとロシアでした。イタリア議会。ビデオにリンク。

ロシア。TASSの5月14日の報道です。

武漢の初期の患者とダイヤモンドプリンセスを分析した日本の研究者の研究報告書が実態を示していると思います。

致死率は言われているオーダーと全然違う。低いという。詳細報告にリンク貼りました。サマリーだけならここ

2)新型コロナを命取りウィルスという根拠

しかし、依然として”命取りになるウィルス(deadly virus)”という呼称が使われています。
致死率が高いという細胞レベルの研究は探しても見当たりません。中国武漢で見たことのない肺炎と騒ぎ始めたのは、2019年12月末のことです。
中国もDeadlyという言葉を使いました。中国からDNA塩基配列の研究報告が出たのは2月後半か3月初めじゃなかったかと思います。4月5日のブログ「コロナウィルス大騒動の終焉」に示したウィルス系統図です。それまでは、COVID-19の正体すらわからなかった。ところが、米国メディアでは、

2月19日に、こういうことが云われていました。インフルエンザは1%以下の死亡率だが、コロナは2~3%になる。
同時に、ABCニュースでは、WHOや米国感染センター(CDC)が云ったというすごいことになりました。20倍以上ものウィルスだと。

科学的根拠を示さず、こうなってしまった。

オックスフォードが3月17日から、世界中の統計を追いかけてて5月18日の最新版がこれです。

既存症のある70歳以上でも1%を超えないだろう。子供はほとんどゼロだから、致死率はもっと低くなる。豚インフルエンザの予測は0.1%だったが、現実はその5分の1だった」となれば、新型コロナが猛毒性などと云えないのは明らかです。

私たちは魔法の世界に住んでいる訳ではありません。猛毒性という科学根拠もなくいつの間にか恐怖にさらされた

クラスター感染モデルというのがあります。一人が何人かに感染して、さらに 感染というネズミ算みたいなやつ。子供だましみたいなシミュレーション。R0とかいうのがあります。これが、ディスタンシングやロックダウンの基になりました。
ロックダウン教授と呼ばれている人がいます。イギリス首相ボリス・ジョンソンの集団免疫(herd immunity)戦略を覆した人です。天才シミュレーター。ニール・ファーガソン。こういう人です。

世界9位のランクされる超有名インペリアルカレッジ・ロンドン大学教授。

ビル・ゲイツ基金で世界感染病分析センター設立。2008年。米国と英国の日本でいえば厚生省を指導する立場にあって、世界保健機構にどこよりも早く分析データを出す業務を担っている。ビジネス・インサイダーの人物像記事にリンク貼りました。

ロックダウンさせて、人とコンタクトしちゃならんと言っていた本人が不倫相手を自宅に招いて、挙句にウィルスに感染。相手は結婚している人で、プロパガンダAVAZの英国責任者。これがバレて辞職しました。5月5日の英国テレグラフの記事

もっとあります。

 

グーグルに努めたことのある経験30年の女性ソフトウェア技師デニム・スー(仮名)が、ファーガソンのシミュレーション・コードを動かすマイクロソフトが公開しているプログラムを確認したところ、バグだらけで使い物にならないことを発見。シミュレーションですから、最初にある数字を入力すれば答えが出ます。確認のために同じ入力すると違う答えが出る。

調べると、やっている連中は「違ってもいいんだ、平均取るから」って。そんなバカな話はない。「80日間で8万人のばらつきが出るシミュレーションは役に立たない。Day1からやり直せ、でたらめだ」と彼女。「こういうシミュレーションは保険のソフトウェア技師の仕事だ。実社会の実情を知らないクソの役にも立たない伝染病研究者などに金を出すな」と大怒り。

彼のシミュレーションモデルは15年前のもので、それに対する批判は元々大きかったそうです。
これで大体、全貌はわかりますね。
● PCRはでたらめ。
● 死亡率は低い。
● 死亡率予測シミュレーションが嘘。
にもかかわらず、
3)何故、世界中の国が大騒ぎするのか?
米国のジョンズ・ホプキンスとビル・ゲイツというワクチンマフィアと英国のワクチンマフィアがWHOを使ったのが発端ですから、世界の多くの国が騒ぐのは当然としても、ロシアまでが(一方で死亡率は小さいと云いながら)猛烈な勢いで検査を行っています。その理由を知りたかったのですが、おおよそ理由がわかったと思います。
続きを読む >>
2020.05.17 Sunday

如何に易しく説明できるか:PCR

●●さん、

PCRを発明した人はノーベル賞貰いました*が、研究用であって治療目的には使えないと云っていたそうです。昨年亡くなりました。その理由を理解する限りで説明します。

ウィルスは4つの塩基というものが3万近く連なっているのです。塩基配列といいます。4つの塩基の組み合わせの組み合わせです。それが、ウィルスの戸籍で身元証明になるものです。

ロッシュが特許を買って今の検査器を製造しました。体内から痰とか唾、あるいは気管支から採取した塩基配列の断片サンプルを温度操作してコピーを作る。増殖というのですが、それによって感染ありなしを判定する。しかし、サンプルはあくまでも塩基配列の断片ですから、何のウィルスか特定できない*(後述)

私たちの身体には、香港型ウィルスも豚ウイルスなど複数のウィルスがいます。今回は、すべてコロナにしちゃったのです。


日本の研究者に、こういうことを知っている人がいると思いますし、そういう情報が安倍さんにも伝わっていたのじゃないかと憶測しています。やっても無駄と。

ところが、PCR検査が今回のゴールド・スタンダードになってしまいましたから、嫌々でもやらざるを得なくなった経緯じゃないのかなと思う点もあります。

私が勤めていた化学会社は、ごく少量の血液から150種類の生体物質を分析する装置を製造していました。高額ですよ。おもちゃじゃないですよ。ノーベル受賞者も化学者です。こういう装置はお医者さんの領域じゃありません。開発したメーカーが測定原理と測定結果がどの程度正確か、精度と云いますが、それらをお医者さんに指導します。


技術は幅と奥が深いのです。技術領域と云いますが、細分化された専門領域なので技術教育を受けたからといってもわかるものではありません。

 

私が勤めていた会社は、大統領からの頼みを断り切れなくて長崎のプルトニウム原爆を作りました。実費以外1ドルしか貰わないという条件で。2年で作ったので67セントしか貰いませんでした。ワシントン州のハンフォードというのが、そのために建てた製造工場です。原子力産業の会社じゃないので、それ以外は一切やっていません。
作物が交配しても出来る種子に繁殖能力がない。不稔というのですが、ターミナル・シードという技術の発明会社でもあります。実際には使用していません。研究して特許を取っただけです。

科学はかなりのことができますが、企業は常に倫理問題に悩みながら商業化を検討します。倫理観が比較的強いところと弱いところがあるのは、人間と同じです。政治に負ける場合もあります。

昨日、種苗法問題で山本の火事場泥棒というのをシェアしているのを見ました。
遺伝子組み換え作物ですが、40年前から検討してきたものの結果です。私の友人が政府の調査委員会のメンバーでした。1953年に遺伝子の二重らせん構造の発見がノーベル賞になりました。遺伝子工学の幕開けです。

世界の技術の流れが国の産業政策に反映されます。
過去、作物の新品種を作るのは10年以上掛かりました。原原種農場とか原種農場というのを知っていますか?

オリジナルと派生した品種の遺伝子配列を守るための仕組みです。しかし、遺伝子組み換え作物が認められれば不要になるので制度が廃止されました。遺伝子組み換え作物を採用すると決めたのは20年以上前です。

安倍はじめ今の大臣は無関係です。


私は、米国が始めた遺伝子配列の特許に反対で、10年ほど前から問題点を発信してきましたが、だれにも相手にされません。ロシアは遺伝子組み換え作物を推進していない稀な国です。中国は三大企業勢力の一つシンジェンタを買収したので推進国です。世界の流れに抵抗するのはなまじのことではできません。
ですから、40年の技術蓄積の流れとその流れで作られてきた政策の結果を今になって、火事場泥棒などと喚くのは政治パフォーマンスでしかない。彼の生まれる前から検討されているプロジェクトです。

そんなものに惑わされているようでは、日本人の知能が退化するだけじゃないかと懸念しています。

PCRを発明した人はノーベル賞貰いました

発明者は、キャリー・マリス

*何のウィルスか特定できない。

私が、その通りと思ったのは、マリス博士のこの説明でした。「PCRテストは、DNAという干し草の山に針を突っ込むようなものだ。それは、ウィルスの一部である核酸全体の非常に小さな断片部分を見つけるだけだ」という彼のe-メールにあった言葉です。

The so called “Corona test” - which is in fact, a real time Polymerase Chain Reaction test, or PCR is named with characteristic tech-tedium: “CDC 2019-nCoV Real-Time RT-PCR Diagnostic Panel.” That means it is a needle in a DNA haystack test. A PCR test.

It finds fragments, nucleic acids. From an email from Kary Mullis, to the widow of boxer Tommy Morrison, whose career and life were destroyed by an “HIV test,” and who litigated ferociously for years, against test manufacturers, Dr. Mullis wrote, on May 7, 2013:

PCR detects a very small segment of the nucleic acid which is part of a virus itself. The specific fragment detected is determined by the somewhat arbitrary choice of DNA primers used which become the ends of the amplified fragment.

また、他のウェブサイトに純化について述べているものもあって、それもまったくのその通りだからです。

 

ノーベル賞受賞者は純化(purification)と云っていますが、それは、こういうことです。
採取したサンプルは、ウィルスから見ればゴミに覆われています。単なる汚い水や脂肪やたんぱく質などの生体成分です。
そういうゴミを完全に除去してウィルスだけを取り出す。そして、塩基配列を調べる。そうじゃないとウィルスの身元を証明するDNAもRNAも特定できません。
短時間にできる作業じゃないです。自動化をできると思いませんが、経験がないのでわかりません。
ただ、私は、血液や尿に含まれる化学毒物を分析する過程は知っています。仕事の一部でしたから。
化学溶剤を使って、血液や尿に入っている様々な化合物を抽出します。一度ではできません。何度も繰り返して抽出します。しかし、それは、いくつかの化学物質と溶剤の混合物ですので、そのままでは分析できません。それで、濃縮という作業で混在する化学物質を分離します。既知の純粋な化学物質と対比して含まれている化学物質を照合します。そこで初めて分析しようとする化合物が特定されます。早くとも5日は掛かります。下手な人がやるともっと長くかかりますし、分析機器の精度で判然としない結果しか出ないこともあります。日本の分析技術は世界でも非常に高いです。
最後に、私の説明に間違いがあると思う方は遠慮なく指摘してください。お願いします。
追加:(2020年5月19日)
2011年のビデオです。博士は、HIVが原因かもしれないの”かもしれない”が、科学的な検証のないままそうなってしまったと云います。(昨夜、この研究報告を探してみようと思って寝ました。今朝、このビデオを見ましたので、必要なくなりました。博士がさんざん研究者に尋ね、自ら探してもなかったと云っているので、その通りと思ったからです。)


 

・・

また、1994年7月のインタビュー記事”Interview with Kary Mullis”も記録に留めるべきものと思います。

以上追加です
Powered by
30days Album